ブログトップ

わたしのソファー

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ステーキ週3ピアニスト



健康番組を見ていたら、90歳現役ピアニストの女性がとりあげられていて、
筋肉年齢36歳、胃の働きは20代前半男子よりも良好で、
心臓は老化にる脈の乱れなど一切なく美しい心電図であり、
肺がんの手術を受けたにも関わらず肺活量はバッチリ・・・だと。
いったいどんな生活を送っているかというと、朝昼晩、かなり食べる。
バタートースト・ラーメン・ステーキ・・・
午前中は5時間ピアノを弾いて、お昼を食べて昼寝をし、
1時間かけてその日に食べるものを買いに行き。
「好きなことをして、好きな時間に寝て、好きなものを食べる」 要するにストレスが少ない。
そして毎日規則正しい。
そして野菜も食べるが肉も食べる。
そんなに長時間ピアノを弾いていて疲れませんかと問われ、
この曲をつくった作曲家の考えや思いが、発見できる喜びがあるから・・とニッコリ。
豊かだ~!と感心した。

大正生まれなんだよなぁ。
室井摩耶子(まやこ)さん。
調べてみたら、ブログもやっていて、面白い。
自分のこと、肉食人種長寿族と言っている。

↓オフィシャルサイト
http://naks.biz/muroi/
[PR]
by umih1 | 2011-06-29 23:41 | | Comments(8)

6月に読んだ本

車谷長吉 「赤目四十八瀧心中未遂」

 こういうものを、小説というのだ。こういう人のことを、怖い、というのだ。
 怖いという言葉に、わたしは自分の理解できないことの責任を押し付ける。
 ただ、恐れ入りましたと頭をさげるしかない、素晴らしいという陳腐な言葉しか思い浮かばない。 



佐野洋子 「クク氏の結婚、キキ夫人の幸福」

 佐野さんの、大人向け絵本といったところか。
 淡々としているけれど、つきつめればこうなるんだなぁ。



佐野洋子 「神も仏もありませぬ」
  
 こんな生活いいな、なんて、わたしは簡単には言えない。
 でも、こんな生活してみたいな、なんておもう。



ガルシア・マルケス 「青い犬の目」

 若いころの短編。他のが読みたかったけれど、百年の孤独がなかったから・・
 でも、剃刀みたいな話もあって、こういうのも良いな。



森絵都 「架空の球を追う」
 
 短すぎて、多少疲れた。面白そうなのだけ読んだ。姉妹の話がよかった。
 ビニールシートはすんごく良かったから、ちょいと期待外れぇ・・



ムージル 「三人の女・黒つぐみ」

 この人誰?と思いながら、題名に惹かれて借りた。
 すべて男が女とのことを語る話だけれど、故に女は不可思議でおもしろかった。
 屁理屈の多い男ばっかりで、そこもおもしろい。


小杉英了 「シュタイナー入門」

 なぜか非常に惹かれて手に取った。
 若き日のこと、ドイツのこと、ヨーロッパのこと、オカルトの本当の意味など、
 難しいところもあったが解り易くおもしろかった。


もうすぐ7月になる。
はやいなぁ。
[PR]
by umih1 | 2011-06-28 23:42 | | Comments(2)

すいか



初もの~

スイカです。いただきものです。


c0141335_23592665.jpg


c0141335_23593759.jpg



白目剥いて、すごいですね~
ラニはすでに夏バテしてます。
そろそろ毛刈りの季節ですね☆
[PR]
by umih1 | 2011-06-24 00:01 | おいしい | Comments(6)

しあわせになんかならなくったっていいぢゃないの



好きなサイトで、占い師の鏡リュウジさんのインタヴューをついさっき読んで、

ハッとした!梅雨のせいかしらね、もんもんうつうつしていたから、ホゥなるほどと。

MYLOHASっていうサイトから、こんな感じ・・

「根本的なことを言うと、幸せになんかになろうとしなくていいんです。幸せになろうとすると破たんしちゃう(笑)。完全にハッピーな状態とか、完全にいい状態はおそらく現実には存在しない。存在しないから映画などで描かれたりしているんじゃないかと。。。(中略)幸せになろうとすればするほどハマってしまう。幸せになんてなろうとせずに、その場その場で自分に正直になって、楽しいことを見つけて生きる方がいいんじゃないかな。」

相田みつをさんの
「幸せは自分のこころがきめる」
これって、ちょっと考えると、鏡リュウジさんが言ってることと同じなのよね。


ちょうど、↓これ聴きながら、リュウジさんの記事を読んでいたから、またビックリ。
だって、Goodbye Happiness だから(ノ>ω<)ノ :。・:*:・゜'★,。





うっとおしい湿気なんざ、ふきとばそうぜ!ってのは無理だから、どんより浸ろう☆
[PR]
by umih1 | 2011-06-21 23:42 | 思う事 | Comments(4)

BIUTIFUL



村上春樹さんが、スペインで賞を受け、バルセロナで受賞スピーチをした。
「原子力は拒否すべきだった」と。
明日で3.11から3か月たつ。

福島の小学校の先生が、匿名で投稿してあるものを読んだ。
「もう、子供達には学校に来てほしくないのです。集団疎開してほしいくらいです。大学教授や偉い人たちが、放射線量は大丈夫、年間でこれくらいなら影響ない・・・などと言ったものだから、今は外で体育授業をしているし・・・水たまりとか・・・土とか・・・高濃度のポイントはあるはずですし・・・大人になってからあの時の放射線が原因で病気になってしまったなんて、そうなってほしくないのです。」

日々、福島に住んでいる人のブログや、過去の隠蔽の記事や、現在の状況のことを知るにつけ、いったいどうしたらよいのだろうこの先、と思う。

明日でもう、3か月。まだ、3か月。


村上春樹さんの「海辺のカフカ」の一編が、ある映画の予告編で使われている。
それは、今年、アカデミー外国語映画賞を受けた 『BIUTIFUL ビューティフル』

監督は、あの「バベル」や「21グラム」の監督さん。
村上作品の大ファンらしい。
「バベル」は面白かった。いま、「21グラム」をレンタルしているが、見る暇がなく、もう1か月以上放置している。
ビューティフルの主演、ハビエル・バルデム氏は、「ノー・カントリー」で初めて観たとき、非常に衝撃を受けた俳優である。ずっと観たかった「夜になる前に」は、レンタルリストに追加してあるけれど、いつ見られるのか。

村上さんの本は、ずっと、「神の子どもたちはみな踊る」が机の上に置いてある。
いつ読もうか。


映画『BIUTIFUL ビューティフル』予告編~「海辺のカフカ」バージョン


[PR]
by umih1 | 2011-06-10 21:33 | 映画 | Comments(8)

オイシイ道も一歩から



4月ころから、ほぼ毎週日曜日、
パティシェコースのある学校に行き始めた。

ものすごく美味くできる、が、また同じ味が自宅でつくれるかというと、それは無理である。
やはりちょっと違う、または別物になってしまう。

深みにはまるほど難しく、オイシイ道が遠のいてしまうようだ・・・・・・・・・

c0141335_22425874.jpg


c0141335_2239490.jpg


c0141335_22392046.jpg


c0141335_22394039.jpg



久しぶりに焼いたパン。
牛乳パン。
たまに無性に焼きたくなる時がある。
c0141335_22405652.jpg

[PR]
by umih1 | 2011-06-09 22:43 | おいしい | Comments(8)

疲労という名の疲労のもと。



どうしたら疲労感がなくなるものか、
ウコン入りドリンクを飲んでみたり、
プラセンタエキスの錠剤を飲んでみたり、
でも高いので続かず。
しかし鉄剤は忘れずに飲むようにしている。
次女も相当な貧血なので、鉄分入りの飲み物は常備している。

年中疲れた疲れたと感じること自体が疲労のもとなのか。
堂々めぐりである。

月曜日は、仕事帰りに歯医者へ。
定期健診だが、歯垢は糖尿病や心臓病の原因にもなる。
怖いのでランチの後も念入りに歯を磨くことにした。

今日は帰りに接骨院に行き、600円マッサージをした。
上手なお姉さんにほぐされ。

酢やクエン酸を採った方がよいのだろうか。
みんなはどうやって疲れをとっているのだろうか。
通りすがりの人々に問うてみたい。

犬も疲れるのだろうか。


c0141335_22261165.jpg



ジロウ、いったいどうしたっての(笑)。
そうか、笑えば少しは疲れがとれるってか。

c0141335_22261951.jpg

[PR]
by umih1 | 2011-06-09 22:30 | 思う事 | Comments(2)

Round Midnight



気圧の変化についていけないからか
女であることについていけないからか
どうも気持ちがよくない。

悲しいとか哀しいとか
そんな安っぽくてわかりやすい言葉じゃなくて
なんかこう
なんかこう
胸ん中がしょぼ~ん
ぐぐぅ~ん
どろ~ん

そしてぼわ~んと水が目の表面にたぷたぷしてくる。
そんな時のベースには
ちっとも孝行しなかった
父や母とのことや
ちっとも孝行せず
ボケさせてしまった祖母のことや
必死さと若さで空回りして育てた
娘たちのことや
馬鹿で強欲な自分の姿や

まぁ
そんな日もあるよな~
水がたぷたぷするときは
マイルスさんのトランペットをえんえんと
聴く
そうしていると
触れてほしくない自分だけの領域
それはいつもだったら隠しているもの
それは皆もっているもの
その部分がゆらゆらしてきて
トランペットが
プオ~ ピィィ~ キヒィヒィ~
と、稲妻みたいなショック療法みたいな
そんなふうにして沈澱していた澱を
かき混ぜてくれるもんだから
シャカシャカになって
ゆっくりとまた澱みたいなもんは落ちて行って
底のところで落ち着く。

ピアノでもテナーサックスでもアルトでもない
やっぱりこういうときは
ピィイ~ ピ ピー プオオオオー キヒィ~が良いですな

20年聴いてきたけれど
まったく飽きない
もうこれなしではいられないなぁ
[PR]
by umih1 | 2011-06-04 00:00 | 音楽 | Comments(6)

ふりだし。


男性の営業を一人増やすため、
ハローワークに求人をだし、早2か月。
送られてきた履歴書5通。
面接二人。
一人採用決定。

しかし、採用決定の電話をしたところ、
宗教活動で、水曜日の夜と日曜日は仕事はできません。
営業といえば、接待ゴルフ、お酒のお付き合いも仕事のうち、
不景気といえども多少は必要なこと・・・

結局、こちらが断わられた。

じゃんじゃん電話がかかってくると思いきや、
スカスカの反応。

やはり、「英語」のハードルは高いと思われる。
[PR]
by umih1 | 2011-06-02 23:51 | 仕事 | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30