ブログトップ

わたしのソファー

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お疲れさまー



c0141335_20295991.jpg



おかえりぃ
おつかれさまぁ


涼しくなり過ごしやすいですが、
体調も崩しやすい時期かもしれません。
お風呂にゆっくり浸かり、リラックスしたほうが良いね。



[PR]
by umih1 | 2014-09-29 20:26 | 思う事 | Comments(2)

会津のお蕎麦、喜多方の酒


c0141335_19202429.jpg



カスモチ原酒 弥右衛門酒

お蕎麦は茹でるのが難しいかなと思ったが、大丈夫だった。
木曜日に食べたお蕎麦屋さんで、あんまり美味しいので生蕎麦を買ったのだ。

日本酒と蕎麦は相性良いなぁ〜




[PR]
by umih1 | 2014-09-20 19:15 | おいしい | Comments(4)

会津


c0141335_2091147.jpg


猪苗代湖 大きくて綺麗だった。

昨日は福島へ日帰り出張してきた。
会津にも行ったが、いいところだと思った。
白虎隊は切ないなぁ。まだ16歳とか、、
お蕎麦屋さんに、NHKの八重の桜のポスターがまだたくさん貼ってあった。

福島に住みたくなってしまった。





[PR]
by umih1 | 2014-09-19 20:04 | 思う事 | Comments(2)

いぬ

c0141335_1693038.jpg


おかえりなさいの顔
時々笑う顔は撮れなかった
ラニは人間でいうと私より少し上か
口の周りが少したるみ始めた
しかし跳躍力は衰えず


ジロだいぶ年寄りぽくて
加齢臭ならぬジロー臭と言われても
本犬まったく意に介さず
目も悪く耳も遠くなり 老いるということを改めて教えてくれる


c0141335_1693025.jpg




庭にちょっとした木でもあれば
巣箱を用意してみるのだが
鳥たちをこっそり見てみたい
雑誌で見た誰かの庭には巣箱があちこちに備え付けられていた
[PR]
by umih1 | 2014-09-15 15:57 | Comments(4)

備忘録(東京ジャズ・犬のことなど)


8月下旬、あまりにも臭かったのでジローを洗った。
身体を硬直してイヤイヤをしていた。太ったので重く大変だったが臭くなくなり良かった。重層振りかけて終わりにしようかと思ったが、頑張った甲斐があった。

9月7日に東京ジャズフェスに行ったが、今年は午前の部と午後の部の両方に行ったので本気で疲れた。
ケニーバロン ロンカーター ベニーゴルゾン レニーホワイト ロンさんのYou are my sunshine 
ハービーハンコック もう70過ぎには見えなかった
アーマッドジャマル おじゃる丸みたいな名前 最高だった 休憩中CD買った 
上原ひろみちゃん アンソニー サイモンフィリップ わかっていたけどわかっていなかった 予想以上だった

昨日は用事で娘の大学に行ったあと神保町へ行き古書店3件見て蕎麦屋で「山形だし蕎麦」を食べて帰ってきた。今度は体調の良い時に朝から行かなければ気が済まない。
明日はひたすら読書、図書館に行く。一日一冊読める能力があったらいいのにと思う。でも速読はちょっとそういうのは。むしろ一冊の本を1年くらいかけて行きつ戻りつ繰り返し読むというのも良い。いつも何冊か併読なので、そういうこともしてみても面白そうだ。




[PR]
by umih1 | 2014-09-15 00:21 | ヨロコビ

死ぬ時心はどうなるのか!

アロハ♪

NHK1chの番組、立花隆の臨死体験の謎に迫る!死ぬ時心はどうなるのか!徹底取材体外離脱を自ら検証!!神秘体験を生む脳の働き!!! を観た。おもしろかった。

医療の進歩により体外離脱や神秘体験の経験者が増加した。諸国の脳科学者たちの研究取材や対談の中で印象的だったのが二つある。それはまず、意識(心)は脳の中の限定されている場所にはなく、脳全体に絡まった蜘蛛の糸のようになっているということだった。そういうことであれば、死ねば意識はなくなる。ではなぜ体外離脱の感覚を訴えるのか。
もうひとつ印象に残ったのは、人間に進化する以前からあった古い脳の部分は、睡眠に入るスイッチと同時に覚醒させるスイッチも入れるということ。そして幸福感が高まるスイッチもその場所にある。ということは、そこで体外離脱の感覚や神秘体験、とくに幸福感(自分の非も受け入れることができ大いなる存在を感じる・見る)をその脳の部分が感じるということであった。
そのことを説明してくれた医師は、脳腫瘍のある奥さんとホスピスで暮らす。その人が言っていたことは、
「科学は何故それが起きるかを突き止めるだけで、どうしてそう感じるか、ということは突き止める必要はありません。それは個々の問題であるからです。」
立花さん自身も、意識は死ねばなくなる。しかし、1歳にも満たない子供が体外離脱して自分の手術の様子をその2年後に話し始めたりすることなど、説明のつかないことはたくさんあるが、知らないことがあるのはそれでいいし、楽しいと云っていた。

その後わたしは風呂に入り、ずっとそのことを考えていた。
神秘体験は、死ぬ瞬間の恐怖を和らげ、幸せに終えることのできる、古くからある脳機能としての意識なのだとしたら、じゃあ前世占いとか前世の記憶があるとかってのは何なのだろう。
番組では、意識=心や魂としていたが、魂と意識って同じなのだろうか。
魂は無意識の領域にあるものではないだろうか。
前世や輪廻とかシンクロニシティとかって、人間の進化途中からある古い脳の部分に、ずっと昔からの全人的な記憶がため込まれているからなんだなって思った。
自分の意識に昇っていない記憶は何億もあって・・・そうか、ホオポノポノはそれを言っていたのかと合点する。
悟ったお坊様は、その膨大な記憶を無にしたのだと思うと、すっごいなあーというか、想像を絶する。




[PR]
by umih1 | 2014-09-14 23:59 | 思う事 | Comments(9)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30