ブログトップ

わたしのソファー

<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Adele


19

Adele / Xl Recordings UK




楽しみに待ってたCDがやっと届いた。
デビューアルバムは19歳だから「19」
「21」も注文したので楽しみ。

19歳とは思えない。素晴らしい。
「19」のなかで一番いいなと思った曲↓

今は24歳でママ。こういう人って、年とっても変わらない気がする。






うぉうぉ
しゅあいぎぶあっ
おしゅだいじゃすきーぴちぇいしんぺいぶめん
いぃいぶんいふりーずのうぇえ
おうっでぃっびあうぇいす

いえぇぇぇぇぇいいいぇえええぇぇ


カラオケに入ってるんだろうか。
こういうの唄えたらかっこいいなあ。
年末の忘年会、キョンキョンの「私の16歳」をうたった。
自分で自分にひいた。
[PR]
by umih1 | 2013-01-29 22:13 | 音楽 | Comments(2)

ビッグ



散歩のときだけ、ジロー用に買ったセーターを着せている。
なぜなら、ラニ用に買ったセーターはキツくて着られなかったのだ。
胴体はまるでボンレスハムのようだ。
脚が長く太く、首も長く太く、逞しい。

c0141335_19561416.jpg



ジローの小屋は南向き。今日のような天気の良いお昼時は、こんな風に寝ている。
先日、ジャーキーをあげようと声をかけてが、なかなか起きなかった。
顔の近くに置いたところ、そのままの格好で目をつむったまま食べたじめたので、
ああ、とうとうボケたのだろうかと思った。

c0141335_1956152.jpg



他は普段と同じなので、よっぽど日向ぼっこが気持ちいいのだな。

こうして明るい時間の散歩もいいものだ。休日という感じで。

先週はロールケーキ、今日はガレットを作ったが、いまいちな出来だった。
お菓子作りが失敗すると、気持が下がる・・・・
来週こそ大成功にしたいな。
今日は暖炉のある喫茶店に行って、コーヒー飲みながら本を読んでいた。
でも調子が悪いのか、しょぼい火だった・・・・
毎年この季節は、暖炉を楽しみに行くのだが、残念だ。
火の番として、雇ってもらいたいくらいだ。
[PR]
by umih1 | 2013-01-27 19:55 | 家族 | Comments(4)

カフカのアメリカ


賢い美少年カールは、年増の召使を孕ませ親に追い出される。
そこから彼は、不条理の道を歩み続ける。

大国アメリカへ到着した船上でのやりとり、自分の大切なスーツケースを他人に預けたまま、他人の厄介事に首を出す。
彼の自信は若さに由来するものだろうか。
ごったがえす人の波、赤の他人の問題に巻き込まれ、この先の混乱した道を予想させる。

お偉い伯父に預けられるが、途中で厄介払いされる。
10代半ばの少年が、大国アメリカに放り出されたわけだ。
その理由は読者にも提示されない。
この先の物語も、不条理と茨の道が続く。

この少年は、孤独を感じる間もなく、生きるのに必死なように描かれている。そんなわけはないはずだが、それはこの物語を明るく感じるからだ。
途中の章が抜けているのだろう。突然始まり終わる第8章は、もっとも希望に満ち、もっとも先行きの不安に満ちた場面だった。

「身分証明書」を持たない彼は、この先どうなることだろう。
自分は自分であることを、1枚のカードが証明するわけだが、
本来、自分を証明するのは他ならぬ自分自身である。

アメリカという未知で広大な国にポンと放り込まれた少年は、
この先どのような大人になるのか、最近読んだ物語の中では、
一番想像力を掻き立てられるものであった。

[PR]
by umih1 | 2013-01-27 19:50 | | Comments(0)

仏の発見




図書館で借りた。明日返却予定。
買おうと思う。面白い。
中に、佐々木正さんの親鸞始記ー隠された真実を読むーについての言及があり、以前面白く読んだことを思い出した。また借りて読みたい。
寝るのを忘れるほど、楽しい対談だった。
梅原さんの著書で、これから読みたいリストは以下。
葬られた王朝
隠された十字架
水底の歌

五木さんのベストセラー、青春の門も、読みたい。




何が解決できる問題で、何が解決できない問題であるかを、あきらめなさい。
解決できない悩みであれば、それを解決しようとせず、しっかり悩む。
なくすことのできない悩み苦しみを、なくそうとして悩む苦しむよりは、それをしっかり悩み苦しみ、それに立ち向かう覚悟ができたとき、そこに救いがある。。。

一番、ココロに響いた部分。




とても分かり易い。
しかし、分かり易過ぎた感がある。
もうちょっと短くシンプルな方が好みだ。

好きな個所は、第十図のところのこの部分だ。

「ただ生きているだけで、私は嬉しい
この喜びを人々と分かちあいたい」

苦を苦と感じない、ただ生きているのが嬉しい、
苦の重さは人それぞれだが、そんな風になれるのがいい。
生きる意味なんて、文字そのままの意味を考えたら、
そこには意味なんてない。意味なんてどこにもないのだ。

[PR]
by umih1 | 2013-01-27 19:49 | | Comments(2)

さむぞら

c0141335_21353255.jpg



白い月がきれいだった。
今日は一段と冷える。

部屋を温めピアノを聴いて
横になりながら犬の寝顔を見る。

五冊も並行して読んで、そのうち一冊を読み終えた。
読み終わり、何度か反芻して本を閉じ、
改めて表紙をみる。
読みはじめと読み終わりの気持ち、
いいな好きだなと思う。
[PR]
by umih1 | 2013-01-26 21:24 | 思う事 | Comments(0)

OL川柳とか


お昼休み。

「ご存知ですかあ?めざましテレビでOL川柳やってて、笑っちゃったんですけど~」
「え?サラリーマン川柳なら知ってるけど。」
「えーっと、覚えてるのは少ししかないんですけどね、」

  ”気がつけば、癒し系から 威圧系”

ひとしきり笑ったあと、「これって、耳痛い。わたしのことじゃないかあ!」

  
  ”大人でしょ 子供じゃないよね 上司よね?”

ああ、「まるでうちの部長だよねっ!」


  ググッたら、本が出てるのですね。
 
  ”十年目 部長が席まで来てくれる”
  ”コピー機よ つまるつらさは よくわかる”
  ”調子どう? あんたが聞くまで絶好調”


もひとつ、笑った実話。

先日の大雪のなか、近くを走る路線バスが、一時停止をせず左折しバス停で急停車。
危ない思いをしたおじさんが、バスに横付けし、一喝。

「おい!一時停止しないで危ないじゃあないか!あんたの名前は?会社に電話してやるぞ。」

「ああ、すみませんでした。 私の名前は、”とまれ”です。」

とまれ・・・珍しい名前なので、どういう漢字なのかは知りませんが、
そのおじさんは吹き出してしまいましたとさ。

とまれのくせに、止まらないなんて・・・


寒いから、笑って温かくなればいいですね。
Have a nice 笑い。
[PR]
by umih1 | 2013-01-23 22:13 | 思う事 | Comments(2)

円空さん



今日は成人の日で祝日ですが、だんだん雪が降り始め、うっすらと積もっています。
昨日の日曜日はあんなに晴れたのに、
晴れ着を着て成人式に出席する女の子たち、足元が危なくて大変でしょうね。

昨日は張り切って上野の東京国立博物館へ行き、円空さんが彫った仏様を観てきました。


c0141335_11572054.jpg



ツタンカーメン展は行列で、2時間待ちくらい並んでいました。
円空さんも人気でしたが、並ばず入れました。

2m以上ある仏像さん、小さな仏像さん、じっくり2周して観て回りました。

秘仏 「歓喜天立像」が特別開帳されていました。 千光寺でも7年に一度しか公開されません。
この秘仏は、ぜひ、カップルでご覧いただければ、なにかこう、エネルギーが湧くかもしれません(笑)。
・・・解説より・・・
雌雄の象が抱き合う姿のインドの神です。密教とともに日本に伝えられました。この像を本尊とする祈祷は秘密にしないと効果がなくなるため、多くが秘仏となっています。円空は小さな木片に簡略な彫りで頭部、牙、腕を表しています。

圧巻は、金剛力士(仁王)立像 吽形でした。
地面に生えたままの立木を彫刻した像で現状の高さは2メートル超えです。150年ほど前に根元が腐朽したので切り取られ、仁王門に置かれているそうです。

他にも、両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)、不動明王および二童子立像(ふどうみょうおうにどうじりゅうぞう)など、印象に残る仏様はたくさん展示されていました。
写真で見るものと違い、やはりエネルギーがダイレクトに伝わり、優しく元気になりました。

お土産屋さんで、ポストカード、栞、本を購入しました。
円空さんになれるのでしょうか、仏像木彫りセットも販売していました。
円空仏ストラップも可愛らしく、激しく悩みましたが買いませでした。

買った本です。
ちょこんと顔をだしているのは、如意輪観音菩薩坐像の栞です。


c0141335_11572781.jpg




円空さんの後は、博物館の2階に行き、「日本美術の流れ」ギャラリーを観てきました。
縄文・弥生から、江戸時代まで、戦国時代はちょっと苦手なので足早で通り過ぎましたが、
特に面白かったのは、江戸時代でした。



11世紀室町時代 一休宗純、臨済宗大徳寺派
いわゆる、一休さん、です。何が書いてあるのか分かりませんが、字体が素晴らしく、自由さを感じて思わずみいってしまう、字で人を惹きつけるということは、人柄も面白く素晴らしいのだろうなあと思いました。

c0141335_11572820.jpg




美術に疎い私ですら知っています。
尾形光琳さんの、風神さまと雷神さまです。かっこいいですね。

c0141335_11572826.jpg




江戸時代の打掛です。
特に刺しゅう部分に魅せられました。

c0141335_11572946.jpg



何度もガラスケースに鼻をぶつけてしまいました。
博物館は広いので、まだ観ていない場所はたくさんありそうです。
また近日中に行こうと思います。

その後は少し足を伸ばし、浅草寺に詣で、厄除けのお守りを買ってきました。
とても混雑していて、銀座線はぎゅうぎゅうで、乗り切れない人もいました。
[PR]
by umih1 | 2013-01-14 11:55 | Comments(6)

一週間



c0141335_13521922.jpg




わたしが通う会社の、
階下にある別会社の奥さんは、
毎日犬を連れて出勤してくる。
吠えない、人が大好き、毛が抜けない。
抱っこすると、ゴーゴーいって、ベロベロする。


辛いことに対して、
辛い、と言ってしまうというのは、
聞いてくれるからつい、言ってしまうのだ。
一人でも、聞いてくれるひとがいるということは、シアワセなことなのだ。
辛いなかでも、幸せはすぐ側にある。


ぎゅっと、犬を抱いてみる。
夜の散歩は寒いけれど、今の時期は星が綺麗だ。
[PR]
by umih1 | 2013-01-12 13:39 | 思う事 | Comments(2)

リンゴ、小豆


来週月曜から仕事始めだ。
行きたくないな、このまま辞めてしまいたいほどだ(笑)。

今日は家にいた。

お汁粉つくって、林檎ジャムつくって、
犬と昼寝した。


奥のお皿の上は、粒あん。小分けにして、冷凍保存するのだ。

c0141335_21432065.jpg



左手前のビンは、シナモン入りにした。

c0141335_21432136.jpg



このまま家にいて、ずっと家にいて、
ターシャさんみたいにロウソクまで作って、大変だけど楽しく暮らしたい。
ああ、明日でお正月休みが終わるなんて、やだーっ・・


昨日録っておいた、鬼平犯科帳観ようっと。ささやかな楽しみ。
[PR]
by umih1 | 2013-01-05 21:41 | てづくり | Comments(6)

Les Miserables


Les Miserables レ・ミゼラブル





映画館は何年ぶりだろう。

こんなに泣いた映画は始めてかもしれない。
やはり原作が良いから、感動するはずなのだが、
アン・ハサウェイ演じるファンティーヌが切なくて、
ヒュージャックマンも素晴らしく、
かなわぬ恋に命を捧げるエポニーヌ役の女優さんも素晴らしかった。


ユゴーの原作は2回読んだ。
次女も大好きな小説のひとつである。


I dreamed a dream in time gone by
When hope was high and life worth living
I dreamed that love would never die
I dreamed that God would be forgiving
Then I was young and unafraid
And dreams were made and used and wasted ・・・・・
[PR]
by umih1 | 2013-01-05 21:32 | 映画 | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30