ブログトップ

わたしのソファー

こころの澱



ふらり と出掛けた先の河原でとった草花。
早速持ち帰り、ペットボトルの蓋に挿してキッチンに飾っています。
こんなちっちゃな花束に、心が柔らかくなるんです。




c0141335_22381179.jpg





誰にでも、心に沈殿している「澱」があるのでしょう。


言えなかったこと、言いたかったこと
傷ついたこと、傷つけてしまったこと
忘れたいこと、忘れてはいけないこと


赤ワインの底に沈んでいる澱は、
濃厚でいいワインに多く、熟成年数とともに、その澱の量も増えていくといいます。

しかし澱の味は渋く、口にする上澄みと混ざらないように飲まなければ、
おいしさが半減するといいます。
人によっては、澱が少し混ざっていたほうが旨みがあるということも。
高級ワインの種類によっては、澱まで美味なものもあるらしいのです。


人の魅力をワインの澱に例えれば、多ければ多いほど豊潤な魅力を放つのだろうと思います。

ただ、その澱を単に苦いものにするか旨みを含むものにするかは、
その人の考えかたひとつで全く違ってくるものなのでしょう。

若いうちはワインも澱がなく、酸味と渋みが強いといいます。

生きていくうちに自然と澱がたまり、
自らの香りを楽しむくらいの余裕のある大人になっていくのでしょうか。

私も、優雅とまでは言えなくても、芳しい香りを放つような生き方をしたいものです。



私が普段飲むような安価なワインには澱がありません。
澱を気にせず飲めるという利点がありますが、ちょっと寂しい気もします。
数年後、何かの記念の時に、ヴィンテージもののワインを奮発しようかなと思います。
[PR]
Commented by おやすけ at 2008-09-29 02:30 x
夕食後深夜まで眠り込んでしまい、気がつくとこんな時間。んで気がつくとうみさんの記事が。笑指の大きさからしてちっちゃな野の花の花束・・・・・可愛いですね。少女の姿になって花を束ねるうみさんの姿が脳裏に浮かびますね~にんまりしました。
澱は旨味の表裏一体で、これでもって全体なんでしょうね・・・。知った風なことを書くつもりもないっすけれども、なにかこう、人の心のありように似て、全体が溶け合い、複雑で微妙になればなるほど、本当の味わいがこみ上げてくるような・・・気がつくと芳しい香りがこみ上げてくる様な感じっていいですよね~。そうありたいけど程遠いなぁ・・・。ヴィンテージワインを奮発される時にはぜひぜひ~・・
私も普段は安いカリフォルニアワインとか、軽いものを飲んでるんで。
Commented by maron415 at 2008-09-29 09:49
「澱」ってなんて読むのだろうと…
(読めなくてもなんとなく意味がわかるのが日本語のいいとこかな)
右上の紫の花ね。この花はなんだろうと思ったまま忘れていたワン♪
Commented by ynagamori at 2008-09-30 00:37 x
かわいいお花。素朴な花って心が和みますねー
単純より いろんな紆余曲折や日々を重ねてる味の方が深いでしょうねーワインも人も。って言いながら 私も甘い安いワインしか飲んでいませんが・・・・・
Commented by オヤスケ at 2008-09-30 06:47 x
連続すいませんが・・・・。
澱>・・・・おり と読むんですがあまり深く考えていなかったのですね。横レスですが、類語を並べるとこういう意味のようです。
かす ・ よどみ ・ にごり ・ (細かな)チリ ・ 沈殿物 ・ 懸濁(けんだく)物 ・ 底にたまる・・・などという。 そういえば天使の分け前ってありますよね。少し醸造中に減っちゃう分。天使がいちばん美味しい所を飲んでるのかもですね~。(メルヘンすぎるかな笑)
Commented by umih1 at 2008-09-30 20:44
おやすけさん
小さい草花って可愛くて、誰かに見てもらおうとかそんな気もなく自己主張もないから、ほっとしますね。
色もきれいで。なんでお花ってこんなに可愛いいんだろう。
草花にしても花屋の花にしても、それぞれの香り、形、色という確立されたスタイルがあるというところに、おお、すごいな、なんて変なところに関心したりします。
意味不明ですね。
澱、というのは人の心に溜まる苦みのようなものの一つの比喩として使ってみたのですが、ワインに無理やりこじつけてしまったような。
でも、みんな澱というものがあるんですよね。で、それぞれ、カッコいい男や女が出来上がるんでしょう。
澱の溜まるような味のいいワインを飲みたいですね♪
Commented by umih1 at 2008-09-30 20:52
マロンママさん
澱>・・・・おり と読むんですが・・・って、↓のほうでオヤスケさんが先におっしゃっています(笑)。

この草花、3種類あるんだけど、どれも名前がわからない・・。
紫、ピンク系でけっこう可愛い♡
日曜日に摘んで、まだ咲いてるワン^^
車で走っていたら、あちこちできれいなコスモスが咲いてました。
とってもきれいだったな~。
Commented by umih1 at 2008-09-30 20:55
ynagamoriさん
うん、そうですよね。素朴な花って自分ではきっと、自分の魅力に気が付いていないような、無防備な感じがして可愛らしいですね。
ワインも人も、年を重ねるごとに旨みが増していくんでしょうが、全部が全部というわけでもないような気がします。
素敵に年をとる・・という言い方がありますが、その素敵とは一体どういう意味なのかしら?なんてことも思うんです。
辛いことや悲しみに対しては、抱えつつ折り合いをつけて生きていくしかないんでしょうけどね。
安いワインでもワインはワイン。いつもいつも高いワインを飲みたいとは思いません。スペシャルって感じが欲しい時だけで十分ですよね^^
Commented by umih1 at 2008-09-30 21:02
オヤスケさん
連続ありがとうございます。大歓迎でございます。
類語まで教えていただいて・・・懸濁(けんだく)物って言葉、初めて聞きました。
天使の分け前・・・いいですね~。一番いいところ、天使だったら笑って許せますよね^^
味見して、丸とかバツとか点数つけてたりしてね。
あ、これってやばくない?とか言って赤くなってたりしてね。あ、それじゃただの酔っ払いじゃないか!メルヘンおやすけさん、ごめんねぇ

ふふ・・可笑しい。
Commented by sunnyfields at 2008-10-01 10:17
かわいい色の秋の花ですね♪花教室のばーーんとしたアレンジとは別に、こうしてふと見つけたお花を活けるさりげなさも、とてもいいなぁと思います。
人って、色々経験してるほど魅力が出ますよね。話を聞いてても楽しいし~でもそれが前面に出て鼻についてはダメ。
なかなか難しいよね、さりげないふくよかさと言うか。
昔、よく行ってたお店が閉店の時に高いワインを出してくれて(て言っても5000円くらいか?)おぉぉぉ~と言うくらいに美味しくて。
懐かしいなぁ。
いつか一緒に美味しいワイン飲みましょう。あ~でも私は(体型と違って)薄っぺらい(笑)
Commented by 凡愚 at 2008-10-01 10:21 x
すごくいい記事っす(^◇^)感銘しました。一見飲みやすいほうがいいようにおもうけど物足りないんすよね(笑)深みや複雑な味わいを求めるのですよね
Commented by mitatejapon at 2008-10-01 12:58
むむっ、野花のミニブ-ケ、ジャケットの胸元にさりげなく挿したいですねえ。秋ですもの、メンズだってこのぐらいは許されますよね。。。

<私が普段飲むような安価なワインには澱がありません。
なにか良い出来事があった時などに、奮発されて、もう2~3千円出してみて下さい、その違いにきっと驚かれる筈ですよ。やっぱりこの値段の違いってそれだけの大きな理由があるのです。
その際にはグラスもちょっぴり良いものを準備することと、mitateに
連絡することもお忘れなく!!(笑い)
Commented by kisaragi87 at 2008-10-01 19:39
うみちゃん、こんばんは、
私は澱のあるワインに、まだおめにかかったことがなくて
ワインに澱があることさえ知りませんでした^^;
豊潤なワインのような味わいがある人
あこがれるなあ。
一時いっときを大切に積み重ねていけば、そうなるのかな、
ほろ苦い経験も味わいにできるようになればいいのだけど
今はまだ毎日に追われて、ドタバタしてばかり、
もうちょっとゆとりをもって過したいと思う日々です。
せめて、少しでも笑顔でいられるようにすごしてみようかな^^

日曜日ゆっくりできたのですか?
川原にも秋の花が咲いてるのね、かわいい♪
私の祖母も小さな花が大好きな人でした、思い出しちゃった^^
Commented by umih1 at 2008-10-01 22:41
sunnyfieldsさん
野に咲く花も可憐でいいですよね^^
いつもサニーさんのお花、楽しみにしてるんですよ。花の種類も多いし、ひとつひとつじっくりと見て楽しんでるの。
お庭の花にも愛情が感じられて、いいなぁ~って。花を見ていると時間を忘れてしまうね。
人の魅力って、外見に表れるのかもしれないけど、一概にそうとも言えないな~って思う。
じっくり話をしたり、時間をかけて一緒に過ごしてから分かる、いぶし銀のような人っていいよねぇ。
うん、鼻につかない感じでね。自分はそんなのになれるわけないから、そういう人を探そう(笑)。
お酒って高いものはそれなりの理由があるんだろうね。手間ヒマかかってるわけだから、その丁寧さをいただくってことで。
うんうん、一緒に飲もう!近頃は焼酎お湯割りですけどね♪
Commented by umih1 at 2008-10-01 22:42
凡愚さん
ありがとうございますぅ(⌒-⌒)
飲みやすいものは人でも酒でも気楽かもしれませんが・・・相性というものもありますしね~。
難しいです。人ひとりひとり、大きな宇宙ですから存在しているだけで深~いんですけどね、でもやっぱり生きてくんなら美味しく発酵したいものですね。
発酵って言い方、おかしいかな~?鼻をつまむような発酵はしたくないですけどね(笑)。
Commented by umih1 at 2008-10-01 22:43
mitateさん
さすが伊達男のmitateさん、ジャケットにさりげなく揺れる野の花・・・美女たちが振り向くことでしょう!
先日見た男性へのブーケは、渋めの色あいのラッピングペーパーにハッキリした色の花たちが収まっていて、フローリストさんのセンスに感心しました。
けっこう男性も花が似合うんですよね~。
いろいろ奮発するのは好きなんで(笑)、ラッキーな日においしいワインを飲んでみます。
うちにいいグラスってあったかな?雑貨屋さんに行ってみようかな?こうやって楽しみが増えるのね~^^はいはいもちろんmitateの分もね^^その時はおいしいおつまみ期待しております。
Commented by umih1 at 2008-10-01 22:44
kisaragiさん
ず~っと人のこころに残るものってあるな~と思って、それは実際のところ、脳の記憶装置に整頓されていくんだろうけど、そんな無機質なものではないし・・。
そんな事をぼんやり考えていたら、沈殿物とか澱とかのイメージになってきたのです。
私も澱の溜まっているワインは飲んだ事がないんですけど、うっすらと何かで読んだ事を思い出したのです。
降り積もるいろんな想いは、普段は静かにしているのに、何かのきっかけで揺さぶられ濁ってしまう・・・・・もうちょっと、どーんと構えなくてはいけないな~なんて思います。
もちろん他の皆さんもそうなんですが、kisaragiさんの魅力は文章や写真に溢れていて、私にとってはもうすでに味わい深いのです。

土曜日は結局仕事だったので、そのかわり日曜日はゆっくりしました。掃除も放棄しました。
部屋はきたないけど心はきれいにしました。なんちゃって^^
(トイレちゃんのお話・・・くすくす・・可愛いですね)
Commented by eaglei at 2008-10-04 10:34
ワイン大好きです。
今夜買って飲もうかな~~♪
澱がない安いカリフォルニアワインですけど^^

白のちょっとドライめが好きです。
Commented by umih1 at 2008-10-04 21:11
eagleiさん
こんばんは♪ 白ワインもおいしいですよね~。
食欲の秋・・・もちろんお酒もおいしくて、つい飲みすぎてしまいます。
お酒のない人生なんて考えられませんね?
乾杯♪
Commented by before_rain at 2008-10-05 16:44
花の名前、知らないです。
でも、全部見た(写真に撮った)ことあります。

深い言葉たちに、しんとしてしまいました。

ご無沙汰してます。
Commented by umih1 at 2008-10-05 21:47
雨ちゃん
ありがとう。お久しぶりです。
毎年咲く多年草の花を見るたびに、あぁ今年も咲いてくれたんだね、きれいだよ・・・と胸が締め付けられる時があります。
私の言葉に深さを感じるとしたら、それはきっとあなたの心象とクロスしたからでしょう。
なんとなくそう思いました。
by umih1 | 2008-09-28 22:40 | 思う事 | Comments(20)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31