ブログトップ

わたしのソファー

ヤンイー 「時が滲む朝」



文藝春秋を買ってきて、中国人作家ヤンイーさんの芥川賞受賞作を読んだ。
天安門事件の渦中にいた主人公たちの青春、そして日本に来た20年後の主人公の生活。
前半の大学生時代の主人公たちの純粋さや激しさは、学生運動やデモに全く無縁の私には理解しがたい。
しかし、これはあくまで主人公たちの青春とその後を物語るものであり、これはこれでおもしろく読めた。

私の想像力が足りないせいか、欲を言えば、日本に来て生活を始めた主人公の機微がもっと表現してあればなと思った。

ヤンイーさんは現在43~4歳らしく、文化大革命時代は幼少の頃で、政治に翻弄され大変な苦労をされたそうだ。
日本で生活しているときに天安門事件を知り一時帰国したそうで、ずっとこのことは書きたかったと言っている。

しかし本音を言えば、前作の芥川賞を逃した「ワンちゃん」のほうがおもしろかった。
私が女であり日本人であるからだろうか。

でも、次回の小説も楽しみだ。

インタビューの中でヤンイーさんが言っていたこと。
「日本の方には温かいところがたくさんあります。中国人には無神経なことろがあるから、日本人のこまかい気遣いになかなか気付かなくて申し訳ないんですけど。でも日本人はみな真面目で、なんでも重く受け止めすぎますね。もっと楽観的で無神経にならないと、生きていくのが難しいところもあるんじゃないでしょうか。」
(文藝春秋 9月号より抜粋)
[PR]
Commented by おやスケ at 2008-08-24 23:21 x
>もっと楽観的で無神経にならないと、生きていくのが難しいところもあるんじゃ・・・

その通りで、日本人が世界一、心身ともに生きていくのが困難になっておりますね。楽観的で無神経でいられなくなったのはいつからなんでしょうかね・・・・けっこう昔から・・?
悲観的で神経質な日本人の製品を作っているのは主に中国だったりして、ここには色んな摩擦や苦労が横たわっておりますね。
結局、バランス感覚がないと、日本人的も中国的も、どんどん病んでいくような気はします。
Commented by umih1 at 2008-08-25 21:17
おやスケさん
楽観的で無神経になれといわれても、なれないでしょうね。違う意味での無神経さはむしろ増えてきているような気もする。
まぁ、いちいち細かいことを気にしないって事でしょうかね。難しくてよくわかりません(笑)。
北京オリンピックでの開会式なんかの口パク事件なんか、無神経を通り越してますね。あれは一体なんだったんだろう・・・。
Commented by at 2008-08-26 02:14 x
素敵なブルーの壁紙・・!朝の海かなぁ?

芥川賞を取った時、わー、うみちゃんって先見の明がある!って思いましたよ。「わんちゃん」も「老処女」も良かったよね~。受賞作品はまだ読んでないけど、オリンピックも終わった事だし読んでみよっかな。
Commented by umih1 at 2008-08-26 21:37
菫さん
壁紙・・・菫さんとこも浦島太郎ふうな可愛いイラストで、いいですよね。
ヤンイーさんのわんちゃんと老処女はおもしろかったね。今回のは・・・うーん・・・読んでみてください。審査員たちのコメントを読んでいたら、今回はこれ!というかんじではなかったみたい。感じ方って本当に人それぞれだな~と、むしろそれらのコメントがおもしろかった。。
Commented by eaglei at 2008-08-26 23:32
文藝春秋って、僕にとって嫌いな月刊誌なんですが・・・。
この記事を読んで、読もうと思いました。
たぶん図書館で~^^

ヤンイーさんに興味を持ちました。
うみさんの記事には、惹き込まれてしまいます♪^^
Commented by umih1 at 2008-08-26 23:45
eagleiさん
ありがとうございます。
好きな雑誌や嫌いな雑誌、新聞・・・やっぱり人それぞれにありますよね。私は文藝春秋なんてめったに手にとりませんが、芥川賞の発表の時は立ち読みします。でも今回は買いました。
少しは中国のことがわかったような気がしました^^

Commented by at 2008-08-27 01:05 x
早速、今日立ち読みしました、文藝春秋。私も、審査員のコメントから読んじゃった!

せっかく亀の壁紙を可愛いって言われたのに、今日寒くて気分的に変えてしまいました・・・。うみちゃんのreコメント読む前にですぅ。
Commented by umih1 at 2008-08-27 21:04
菫さん
え~~私は審査員のコメントより先に、小説読んだよ~。
審査員の中に東京都知事さんがいらっしゃるでしょ?この人のコメントっていつもあんまり褒めないのよね。何年か前の金原ひとみ(ひろみ?)の「蛇にピアス」が芥川とったときなんか、ボロッくそにけなしていた記憶が・・・。笑えました。
お盆が明けてから随分涼しくて、なんだかもう秋??って感じですけどね~菫さんもうすぐ2学期だね。可愛い生徒に会えるねっ!
Commented by 凡愚 at 2008-08-28 19:30 x
最後のインタビューの楽観的で無神経にならないと生きにくいって面白いこと言いますね!
Commented by umih1 at 2008-08-28 21:26
凡愚さん
この場合の無神経さって、ケセラセラな感じのことなんでしょうね。だから日本は鬱病で苦しむ人が多いのでしょうかね?
楽観するって大切だなと思います。結構わたしはくよくよするもんで(ほんとです~)。
by umih1 | 2008-08-23 23:30 | | Comments(10)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30