ブログトップ

わたしのソファー

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

稀代の目利き白洲正子が選んだ男、白洲次郎



「白洲次郎 占領を背負った男」 北康利 著


「あなたは本当に英語がお上手ですな。」
「閣下の英語ももっと練習したら上達しますよ。」
GHQのホイットニー准将と白洲次郎の有名なエピソード。

これも有名だが、あのマッカーサーを叱り飛ばした白洲のエピソード。
日本政府を代表してGHQとの交渉窓口を任されていた白洲は、昭和天皇からのクリスマスプレゼントをマッカーサーの部屋へ持参した。
すでに机の上には贈り物でいっぱい。そこでマッカーサーは絨毯を指差し、そこらへんに置いておいてくれと言った。
そのとたん血相を変えた白洲は
「いやしくもかつて日本の統治者であった者からの贈り物をその辺におけとは何事か!」と言い放ち、慌てたマッカーサーは机を新たに用意させたという。

白洲次郎といえば白洲正子の夫であり、戦後復興の立役者ということくらいしか知らなかった。
図書館でこの本の表紙に収まる白洲次郎と目が合ってしまい、引き寄せられるように借りて読み始めたらもう止まらず。
あれよあれよという間に、400ページもの本を読み終わってしまった。

英国仕込みの流暢な英語、センス、見てくれも堂々とした体躯に端麗な顔立ち、しかも熱い男なのだ。
これと見込んだ相手には忠誠を尽くし友情に厚く、ごますりなんかは大嫌い。
息もつかせず一気に読んだ部分は、戦後の新憲法の誕生にかかわる部分だった。
凄まじいGHQとの苦闘、白洲がいなければ、吉田茂が首相になる可能性は限りなく低かったという。
日本の早期独立と経済復興に、歴史の黒子として大きな功績を残した。
戦後のアメリカ占拠からの独立を講和条約により得た時のシーンでは、思わず目頭が熱くなってしまった。

白洲次郎の素晴らしさ、それは、旧態な役所根性をぶち壊そう、古い政治をぶち壊そう、何よりも日本の将来を思うこと、それは自分たちの子供や孫を思う事に繋がる。
人事を握った場合でも、自らの勢力を大きくさせることには全く関心がなく、常に「仕事を成功させるためには誰が適任か」を考える。
彼は仕事が成就すると、さっさとその職を後任に譲る。その潔さは誰にも真似できないほど徹底していたそうだ。
先例や常識をかなぐり捨てる。
合理主義。先見。
威張る事は次郎のもっとも嫌う行為の一つでもあり、東北電力会長の時のエピソードも熱い。
株主総会の時に下見をした次郎は檀上に役員の席が並んでいるのを見とがめ
「株主総会は年に一度株主たちの意見を聞くために開くものだ。役員が偉そうに檀上でふんぞりかえってどうするんだ。」と席を直させた。
運転手つきの社用車に乗る時はいつも、次郎は好んで助手席に座った。
「後ろでふんぞり返っているやつはみんな馬鹿だ!」

晩年は、妻の正子がエッセイストとして有名になるとたいへんに喜んでいたらしい。
しかし正子の作品をほとんど読まず、「西行」を読みかけた時も、わからん!といい投げ出したらしい。
夫婦や家庭内での話にも触れていておもしろかった。

白洲次郎がいなかったら、日本のありかたは大きく違っていたのだろう。
日本一、後にも先にもこんな人はいない・・・のかもしれないと思った。

最後に白洲次郎の言葉。
「プリンシプル(筋)を持って生きていれば、人生に迷うことはない。
プリンシプルに沿って突き進んでいけばいいからだ。そこには後悔もないだろう。」
[PR]
by umih1 | 2008-11-30 23:40 | | Comments(6)



仕事で外食をすると、つくづく思うことがある。

先月と今月は、おいしいものを経費で頂く機会が何度かあった。
めったにないことなので、覚えている限り羅列してみる。

有名人も多数来店するという、麹町の中華店で頂いた、2,000円のラーメン。
社長行きつけの、元首相のAさん一家も来るという和食やで頂いたお刺身、牛のたたきなど。
九段下のイタリアンで頂いた、トマトスパゲティー。
会社の近くの京都料理やで頂いた和食。

作ったものを人に食べていただくというお仕事は、
魂というか気合を入れないと、やってけない仕事だな~とつくづく思う。
ほ~、これにこれを組み合わせるのか!などと思わせることも、
食べる楽しみを提供するという点では大切なことかもしれない。

高いお店で、しかも御馳走していただいてこんな事を言うのもなんだが、
和食は特に、お刺身や卵料理など、シンプルなものほど美味しく印象も深い。
手の込んでそうにないものほど差がでるもので、それは素材を市場で見て買うという、いやそれ以前の、常日頃の素材に対する思い、なんかで違ってくるのだと思う。

しかし、家で食べる納豆ごはんだって、うまい。
刻みねぎを入れて食べると、ため息がでるほどうまい(笑)。
今日は寒かったので、野菜たっぶり肉団子入りの中華スープを作った。
卵も溶いて、ふんわり入れて、うまかったぁ。

でも一番おいしいのは、好きな人と一緒に食べるときぃ~♡
なんちゃって・・・ 若いふり~・・・あ~しんど(*´・ェ・`*)笑笑笑
[PR]
by umih1 | 2008-11-27 23:53 | 思う事 | Comments(16)

Hayley Westenra ~Pie Jesu



また愚痴になってしまうけど・・・。

会社を辞めていった人からのもろもろの被害が拡大しつつあり、
かといって一致団結というわけでもなく、
皆それぞれの怒りを胸に日々仕事をこなしていっている状態。
ほんとうに毎日悔しいことばかりなんだけど、でもなんとかやっていくしかないよね。
念願のHPも進んでいるし、やっと名刺にHPアドレスも印刷できる。
なんてね・・・気持ちを前に向けなければやってられないよ。

家に帰ればまた新たな疲労の始まり。
食べたり飲んだり笑ったりしてもいろんな事情があるものだし。
母さんの寝顔、すごく苦しそうだよと言われる。眉間にしわをよせているらしい。

昨日今日と酷い頭痛でさ。
肩と首の異常な張り。
ストレッチをしても薬を飲んでも、ちっとも良くならず。
休日はゆっくりできない日が続くし、気苦労が絶えないよ。

早く春がこないかなぁ。

この体調不良は、リラックス不足だよね。
だからリラックスしなければならない。
そう思うと余計に力が入る・・・馬鹿だね。
あぁ、一人で木の下で寝たいな。

でもだいぶ頭痛はよくなったよ。
あなたに体調不良を訴えたら、よくなった。
わたしの痛みを共有してくれた。
だから軽くなったんだ。

ありがとね。
わたしからのお礼の気持ち。
ヘイリー・ウェステンラの、ビエ・イエス。

わたしね、これ聴いていると、
ココロがひたひたと温かい海に浸されて、
月の明かりにそうっと優しく照らされて、
その控え目な温もりにひりひりと泣いてしまう・・・


ビエ・イエスを唄う彼女の美しさは、神からの贈り物みたいだね。


Hayley Westenra - Pie Jesu (live)


[PR]
by umih1 | 2008-11-23 23:46 | 音楽

心音



風に吹かれて舞い上がる髪
カランカランと
目の前を転がる空き缶

コツコツコツコツ・・・
そういえば私はいつも
早足で歩いていたような

これは幻なんではないかと
私とは一体なんなのだろうと

立ち止まり周りを見渡す

そして
きのう聞かせてもらったあなたの心音
ドクドクドクドク・・・
思い出し歩いてみる
[PR]
by umih1 | 2008-11-22 23:39 |

私のいる場所



本のカバーをはずしておくから
あなた
絵を描いてください


広くて誰もいない場所で
待っているから


何も聞かないで
何も言わないで
ルーミーも勧めているその方法で
善悪なんてない世界で
[PR]
by umih1 | 2008-11-22 21:03 |

誰も寝てはならぬ~nessun dorma



風邪が治った後もずっと喉の調子が悪い。
龍角散でも買ってこようかと思っていたら、
偶然、龍角散新商品のCMをTVで観た。
男性歌手が、トゥーランドットのオペラ「Nessun Dorma (邦題:誰も寝てはならぬ)」
を唄っているCMである。
私はこれを聴いていると、なんともいえない気持になる。
きっと前世でも、聴いていたんだろう。



誰も寝てはならぬ!
誰も寝てはならぬ!
姫、あなたでさえも、
冷たい部屋で、
愛と希望に打ち震える星々を見るのだ…




この「誰も寝てはならぬ」といえばやはり、パヴァロッティが有名だ。
じっと聴いていると、胸がカーッと熱くなる。

Pavarotti "nessun dorma"






しかし、短いCMでのあの歌声も大変気になる。
そこで龍角散のHPを観てCMで歌っている人を調べてみたら、
この方は1970年生まれイギリス人で、
スーパーで携帯電話のセールスをしていたという。
しかし、タレント発掘番組に出演し見事チャンピオンを獲得、
デビューしたあと瞬く間にブレイクした。
映像をご覧いただければわかると思うが、見てくれは決して良いとはいえない。


Paul sings Nessun Dorma high quality video/sound




この、イギリスのタレント発掘番組に出ている映像はまるで映画のワンシーンのよう。
審査員や観客が、全く期待していない顔をしているのに、
彼の歌を聴いているうちに皆の顔つきが変わってくる。
涙をふく姿も見られた。お母さんかも。。。




これは見事チャンピオンを勝ち取った映像。素晴らしいです。

BGT FINAL -Paul Potts high quality video/sound






ポール・ポッツ「ワン・チャンス」  今月末、発売されます。

ワン・チャンス~デラックス・エディション(DVD付)






でもその前に、明日は龍角散新商品を買ってきま~す♥

龍角散ダイレクト
[PR]
by umih1 | 2008-11-16 20:57 | 音楽 | Comments(8)

Voice of an Angel~Ⅱ


発作的に聴きたくなるアルバム。

シャルロット・チャーチ。

12歳の天使の歌声。




いま、いくつになったのかな。




c0141335_0745100.jpg




Charlotte Church - Ave Maria







心ない言葉や態度に傷つけられた人の気持ちを考えると、
こちらまで悲しくて悔しくなる。

でも、恨んではいけない。

悔しいのなら、前に進もう。



必ず、見ている人がいる。

あえて、きれいごとを言おう。

言葉の力を利用するのだ。

未使用のプラグをつなげるようなイメージで。

脳内に電気を通すのだ。




Ave Maria-Charlotte Church at a benefit for clef's kids



[PR]
by umih1 | 2008-11-07 23:40 | 音楽 | Comments(4)

打ち砕くのだ!



勝ち組とか負け組とか、少し前に流行っていたけど、そういう言葉には抵抗がある。

・ 何かと比較しなければ満足できないー 何と比較するんだ。
・ ”今”という時流に乗り遅れるなー 今ってなんだ。
・ なんて非常識な奴なんだー 常識って何だ。


通っているヨガでウォーミングアップとして、両腕をあげ頭上で手を繋ぎ、ふーっと息を吐きながらハンマーと化したコブシを振り落とす事を20回くらいやるんだが、
先生曰く、「何か嫌なものを打ち砕くイメージでぇ!」

その時浮かんだイメージは、何と・・・・・・「自分」だった!

少々驚きつつも、甘ったれクソったれという気持ちで、
ガーンガーンと、自分を打ち砕いていた。
恐るべし自分。←やや自己陶酔。

・ 比較するんなら、嫌な自分自身と、あるべき自分を比較しろ!
・ ”今”は常に今だ。時流は自分でつくるべし。
  他人が作ったものに乗っかろうとしているから焦るんだ!
・ 常識なんて、よそに行けばそれが非常識だ(池田晶子さんの言葉を拝借)!
  常識を豪語する奴ほど非常識だ(たぶん)!


仕事でイライラすると、こういう事がふつふつと頭に浮かんでくるのだ。
さぁ、激しく自分に厳しくなったところで、
まぁ、あんまりカッカするのは体に良くないので、
美味しいのを・・・・・一杯やって、ほっとする・・・・・・・。
そんな繰り返しの日々である。

ジャンジャン♪(*´-`)ヾ
[PR]
by umih1 | 2008-11-06 23:17 | 思う事 | Comments(12)

最大の恐怖



今日は年に一度の予防接種。
獣医さんのところへ犬たちを連れて行った。

ラニぞうはそれほどでもないが、
ジローはもう車に乗った時点でキューキュー鳴き始める。

獣医さんとこの待合室では床を必死に平泳ぎし、
診察室へとモップのごとく引っ張られ、
後ろ足で立ち上がり、閉められたドアを開けようとする。
しまいには悲鳴のような声を出す。

診察台に乗れば、隙を見てジャンプしようとする。

押さえつけられ注射をされるときは決まって、
目を見開き息を止める。

娘には
「ジロー!おまえいい加減にしろ!おっさんのくせして泣くな!」

優しくされるのは最初だけ。

「おっさんだって泣くんだぞ」

c0141335_202623100.jpg









  家に帰ってホッとした。
  
[PR]
by umih1 | 2008-11-03 20:31 | 家族 | Comments(8)

行方不明の時間・・・



茨木のり子さんの詩集から、マザー・テレサを詠った詩をおやスケさんが紹介しており、
もう一度本棚から手元に置いて読み直した。
この詩の中で一番印象に残る部分は、私にとってはいつも変わらない。
引用させていただくと、
「自分を無にすることができれば かくも豊穣なものがなだれこむのか
さらに無限に豊穣なものを溢れさせることができるのか」

茨木さん曰く、するどい鷹の目と慈愛の目を持つマザー・テレサ。
中途半端な優しさを射抜かれた茨木さんの震える感性を残す方法としての、ことば。
何度もページをめくって、繰り返される響きに、こころは硬直したり柔らかくなったり。


この詩集の中で一番好きな詩「行方不明の時間」
ほんの一部だけ引用させていただく。

人間には 行方不明の時間が必要です
・・・・・略

私は家に居てさえ ときどき行方不明になる
ベルが鳴っても出ない 電話が鳴っても出ない 
今は居ないのです
・・・・・略

目には見えないけれど
この世のいたる所に
透明な回転ドアが設置されている
不気味でもあり 素敵でもある 回転ドア
うっかり押したり
あるいは
不意に吸いこまれたり
一回転すれば あっという間に
あの世へとさまよい出る仕掛け
さすれば
もはや完全なる行方不明
残された一つの愉しみでもあって
その折りは
あらゆる約束ごとも
すべては
チャラよ


こう思えるような人生を歩みたい。
池田晶子さんもこういう境地だったのではないか。
「なるようになるし、ならないようにはならないんですね。」
なんとなくそう思えるのだけれど、池田さんの存在は後からじわじわ効いてくるようだ。
こう思えるような人生を歩みたい。と書いたが、
この詩が好きという事は、もうすでにこう思っているということだろうか。
痛いのは嫌いだが、死という事象をあくまで全体として考えるのなら、
まったく怖れる事はないのだと感じる。
「完全なる行方不明」と書いた茨木さんに、思わずクスリと笑ってしまった。
[PR]
by umih1 | 2008-11-03 20:16 | | Comments(6)