ブログトップ

わたしのソファー

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アーリーサマーカット、オシャレ



ラニは一年ぶりの毛刈りをしてきた。
三時間ちょっとかかった。


ついでに散歩した。
芝桜が綺麗だ。


c0141335_18424719.jpg


c0141335_18424832.jpg


c0141335_18424558.jpg




グラビア風(笑)

c0141335_1842466.jpg




今日は平日だ。
銀行の用事をして買い物をして草むしりをして花を植えた。
寝室のクローゼットは、私の全ての衣類やバックやスカーフなどが収まっているが、思い切って掃除した。
たぶん十年分の埃・・・
窓も拭いた。要らないものを選択する気力はなかったので、掃除だけで満足だ。埃だらけになっていたアルバムもきれいにして、懐かしい写真を見たりしながら時間に追われることのない休日・・・

母が十五歳くらいの時にまとめたアルバムを眺める。
手書きの添え書きがあり、
この頃が一番楽しかったーなんて書いてある。


c0141335_18424824.jpg




私が小さい頃の写真もでてきた。
これは寿司屋の二階で撮った。
オシャレして写真を撮ってもらうのが大好きだったな。
女の子ならみな、そうだよなぁ。


c0141335_18424965.jpg

[PR]
by umih1 | 2013-04-30 18:21 | 家族 | Comments(8)

はわいい

更新が多いです。
暇な人みたいでちょっと恥ずかしいです。
いや、暇なんですね、だって10連休ですもの・・・

最近観ているドラマは、金曜日のBS4でやっている「HAWAII FIVE-O」です。
これはハワイを舞台にした刑事もの。

火曜日にWOW0Wでやっている「クリミナル・マインド」もいいです。
アメリカFBIものですが、ワイワイ煩くなくて良いです。

でも、HAWAII FIVE-Oを観ていると、島国特有のゆったり感・・・青く広い空・海・植物・・・が気持ち良いですね。
刑事たちもジーンズにアロハシャツやTシャツと、とってもラフだし。

できることなら、ハワイに移住したい。別荘とか買って、日本と往復で住みたいなあ。いいなあ。

今日はラジオにジェイク・シマブクロさんが出ていました。
素晴らしいですね、ウクレレの音色は心をほぐしてくれます。。。

Youtubeでジェイクさんを探して何度も聞いています。

お忙しい人のために、暇な私が、とっても素敵な曲をセレクトしました。
ぼんやり聴いて、好きな飲み物を飲んで、リラックスしてください・・・


見上げてごらん夜の星を





Time After Time





他にも、ビートルズのカバーや、オーバーザレインボウとか、いろいろあります。
最近私は、寝る前に波の音がメインのヒーリング音楽を聴きながら眠りに落ちます。
[PR]
by umih1 | 2013-04-29 21:30 | 音楽 | Comments(4)

1984年  by George Orwel



恐ろしい。
ここまで完璧ではないものの、似たような国がある。
自分の子供が親を告発する。
現実にも、そういうことをする人たちのいる国がある。
洗脳の場面から最後のページまでの
ウィンストンの葛藤には吐き気がする。

ウィンストンが思い出す母親の姿。
思い出した時の感情の揺らぎ・・・その当時わからなかったことが、
よくわかってしまうっていう。
最後にはどうにかなるんじゃないかと思っていたが、読み進めるうちにこれは無理だとわかってきて・・・辛い話だった。

[PR]
by umih1 | 2013-04-29 21:20 | | Comments(0)

車谷長吉の人生相談  

  

赤目四十八瀧心中未遂を読んだ時は
その面白さに釘付けになり、いままでなぜこんな素晴らしい作家をしらなかったのだろうと思ったものだった。
白洲正子さんの本に夢中になっていたころ、
車谷さんのことが書いてあって、
あんたって怖い、とあの白州さんが言っていたほどの人・・・というのが
頭の片隅に引っかかっていて、
あ、と思いだして図書館で探したらこの本が一冊あったのだった。
性欲は強いものの、相反して他の欲にたいする欲望のなさに、底知れぬ恐怖を感じて釘付けになったのだ。
欲望のなさとは、死を思い浮かべるが、死も、死にたいという欲望のひとつである。

しかし・・・恐れ(あるいは畏れ?笑)を感じた作家さんが、新聞の人生相談の回答者になっているということを知り、矢も楯もたまらずアマゾンに注文・・・
一人目の相談にたいする回答を読んで、この人、仏教徒かなと思った。
途中で自分は仏教徒だという記述があったが、まず多用している文句は、
「救いはありません。」「阿呆になるのが一番です」
「この世は苦の世界です」
「奈良盆地あたりの散策をお勧めします」

教え子の女生徒が恋しいんですという40歳の高校教師には
「恐れずに、家庭も仕事も失ってみたら」
そうするとはじめて人間の生とは何かということが見え、この世の本当の姿が見えるという。

人の不幸を望んでしまうという46歳主婦には
「何も問題のない家庭をお持ちなのだから、まず自分が不幸になって苦い思いをなめる以外に救いの途はない。あなたには人生の不幸を乗り越える力がありません。愚痴死が待っているだけです。あなたには一切の救いがないのです。」

相談内容にもよるので、もちろん温かい回答もある。

72さいの祖父に困っているという12歳の女の子には、
「おじいさんをとがめてはいけませんよ、お父さんやお母さんに相談してみましょう。」

父が女性の下着を持っているという18歳女子高生には、
「父上の一番良い所をみてあげて。それがあなたの救いにもなります。」

人生相談の回答って難しいなあと思っていたけれど、車谷さんの回答は全部筋が通っている。
結局は自分を救うのは自分であるということなのだ。
自分を救えるような自分におなりなさいということだ。

[PR]
by umih1 | 2013-04-28 17:11 | | Comments(2)

私の古寺巡礼・京都 (上)



京都のお寺に関するエッセイをあつめたものだが、
特に良いなあとおもったのは、
瀬戸内寂聴さんと竹西寛子さんのエッセイだった。

瀬戸内さんの仏道への思いが熱く、古寺の佇まいの描写も美しく、
読んでいるだけで景色や仏像が目に見えるかのようだ。
なかでも、清涼寺に関しては、御本尊である釈迦像を拝見して拝ませていただきたく思った。
生前の釈迦のお姿をモデルにし、釈迦本人が開眼された真像であり、ご縁があって印度からこのお寺に渡来され、御本尊として尊崇されている。
青年であった法然上人が、修行してきた天台宗の仏教に迷い、比叡山から降りた際にまっすぐ訪れたのがこの清涼寺だという。
御本尊をまえに、回心のきっかけをつかんだという。
御本尊がおられる釈迦堂の庭にうづくまる庶民の群れをみたことも、法然上人の浄土の教えを鑑みれば、大きなきっかけになったことは頷ける。

竹西さんは建仁寺のエッセイだった。
禅宗といえば道元禅師だが、そもそも禅宗は、栄西禅師が中国から伝えたものであり、比叡山からの弾圧を受けながらも布教に努めた。
茶道の祖でもある、その栄西禅師が興したお寺だ。
他の本で読んだのだが、栄西禅師は大変な情熱家だ。中国へは2度も渡り、時の権力者に近づき取り入り、鎌倉と京都に寺を創立した。
それはともかく、竹西さんの描く、禅寺の静謐さ、厳しさ、秩序にたいしての、あるいは地元の人々とお寺の静かで穏やかな関係性に感じ入る文章が素敵だった。

[PR]
by umih1 | 2013-04-28 17:09 | | Comments(0)

神話と日本人の心



アマテラスを天の岩屋戸から引き出すために
アメノウズメが裸踊りをするという場面は有名だが、
アマテラスの影としてアメノウズメを考えると
なんと面白い・・・。
外国の神話との比較もあって面白い。
中空近郊構造に関しては、こういうバランスのとり方というのは思ってもいなかったことで、いわゆる日本人気質というのは、こういうところからきているのか・・・と納得した。
出雲と高天原との関係も面白く、勝者が敗者を支配下に置くという関係性がなく、巧妙に妥協したり、うまく補償しあったりして、古事記のなかの神々はすごいというか・・・
こういう物語をつくった日本人・私たちのご先祖さまたちは、ただただすごいなあというしかない。
「畏む(かしこむ)」ということに関しての記述も面白かった。

[PR]
by umih1 | 2013-04-28 17:08 | | Comments(2)

TRUE COLOR


日々、大人であれば愚痴を言わず黙って自分のやるべきことをやるべし。
ということを信条にして仕事をしているけれど、気のおけない相手にはついポロポロとこぼしてしまう。

嫌な思いは自分だけではないと思っていても、もうちょっと思い遣ってほしいとかいう期待があるから、小さな塊がいつのまにか大きくなってしまうこともある。

明恵上人さまではないけれど、”あるべきようわ”という思想や、
シスターの渡辺さんのおっしゃるように、”置かれた場所で咲きなさい”
という言葉を何度も噛みしめて、腑に落とす。
すべてにおいて期待しない、期待する気持ちを取り除く作業を心がけていきたい。


明日から連休だ。連休の前の日が一番嬉しい。

先日BSで、今のシンディー・ローパーがtime after timeをライブで唄っていた。
素敵だったので、検索していろんなのを聴いた。
True colers も好き。このバージョンがいいなと思った。


cindy lauper / true color



歌詞も大好き。励まされるし、こんな風に私も人に寄り添いたい。


・・・・・・・
哀しい目。落ち込んでるね。
わたしにだってよく分かるよ。
いろんな人たちがいる世界では、強くあることって難しいもの。
暗闇の中で、どんどん自信がなくなって自分の無力さに小さくなってしまう。

でもね、わたしには見える。 あなたの本当のカラーが。
とっても輝いている。
わたしには見えるの、あなたの本当の色。
だから愛している。あなたを。

何も恐れることはない。あなたの本当の色を見せることを。
なぜって、それは美しく輝いているから。
まるで虹のように。

ねぇ、笑顔を見せてよ。 落ち込まないで。
あなたの笑った顔、最後に見たのはいつだっけ・・・忘れちゃったよ。
辛すぎてどうしようもない時は、すぐに呼んで。
いつでもそばにいるんだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

time after time

↓は、曲が始まるとモノクロになり、終わったときにカラーに戻るのも素敵。





2008年の記事より Time after Time 歌詞
[PR]
by umih1 | 2013-04-26 22:11 | 音楽 | Comments(4)

白い髭




c0141335_21421915.jpg




気がつけばラニはもう七歳。
ヒゲは殆ど白くなっている。


私にも白いヒゲがある。
顔を剃ってもいつの間にか、
左側の口角側に一本生え伸びる。
人に言ったら、
あ それは 福ヒゲよー
と言われた。
最近生え始めたのではなく、
随分昔からだが、いつ福ヒゲの幸がこの身に降り注ぐのだろうか。
こうしてちんまりと待っていることそのものが、幸せなのかもしれません。


まだダイエットしているが、
ついワインを一本買ってのんでしまった。
久方ぶりの一口は、ふわぁと身体いっぱいにひろがり、不覚にも涙腺が緩くなってしまった。
リラックス効果である。
涙は一種のカタルシスだと感じた。
あゝ、生きている生かされているとつくづく感じられる、こんな時間は人にとってダイヤモンドより価値のあるものだ。

一杯のワインでこれほどシアワセを感じられるという、それこそ福ヒゲ効果かもしれぬ。
[PR]
by umih1 | 2013-04-23 21:44 | 思う事 | Comments(8)

あと二キロ痩せたい

弁当屋さんの受付しているお姉さんは、ビールやめてウォーキングしたらスッキリ痩せた。四十才くらいかなと思う。女優の香里奈さんに似ていて美人。

有酸素運動したいけど平日は無理だな。家でできる有酸素運動を検索したら、足踏みとか踏み台使って昇降したり、いろいろあった。わざわざウォーキングとかしなくてもいいのだ。
筋トレやヨガを続けていたら、最大より1.5キロ減った。最大時期はお菓子スクールに通ってたから、甘い物消費量が多かった。
夜は酒を呑まず、炭水化物もなるべくとっていない。
洋菓子作っても、三時以降は食べない。
とまぁ頑張ってる感じだけど、なかなか思うようには締まりません。

まぁ、気長にやっていこう。
呑みたいときは呑むとか(笑)
[PR]
by umih1 | 2013-04-15 21:43 | 思う事 | Comments(6)

ガレット ☆ カシスムース



ガレット・ブルトンヌ

バターたっぷりのホロホロした美味しさ・・・これは先週焼いた・・・


c0141335_21274353.jpg



これじゃあ痩せるわけありません・・・


しかーし!カシスピューレを貰ったので、またまた作ってしまいました。

カシスムース♪

中はバニラムースです♪


c0141335_21295766.jpg




片付け途中で、砂糖が余ってるのに気がついた。
調べたら、バニラムースに砂糖をいれるのを忘れた・・・
あ、少し痩せるかも(笑)。
[PR]
by umih1 | 2013-04-14 21:31 | てづくり | Comments(2)