ブログトップ

わたしのソファー

米焼酎



いやぁ~ お米の焼酎も おいしいねっ!
今日は飲んだよ~飲んだ あ~いいね~ 酔っ払い万歳だよ


今日は真面目に掃除して昼寝して、久々に本読んだ


現在進行で読んでるのはこの3冊

真ん中の、林真理子の英訳本は寝る前に読むから
毎晩 1ページくらい読んで寝ちゃうよ

即効で寝ちゃうよ


左の本は・・・この人、すばらしいよ
今夢中でよんでる   池田晶子さん


白洲さんはまるで、武士のようだね
文章もかっこいーー!


c0141335_216352.jpg



10年前に亡くなって、
なんで私はもっともっと前に、白洲さんのことを気にしなかったんだろうと悔しい
こんなに素晴らしい女の人・・・女も男も超越しているけれど、この人の本を読んでいればもっと賢くなれたものを (たぶん・・)


これから読むのはこの3冊だけど、少しつまみぐいして


c0141335_219575.jpg



西行の歌を読んで、

これ、

「風になびく富士の煙の空にきえて  行くゑも知らぬわが思ひかな」

を読んで・・・・・・・


寂しい思いがしちゃってね

ついおかわりしちゃったりしてね



今日は この色に惹かれて 

秋色って、何かの影を含んでいるような気がして

とっても気になる



c0141335_21153525.jpg
 



白と秋色のアルストロメリア

なんだこの、舌かみそうな名前は





 
[PR]
Commented by mocco at 2008-10-20 01:03 x
白州さんの本 私も3年前くらいから 
西国の霊場を行かれてたのを知って・・・私も行き始めたので
お手本のように読んでいました。
お能を50代までされていた 肉体と精神から貫かれた 凛とした
お姿や人柄 文章 惚れますね!!まさに 違いがわかる 女!ですね。

 写真のお花の色 美しいですね! 赤よりも朱みたいな ・・・・
 
Commented by おやスケ at 2008-10-20 02:36 x
 アリメロトスルア・・・・あいたた、逆さに読んでも舌かみそうだ。
でもカンブリア紀の生物の名前みたいですね。すいません本題と関係なくて・・・。
白州さんはほとんどこの世の人じゃない感じですね。この世にこだわってカウンセラーをしていた河合センセとの対談でその対比をすごーく感じました。能の人・・・。
Commented by kisaragi87 at 2008-10-20 19:19
>ついおかわりしちゃったりしてね・・に、クスッとしました^^
うみちゃんは、やっぱり読書家だね~
私も電車通勤してた頃は、よく読んだのだけど
今はあっという間に、夢の中なの^^;
米もいいね、私は今は麦にはまってます、
麦焼酎のお湯割りに、カボスをギュッとしぼると、美味しいのよ~♪
いい週末だったのね、よかった^^
Commented by at 2008-10-20 21:41 x
池田晶子さん・・・私も大好きで、でも40代の若さで亡くなられて、ショックでした。「41歳からの哲学」とか読んで、素晴らしい哲学者を亡くしたな・・と思います。秋色・・・ステキですね♪
Commented by cumi at 2008-10-21 00:45 x
こんにちは!名前ですが、6v6改めcumiにいたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>
うみさん・酔っ払いさんですね(笑

私も、大江さんの「話して考える」と「書いて考える」の文庫を購入したです!大江さんの言葉に対する真摯な思いが伝わってくる気がしました。初めて大江さんの本を読んだのですが、ある意味カルチャーショックでした!
うみさんの読書センス、好きです!うみさんのおかげで梨木果歩さんを知りました。経歴も、生き方もとても惹かれる作家さんです!
Commented by bongu04200420 at 2008-10-21 21:59
読書の秋でスモンね。さすがUMIH1さん、読書家っすね
Commented by umih1 at 2008-10-22 22:53
moccoさん
やっぱりそうでしたか^^ moccoさんの写真を見ては、もしかしたら~と思ってました。 私も行きたいな。いつか。
白洲さんは凄い行動力でしたよね。とりあえず自分の足で粋自分の目で見るという。
能をお辞めになった理由というのが、「女には無理」ということで、何十年も続けてやっと体で理解したということなのかな・・・そう考えると、能は奥深いものなのだな、と思いました。能に関する随筆もおもしろいですよね。
そうですね、こういう人が、違いのわかる人なのでしょうね~。
憧れます。
Commented by umih1 at 2008-10-22 22:58
おやスケさん
あ~やっぱり、舌かみそうですよね。
わからなくなると、アストロメダ→アンドロメダ・・・なんて、よけいわけがわからなくなりますね。でもきれいでしょ?
河合先生との対談で、能に関する話がおもしろく、わたしは3度読みました。「縁は異なもの」にも記載されています。
地元で毎年、能や狂言などを、かがり火たいて行うのですが、今年は大雨が降り、行く勇気もくじけ、結局開催されたのですが行きませんでした。来年こそは行って、記事にしたいな~と思います。
Commented by umih1 at 2008-10-22 23:04
kisaragiさん
恥ずかしい・・・これ、酔っ払って打ったので・・・^^
わたし、読書家というほどでもないんですよ。平日はほとんど読めていないし・・。もう目が疲れてしまって体もぐったりして、土日に少し読むくらいです。
あぁ・・・・・・麦焼酎のお湯割りに、カボスをギュッと・・・・・おいしそう、おいしそう、いい香りがしてきました。
たまりません(*´-`)ヾ
つまみは何がいいでしょうね~。あぁ
Commented by umih1 at 2008-10-22 23:10
菫さん
池田晶子さん・・・やはり、菫さんも好きなんですね。
まだ若いのに亡くなってしまい、とても残念です。「14歳からの哲学」を初めて読んだとき、わかりやすい言葉で数々の疑問に対しての答えを読み、考えるということは大切なこと、というメッセージを感じました。「41歳からの哲学」はいつか必ず読もうと思っています。
でも残念です!もっともっと、同じ時代を生きたかったと。。。
Commented by umih1 at 2008-10-22 23:19
cumiさん
名前を変えたのですね。「k」じゃなくて「c」の方が可愛らしいですね。
そうでしたか、大江さんのを読んだんですね。大江さんはお若いころの小説がおもしろく、年を召してからの小説は時空が行ったり来たり、慣れるとこちらもまたおもしろいです。
大江さんは、本を丁寧にゆっくりお読みになるんですよ。意味の汲み取り方が我々とは全く違うような気がします。
ご存じと思いますが、息子さんの光さんは、素晴らしい音楽家です。CDを持ってます。今度、記事にして紹介しますね。
梨木果歩さん・・・けっこうファンは多いですよね。映画になりましたよね、あれ、えーと・・・「西の魔女が死んだ」でしたね。
Commented by umih1 at 2008-10-22 23:23
凡愚さん
>読書の秋でスモンね。
なぜ”スモン”はカタカナなんだろう(笑)。
読書の秋を謳歌したい・・・でも疲れ目でしてそれほど読めないんです。疲れ目知らずのスーパーメガネとか、ないですかね。
そういうのがあったら、少し高くても買います。誰か発明してくれないかな。。。などとくだらない事を考える酔っ払いです。。
by umih1 | 2008-10-19 21:22 | | Comments(12)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31