ブログトップ

わたしのソファー

恋も2度目なら・・・



さくらんぼの山形に行って帰ってきた。
さくらんぼはもう季節ではないので食べられなかったが、スイカと枝豆がおいしかった。
枝豆は、「だだちゃ豆」というものが有名らしく、TVでも紹介されていた。
だだちゃ豆は味も美味だが、なんといっても体にいいらしい。
祖母の家で食べた枝豆はそのだだちゃ豆かどうかは不明だが、とにかくおいしかった。


山形の祖母が住む所から、徒歩で20分ほどのところに、「大の目温泉」という小さな旅館がある。
そこへはよく行くのだが、数年前からシャワーの調子が悪くなった。
今度こそ直っているだろうと行ってみると、まったく直っていない。
今回は、一番良くないシャワーしか開いていなくて、しぶしぶそれを使ったら、水か熱湯しか出ない。
丁度いい温度にすべく、お湯と水の蛇口を開くのだが、その場合水しかでない。水を止めると熱湯しかでない。
しかも勢いがない。
しかたない、これは苦行であると思いこみ、黙って冷たいちょろちょろ水を使った。
温泉のお湯はこれまた熱湯に近く、人々は10秒ほどであがる。長くて1分。
私は水で冷え冷えになったおかげで長く温泉につかっていられた。
脱衣所で何気なく顔をあげると、若乃花と双子山親方の堂々たる写真と、有名な野球選手(名前は知らない)の写真が飾ってあった。ここの温泉は結構有名なのかな。有名な割にはシャワーが・・・。おばさんも愛想がない。まぁ300円だしな。などとぶつぶつ。
朝晩は涼しく、帰り道は山々を見ながらで大変に気持が良かった。


祖母は5月に会った時よりもずっと元気だった。
かつ丼やサラダ、海苔巻etc・・・食欲もあり安心した。
毎回親戚に車を借りて、重い物やかさばる物をまとめ買いするためにスーパーに行く。
カートにつかまって、ゆっくり歩く祖母に話しかける時は、祖母の耳に口が付くくらい近づいて話をしなければならない。
そうするとどうしても立ち止まってしまい、後ろを歩いている人にいやな顔をされたり、真中で立ち止まるなと言われることもある。
はいはいすみませんねー・・・。耳が遠いのは、何よりも本人が気の毒だ。当て推量で会話をするのでちんぷんかんぷんだと笑われるし。聞き返せばうんざりされる・・・。
いつものようにカートを押す祖母の耳に向かって話をする私を、じっと見つめる女性がいた。目が合うと大きく頷き微笑まれた。わかるわよ、とでも言うように。


ひ孫ふたりと祖母の会話。
「○ちゃんは、恋人いるのか? いるんだべ?」
「いないよ。」
「あらら。早くできるといいねぇ~。ばあちゃんはよ、初恋が16歳だったかな~でもその人は事故で死んじゃったのよ。」
「えぇ!悲しいね…」
「んだよぉ、もうショックでよ~。んで、2回目はよ~」
「ええ、もう次?!」
「うん、2回目はよ、ばあちゃんのお父ちゃんの弟子を好きになってよ、向こうもほれ、好きになってくれて、でもそういう感じってみんなわかるべ?
んだからお父ちゃんはまだ嫁に出したくなくって、その弟子を首にしちゃったのよ~。田舎に帰れって。別れの日は二人してオイオイ泣いて、しかもそれを、
ばあちゃんの両親は2階から見てたんだじぇ~。ひどいったらね~。でも今考えると、オイオイ泣いてるのを上から見られてたっていうのが可笑しくて、アハハ!」

この、2番目の恋の話は何回も聞いた。
よっぽど惚れた人だったんだな~まぁ、思い出は美化されるんだろうが、そういう思い出の二つや三つあるのはいいものだなと思った。

母が眠るお墓の草むしりもしたし、仏壇の掃除もしてきた。
祖母も元気だったし、良かったな~という帰省だった。
[PR]
Commented by sunnyfields at 2008-08-13 22:23
おばあちゃんの恋の話、しびれるね~
昔はそういう事あったのでしょうね。
うちのおばあちゃんはボケちゃってからやはり好きだった人の話をしていましたよ。
そしておじいちゃんなんて怖くて厳しくて大嫌いだったとかさ~あはは~昔の九州男児、しかも炭鉱の親方だった祖父なので~
ところでコメント読んでビックリ。
私、自慢じゃありませんが、子供産んでもうすぐ6年。6年かかって体重が出産時と並んでしまいました。
もともと痩せてるわけじゃないので、困ってしまいます。
お酒も甘いものも美味しいものも大好きだからね~
Commented by syenronbenkei at 2008-08-13 23:53 x
誰だか思い出せないんですが、いわゆる純文学といわれる中の、、、の文体を読んでいるような気になりました。
うみさんの帰省日記じゃなくて、小説を読んでる錯覚。
で、そんなふうに読むと、すごく深い意味が込められてるんじゃまいかと思えてきたんですが、現在考え中。
まあ、たいがい考えながらいつの間に眠ってしまって、何を考えていたか忘れる僕なのですが。
実を言うと3度読み直したんですよ。
すごく上手な文章だと思います。
Commented by おやスケ at 2008-08-14 01:24 x
うみさんお疲れ様。ばあちゃんが喜んでくれてよかったですねぇ。
どこかオムニバス形式になってる所が意識的なのかどうかわかりませんが、四国の作家さんを思い出しました。
四万十川を題材にした・・・えと、誰だっけか・・・失念。
最近物覚えが悪くて・・・。
Commented by ynagamori at 2008-08-14 01:40 x
おかえりなさい。おばあちゃんがお元気で・・・たくさんお話できて
良いお盆をお過ごしですね。 女の人は この世に居なくなるまで
何人かの人のことを昨日のことみたいに思い出したりしているもの
なのでしょうね~~  

 今度行かれる時には、うみさんが思いっきりシャワーあびれますように!!
Commented by bunkasaba at 2008-08-14 22:16
早めに帰ったのはよかったですね。
スイカは暑かったせいか、当たり年でしたね。うちでも尾花沢西瓜を今年何個も買いました。大の目温泉って、流通センターの近くではなかったでしたか?私もかれこれ20年以上前、一度行ったことがある気がします。山形6中の近くにも住んでいたことがあり、割と場所は近かったですね。
Commented by umih1 at 2008-08-15 09:18
sunnyfieldsさん
昔は親に反対されれば、諦めるか駆け落ちしかなかったのでしょうね。成就しない恋はいつまでも淡く思い出深いんでしょう。

>お酒も甘いものも美味しいものも大好きだからね~
そうそう仕方ないですよ。どうしても摂取カロリーは多くなってしまいます。でもどうしてもスレンダーなママという想像が・・・。
とくに鎌倉あたりは、おいしいお店がたくさんありそうですもんね。
はい。甘いものも辛い物も酒も止められません。
Commented by umih1 at 2008-08-15 09:23
セイロンさん
えー!?そんなに褒められるとは・・・びっくりです。ありがとうございます。
小説家さんはたくさんおられるので一体どの人か・・・まったく見当がつきません。

・・・深い意味が込められている・・・書いていないこと、書けないことというものの存在をセイロンさんは感じているのでしょうか。まぁでもそんなに大した事じゃあないですけどね^^
Commented by umih1 at 2008-08-15 09:28
おやスケさん
えぇ!?四国の作家ですか・・・?ううむ。
四万十川と聞くと、どうしてもカヌイストの野田さんを思い出します。犬のガクくんは死んじゃったんですよね・・。椎名誠さんの写真集にガクがよく写っていました。
四万十川とても美しい川ですね。私は一度も四国へ行ったことはありませんが、機会を作ってぜひ旅をしたい場所の一つでもあります。
Commented by umih1 at 2008-08-15 09:34
ynagamori さん
そうですね、女性はいくつになっても女であった記憶を忘れることはないのでしょうね。
でも結局人って、生涯にどんな人に巡り合えたか、どんな事をしてあげたかっていう事しか残らないよな気がします。

水シャワーは、夏といえどもつらいものですね。トホホ
Commented by umih1 at 2008-08-15 09:41
bunkasabaさん
大の目温泉ご存じですか!そうです流通センターの近くです。
6中は私も行くはずでしたが、千歳小学4年生の時、山奥に越したため通えませんでした。祖母は親戚が千歳にいるのでこちらにまた越してきたのです。
大の目温泉は湯治にくる人もいるらしく、2週間くらいつづけると効果が表れるらしいですよ。肩こりや皮膚炎・・・まぁオーソドックスですけどね。
by umih1 | 2008-08-13 13:50 | 家族 | Comments(10)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31