ブログトップ

わたしのソファー

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Ben



I used to say I and me. Now it's us, now it's we.

僕はいつも 「I」や「me」 と言っていたけど、
もうこれからは 「us」や「we」って言えるんだね。




   Ben   ~Michael Jackson





う~~
胸がキューンとします。
[PR]
by umih1 | 2009-06-27 16:59 | 音楽

マイコー



私が中学生の時に、始めて買った洋楽LPレコード。
それがこれ。


c0141335_2153086.jpg



パワフルなんだけど繊細で、何度聞いたかわからない。
LPに初めて針を下した、あのワクワク感・・・・・


今朝ラジオでニュースを聞いて、ガーン・・・だってまだ若い・・・
あぁ・・・・・


なんだか切なくて、しばらくはまっていた栗焼酎を一升瓶で買ってしまった。(2000円だった)
ビールはしばらく置いといて、焼酎で冥福を祈ろう。
[PR]
by umih1 | 2009-06-26 21:13 | 音楽 | Comments(8)

Cheers!



おかえりーママ♡
ずっと寒いところで待ってたんだよ♡

おぉおぉ、可愛い奴よ。

c0141335_21363488.jpg





自分に関すること・・・例えば気質や外見に関して、
「あなたはこうだよね」と言われるとする。
そう言われているときは、あ~そうね、そんなこと言われても全然平気と思っている。
でも、ずっとずっと心にその言葉が引っ掛かっていて、
本当は「傷ついていた」ことに今さら気が付く。
そして、その時その言葉に反論ができなかった自分に腹を立て、二重に落ち込むことがある。


でも自分だって誰かを言葉で傷つけている。
そんなつもりはないのに、辛い思いをさせてしまったこともあるんだろう。。。



そんな自分に、あなたに、犬に、乾杯♪


「ラニ」って、ハワイ語で「幸せ」という意味なんだよって聞いた。
嬉しかった。

c0141335_21383186.jpg

[PR]
by umih1 | 2009-06-25 21:41 | おいしい | Comments(10)

But not for me



映画「Four Weddings and a Funeral」に、
私の好きな曲が流れていました
エルトンジョンの「But not for me」
さすがエルトンさん。すっごく、いい声ですね。


でも、チェットベィカーのBut not for meも好きー。

Chet Baker - But Not For Me



They're writing songs of love
but not for me
A lucky star's above
but not for me
With love to lead the way
I've found more clouds of gray
Than any Russian play
could guarantee

I was a fool to fall
and get that way
Hi ho alas and also lackaday
Although I can't dismiss
The memory of his kiss
I guess he's not for me


歌詞もちょっぴり哀しくて、なんだか可愛い。
[PR]
by umih1 | 2009-06-21 18:06 | 音楽 | Comments(4)

Four Weddings and a Funeral



ひっさびさにゆっくりしてます。

今日は町内の運動会だったので、班長として参加してきました。
雨降りのため学校の体育館で行い、しかも午前中で終了。
くじでビール1ケース獲得!発泡酒ではなく、ビアです(キャー)。
パン屋さんはお休みしたので午後はゆっくりDVD鑑賞。
ツタヤオンライン予約で送られてくるので楽ちんです。



「Four Weddings and a Funeral」


moccoさんの記事にあった映画のワンシーンに感動したので観てみました。


題名通り、4つの結婚式と1つのお葬式のお話です。
ヒューグラントはハンサムだけじゃなく、なんともいえない妙味のある俳優だと思います。
葬儀でオーデンの詩を詠んだジョン・ハナーも良かったです。


イギリスの詩人オーデンが綴る言葉。特に最後の行の余韻がしばらく消えません。

Funeral Blues  ~ Wystan Hugh Auden

Stop all the clocks, cut off the telephone,
Prevent the dog from barking with a juicy bone.
Silence the pianos and with muffled drum
Bring out the coffin, let the mourners come.

Let aeroplanes circle moaning overhead
Scribbling on the sky the message He is Dead,
Put crépe bows round the white necks of the public doves,
Let the traffic policemen wear black cotton gloves.

He was my North, my South, my East and West,
My working week and my Sunday rest,
My noon, my midnight, my talk, my song,
I thought that love would last forever: 'I was wrong'

The stars are not wanted now, put out every one;
Pack up the moon and dismantle the sun;
Pour away the ocean and sweep up the wood.
For nothing now can ever come to any good.


「今は、慰めてくれるものなんて何もない・・・」
愛する人を亡くすことは全てから光を奪ってしまうものなのだと思います。
その瞬間を詠ったこの詩は、深く心に刻まれました。


でもこの映画で泣けた部分は、この葬儀の場面だけではありませんでした。
新米牧師が初めての結婚式で、ことごとく読み上げる言葉を間違えてしまい大ひんしゅくでしたが、
「ブラボー!」という言葉と拍手でみんなワイワイする箇所に、なぜかジーンとしてしまいました。
この新米牧師役は、むかし流行った、「Mr.ビーン」でおなじみのコメディアン兼俳優さん。
ローワン・アトキンソンさん。
大大大好きな映画「Love actually」(DVD持ってる)にも出ていて何度も観ているので他人とは思えない。
で、ついついyoutubeを探してしまった。
自分用にUP(笑)
いや、笑えるし30秒なので、どうぞ。


Rowan Atkinson in "Not The Nine'O Clock News" - best scene ever



[PR]
by umih1 | 2009-06-21 17:00 | 映画 | Comments(4)

Joy



c0141335_747856.jpg



昨日はありがとう。
元気になったよ。

時間が経つ毎に、いろんな喜びが胸に響いてる。

You give me joy.




BONNIE PINK - Joy -


[PR]
by umih1 | 2009-06-05 07:53 | ことば

The Great GATSBY



グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

スコット フィッツジェラルド / 中央公論新社





居間の壁に、シミを見つけた。
いつからあるのだろう。
食事のときに汚したものだろうか。
洗剤を含ませたタオルでたたいても、そのシミはちっとも落ちない。
まるで、最初からそこにあるかのように。
しかし、最初からあるものなんてこの世には限られているものしかなく、
最初からある大部分のものは「可能性」なのではないか。

―あなたに出会う可能性。
出会わない可能性もあるということ。だから出会ったことに喜びを感じる。
―あなたに出会う運命。
「運命」という言葉は、場面によってはとても陳腐で安易な表現方法だ。ストレートすぎる。


海の表面に映る光とさざ波の影。
その光の反射を受けているような男。
もっと深い部分は音もなく静かだが、得体の知れない生き物がうごめくこともあるのだろう。

ギャッツビーがデイジーを再び見つける可能性はもうどこにもない。
しかし、デイジーを失う運命だったとは思いたくない。
日に焼けて色褪せても、男が想い続けた跡はどこかに残っている。
輝かしい未来にずっと囁きかけた男の想いが。
するりと通り抜けてしまった淡い光は、ギャッツビーの少し狂った美しさのように、
私の瞼に焼き付いている。
まるでこの目で見たかのように。

古さを感じさせない村上春樹氏の新訳。
[PR]
by umih1 | 2009-06-02 23:10 | | Comments(2)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30