ブログトップ

わたしのソファー

<   2013年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

酩酊して号泣~良いお年を



年の瀬ですね。
まだ掃除をしていないので、そんな気持ちはしませんが・・
大した大病や怪我もなく、良かったよかった有難いという感じです。

木曜日は会社の忘年会で、取引先も誘ってワイワイ楽しくお酒を飲みました。
久しぶりの生ビール、芋焼酎は美味しく、翌日の仕事のことは忘れ去りました。
o口(・∀・ ) ゴクゴク

帰りのタクシーの中では、女性の運転手さんと話はじめ、あまりのご苦労に泣いてしまった・・
で、自分のことも話はじめ、いつの間にか号泣してまして、気がついたら到着していました。
運転手さんは、「裏に私の名前と電話番号を書いたから・・・気が向いたら連絡くれれば・・」
と名刺を手渡してくれましたー・・・ まったく私は阿呆です(´エ`;)
でも運転手さんの温かい言葉にじーーんとして、人とのふれ合いに温まりました。

翌日は二日酔い状態で出勤し、年賀状の印刷で一日が終わり、ようやく仕事納め。
しかーし、新しくしたPCにバックアップされているはずのデータが使い物にならないことが、朝、判明。
内勤の女性と二人、げっそり無言で夜9時まで住所打ち込み。
無事、印刷。 年末の大掃除もできず、ああ、良いお年を~~・・・だった。
でもまあ、その日で完了したから良かったものの・・・バックアップは基本、義務です。

ムーミンのパジャマを着て、その日はスヤスヤ寝ました。
ふんわりして、かわいくっていいですねー

c0141335_21514630.jpg



こっちもふんわりしていい感じですねー

c0141335_215222100.jpg



明日は掃除しようっと。
良いお年を~(人´ω`).ア☆.リ。ガ.:ト*
[PR]
by umih1 | 2013-12-29 21:55 | 思う事 | Comments(10)

愛、日本人、教え



女性が愛されていることを感じたとき、
こんなふうになるのだなあ。

”この人”
という人と出会って暮らす。

ただそれだけのことがこれほど素晴らしいなんて。

突然の別れはせつないけれど、
速かれ遅かれ人はひとりで死んでいくもの・・

高浜さんのファンになりました。




里山の話は他の本で読んだが、
あらためて話を読むと、ふんふんなるほどと思う。
子育てにしてもお化粧にしても、せっせと手入れをするのだ。
自然のままにしておけば、いったいどうなるか空恐ろしい。

死に対するはなし、脳死について、
ああそうかと腑に落ちる。
帯にある通り、この本は日本人論だ。




私は、心に宝石を持っているだろうか。
日常の欲にまみれ、こんなことで良いのだろうかとふと思うとき、
この表題に強く惹かれた。
行動するとき、何がエネルギーになるだろうと考えると、
すべて自分の欲に結びつくのではないかと思う。
例えば人の役にたちたいという、そういう気持ちも欲。
そういう欲ばりになれればいいなと思う。
でも現実的に誰かと関わり人のためになりたいということは、相手も望むものなら良いだろうが、なかなか難しいこともあるだろうな。

「目に見えないかもしれませんが、他者に対する心配りはひじょうに大きな働きをします。それがわたしたちの人生に意味を与えてくれるからです。心配りは人間のあらゆる幸せの根本です。」

何度も繰り返し読んで、刻み込みたい言葉です。

[PR]
by umih1 | 2013-12-29 21:11 | | Comments(2)

るんるん


祝日だけど、今週行けば休みだし内勤できる時間が少ないので、
午後は職場に行って仕事をしてきた。
先週は赤坂で福井の取引先さんと食事会だったが、翌日のことを考えて飲めなかった。
飲めないとほんと、つまらない。
社長なんか、おいしそうにイモ焼酎飲んでさ。。。
でも帰りのタクシーで、社長の「家の鍵がない」が始まって、結局会社に寄ってみてみたら、
「あ、あったー」 ・・・デスクにあった・・・
社長の個性の一部と思えば腹は立たず、お金(お給料)をくれる人だと思えば、
夜中の11時半に会社に寄ることも苦ではないのである。
会社員の哀しい性です。


ま、気分を変えて、年末だし連休だし、美容室に行こうと思って、
今日は先週予約した美容室で、髪を切った。

前回行った美容室は、お喋りな人が多くて疲れてしまったから、
違うところに行ったのだけれど、そこはいい感じだったから、
もうこれで、美容室探しの人生は終わる・・・と思った。

担当してくれた人は上原ひろみさんに似た感じでいい人だった。
髪の手入れアドバイスもとっても参考になった。
自分はまだ白髪がないけれど、白髪になるのを遅らせることができるらしい。
頭皮マッサージや、ドライヤーする前の水分と油分の供給とかが必要で、
今日やってもらったシャンプーは、シャンプーだけでしっとしツヤツヤで、
トリートメント後は、まるで中高生のころの艶やかさとしなやかさにビックリ・・・
迷わず購入。ほんの少しの量でいいので、市販のものの値段とあまり変わりない。

肌と同じように、髪も年齢がでるので、ちゃんと手入れしたいなあと思う。
最低限の手入れをしているからか、肌も髪の状態も褒められた。
いくつになっても褒められると嬉しいものだなあ。

ユニクロでムーミンのパジャマとかあるのね。
可愛くってルンルンして着て寝る。
髪もつやつやになったら、もっとルンルンだなぁ~
ムーミンパジャマは後日写真をアップします。
[PR]
by umih1 | 2013-12-23 21:25 | ヨロコビ | Comments(2)



c0141335_1534154.jpg



祖母の三回忌法要のため、
土曜日は山形へ行った。

新幹線に乗って、うたた寝から目を覚ますと、窓の外は雪景色、、、

山形駅に降りた途端、想像以上の寒さに震え、降り積もる雪の中を歩いては途方にくれてしまった。

コンビニでカイロを買って、ガタガタ震えながらお墓参り。
娘もガタガタして、雪国の人は大変だと呟いていた。
お寺は640年続いているとのこと。
落ち着く佇まいだ。
[PR]
by umih1 | 2013-12-15 14:56 | 思う事 | Comments(6)

直に海を見たのは何年振りだったろう。
広い青空と、ずっと向こうに見える山陰、キラリキラリと揺れる水面を、車の窓から見ていると、いかに自分が自然と遠いか分かる。
毎日目まぐるしくて、このままじゃダメだなぁとなんとなく感じた。

神奈川のお客様へ訪問する途中、
地元のお店でシラス丼でも食べようとしたら、今日はシラスが売り切れで、静岡産ならご用意できますと、、、
静岡産を有難く頂いた。
アツアツご飯に新鮮なシラスをどっさりかけて、お醤油を垂らす。
美味しくないわけがない。
しばらくシラスにはまりそうだ、、、
[PR]
by umih1 | 2013-12-12 21:14 | Comments(6)

しわす


c0141335_2282969.jpg



先月末、次女と銀座へ。
綺麗なツリーでした。
背が高くて腕の長い娘は、コートを探すのも大変。
結局、ZARAで買ってあげました。
海外のファストファッション系ブランドは、サイズが多くて助かります。
ユニクロもサイズが豊富です。

プランタンに入っているアンジェリーナで、モンブランケーキを食べまして、栗アイスもセットになっていて、しばし幸せな気分に浸りました。

先月からはずいぶん忙しくなってしまい、帰宅も毎晩遅くて疲労が溜まってます。
先月の中頃は胃腸炎になり、39.2度の発熱025.gif
出張はキャンセル、二日会社を休みました。


でも直ぐ回復し、友達からのプレゼントに癒され、街に出て買い物してストレス発散してます。
今日も英会話教室の後ブラブラしました。


c0141335_2283036.jpg


帰宅して、ついついラニと寝てしまう、、、

来週は、おばあちゃんの三回忌です。

先月頭の土曜日は、先代の社長の七回忌に参加しました。
つくづく月日の流れは早いなぁと思います。
[PR]
by umih1 | 2013-12-07 21:48 | 思う事 | Comments(12)

癒しの贈り物


c0141335_2264774.jpg


高校時代からの友人にリクエストして
送ってもらったアロマジェル。
髪の上からでも塗れるので、首筋のコリにはこれがないとダメなのです。
彼女手作りのジェルは、
満月パワーを浴びたもの*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今日お返しを送った。
いつも手書きのお手紙をくれるので、私もお手紙書きました。
可愛い猫村さんのレターセットで(笑)




c0141335_2264713.jpg


こちらも頂き物です。
ユニクロのリラックスパンツと、
ミーのスリッパ(*^_^*)
スリッパは勿体無くて履けません。
こちらのお友だちには、何をお返ししようか、考えるのも楽しい。
[PR]
by umih1 | 2013-12-01 21:58 | Comments(6)

11月の愛犬



気がついたらもう12月ですね。


c0141335_21502985.jpg


気管虚脱(げーげーする)の診察と、耳の治療と、予防接種をして、
緊張がほどけた帰り道、リラックスしているラニです。



c0141335_21503067.jpg


随分長い間洗っていなかったので、大変な思いを(お互い)しました。
気分を害する匂いと、年を取って顔が黒ずんだのかと思っていた汚れがとれ、
新調した首輪も若々しく、「あ、じろーがホットケーキ色だ!」と娘に言われ、
ちょっと嬉しいジローです。
[PR]
by umih1 | 2013-12-01 21:49 | Comments(2)

ほとけさま



自分はなぜ、仏像になぜ惹かれるのか。
始まりは17歳の時、仏具店に置かれていた大きな観音様の像を見たときだった。

彫刻家であり得度されたお坊様でもある西村せんせいのエピソードや、
仏像に込められているものを読むことができて嬉しかった。
仏像に対する自分の気持ちや疑問に対しても、ふわりとした理解・・・変な云い方だけれども、そんなイメージで腑に落ちた。

仏様の絵にとても癒されるので、これは図書館で借りたものだけれど、後で買おうかな・・と思う。

[PR]
by umih1 | 2013-12-01 21:46 | | Comments(2)

連笑



―私は弟を貴重なものに思いだした。

軍人だった厳しい父親と影の薄い母親。
薄暗い家に弟が生まれ、少し大きくなると、
どこにでも付いてくるようになった。

充足というものの欠如。
父親の影響だけではないだろう、生まれながらに持ってきた屈託。
弟は著者のそういう部分を見てきた。

どうにもならない部分に対して、ふっと笑い合い言葉を交わす。
兄弟ってこういうものなのか。
そういう相手がいるということに、破天荒な生き方の著者に対して、全く関係のない自分の胸が、ほうっと温まる。

弟の結婚式で、もの思う著者の言葉が突き刺さる。
「おい、お前、こんな程度の晴れがましさを本気で受け入れちゃ駄目だそ。
烈しい喜びを得るつもりで生まれてきたことに変わりはないんだぞ。
式次第で生きるなよ。コースは一応もうできたんだから、あとはどうやってはみだしていくかだ。
とにかく、淋しく生きるなよ・・」

[PR]
by umih1 | 2013-12-01 21:44 | | Comments(0)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31