ブログトップ

わたしのソファー

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

銀座で猫村さんに癒され


今日は銀座の教室に行った。
3連休の3日目は晴れて気持ち良かったな。
これ、鳴門金時ケーキ。
マカロンもころころしてて、さつまいもも美味しく煮詰め、作業工程は多かったけれど、
やったぞ、という感じ。美味しかったなあ。


c0141335_20252117.jpg



断面も美しくって、センターのピスタチオベースのクレームブリュレが美味しかったな。


c0141335_20252269.jpg



帰りは銀ブラ。
高級ショップのウィンドウを眺めたり、カルティエのビル可愛いから、
おのぼりさんみたいに写真を撮ってしまったわ。

c0141335_20252360.jpg



ミキモトに飾ってあったツリー。
真珠をかたどった飾りが素敵だったな。

c0141335_20252385.jpg



途中、ブックカフェを発見。
コーヒーを頼み、ディスプレイしてある本を眺める。
北朝鮮から脱北した詩人の本を読んだ。
ちょっと苦しくなってしまったので、違う本を物色。
漫画の、「猫村さん」を1冊読んだ。
すっごく可愛くって、コマが大きいから読みやすい。ああ、続き読みたいな。
全巻欲しくなった。
また来てもいいかなあ。でもここ、某新興宗教団体の本がたくさん置いてあったにゃあ。。


きょうの猫村さん 1

ほし よりこ / マガジンハウス




ブックカフェを後にして、バナナリバブリックとZARAのビルに入った。
欲しい洋服、たくさんみっけたけど、がまんがまん。。
無印で、ちくちくしないリブタートルセータが安くなってたので、黒とチャコールグレーを購入。
ああ、やっぱりこういう色好きだなあ~



:::::::::::☆::::::::☆::::::::☆・・・



ただいま~と帰宅。
いつもどおり、ラニさまのお出迎え♪ 
ジロウだってお出迎え・・・してくれず、小屋で寝てた。

昨日ぐっすり寝ていたので、どれだけデカイか、文庫本を並べた。
普通のポメの、2.5倍くらいでしょうか♪

c0141335_20252029.jpg

[PR]
by umih1 | 2012-11-25 21:00 | おいしい | Comments(8)

元気

スーパーで買った安いお花でも、
ふわっと優しい気持ちになります012.gif
オレンジ色は、
元気がでるような気がしますね。


c0141335_2140940.jpg





寝顔をみてるだけでも、ふぅうっと和みます。
ただいま〜と帰宅するといつも、
お座りをして耳を倒し、微笑んで抱っこされるのを待ってるのです。
最高な気分の瞬間(^O^☆♪
犬の笑顔って可愛い❤


c0141335_21401069.jpg

[PR]
by umih1 | 2012-11-19 21:28 | 思う事 | Comments(6)

ドーナツ

クリスピークリームドーナツで買ってきたといって、
取り引き先さんがお土産を持ってきてくれた。

可愛い。

c0141335_2134725.jpg



もう十一月も半ばだ。早いものだ。
[PR]
by umih1 | 2012-11-15 21:30 | おいしい | Comments(4)

BIUTIFUL    ビューティフル




映画『BIUTIFUL ビューティフル』予告編~「海辺のカフカ」バージョン





ずっと観たかったこの映画、土曜日に観た。

それ以来、何度も反芻している。

バベル、
21グラム、
を撮った人の映画らしいけど、
これが一番良かった。
人であることの孤独が色濃くて。
繋がりのある、ということにも。


ハビエルゥ~、あんたすげえなあ。
ノーカントリーにはたまげたが、これ最高だよ。
[PR]
by umih1 | 2012-11-12 21:58 | 映画 | Comments(4)

ワイン〜(^◇^)

仕事すとれすですね、またキッチンドリンカーですか?!
ワイン、あたらしいの開けまして
社長から頂いたんだが、上品な香りに
驚いた次第です。
味も品良く深く・・・
ドイツのだっけ?
あ、あ、おいしい012.gif


ボトル、素敵です。
c0141335_20261692.jpg



ドイツ語?
c0141335_20261610.jpg




あー(-。-;
散歩行かなきゃね〜
眠いっす・・

c0141335_20261798.jpg



でも、一日留守番していると思うと、
寒くても散歩に行かなきゃと思う、
優しい飼い主なのですε-(´∀`; )
[PR]
by umih1 | 2012-11-07 20:15 | Comments(4)

謝謝シュシュ

癒し美女友へお礼のつもりでシュシュを手づくりしました。
よく見ると粗が目立ちますが、布選びから楽しみました。
アニマル柄は、私とお揃いです。
可愛い娘ちゃんたちにも似合うかな?
裁縫にはまりそうです016.gif


c0141335_21273935.jpg

c0141335_21274039.jpg

c0141335_21274021.jpg

c0141335_21274197.jpg



次は何を作ろうかなあ〜037.gif
[PR]
by umih1 | 2012-11-03 21:18 | てづくり | Comments(4)

雪と珊瑚と


角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2012-04-28

ひとつの出会いが人生の方向を固めていく。

たった一人で赤子を抱えて途方にくれていた女性が、
店を開店し経営することとともに、自身も成長するという物語だ。

トントン拍子に開店にこぎつける印象があったが、
人の時間は一日24時間、短いようで長いものである。
つぎはぎの人生なんてものはないが、他人の物語はどうしても、
一部分一場面しか見られないものである。
そこのところを分かっていないと、
単なるサクセスストーリーとしか読めなくなるのであろう。
しかし、この物語はそういう安価な物語ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネグレストされた子供時代。
恋い焦がれる親への諦め。
誰にも頼れない、というのではなく、頼る人がいないという寂しさ。
憎しみの裏側。
嫌悪されることについての理解。

ふわふわのほっぺを、奇跡と思う気持ち。
赤ん坊を閉じ込め、境界線ぎりぎりの、気持ち。

赤ん坊の細胞一個一個、全部が母親を求めていたあの瞬間の映像が、
この物語と自分の物語と、ぴったり重なって・・・
胸をかきむしってしまうほど狂おしく、
こういう感情を母性というにはあまりにも激しくて、よくわからなくなってしまった。

賢者役の、くららのことを、詳しく書いてくれなくて良かった。
すべてを明らかにする意味はない。

「施された側のプライド」を鍛える、という話には思うところがあり、妙に納得した。
施す側の喜びは、必ずしも施される側の喜びにはならない。
喜ぶだろうと思ってやったことは、時に傷つける場合もある。
傷ついた施される側が、施す側に気を遣う・・・感謝を示して。
ようするにそれは、気を遣うことに対して、疲労しないということなのだ。
優しさは強さ、という意味でもある。

[PR]
by umih1 | 2012-11-03 21:17 | | Comments(4)