ブログトップ

わたしのソファー

本いろいろ Ⅰ



今週火曜日に借りてきた本。


c0141335_2110663.jpg



白洲正子さんの随筆は、読むのが楽しい。
河合先生との対談集は読みたかったので、見つけられてラッキー♪だった。
ぱらぱらしてみると、対談のなかで、白洲さんのこの本「両性具有の美」についても語られているので、先にこちらから読もうと思う。


図書館の予約は、自宅からウェブで予約できるのだが、自分のパスワードをすっかり忘れてしまい、また再発行してもらった。
そしてその夜、そそくさと予約したのは今回の直木賞作品「私の男」と、芥川賞の「乳と卵」。
「私の男」は、蔵書数5冊で140人待ち。  
「乳と卵」は、蔵書数2冊で50人待ち。

それほど ”読みたい!”とは思わないので待つのは全然苦痛ではない。


で、話は戻るが、「両性具有の美」の表紙は、興福寺の阿修羅像正面。
極悪非道を働いたとは思えぬ端正なお顔。
のちにブッダの悟りに触れ改心したのだが、この苦悩顔にはファンがたくさんいることだろう。
以前買った雑誌から。左側の唇を噛みしめているお顔と、右側のお顔。


c0141335_21272659.jpg


c0141335_21284387.jpg




子供が来月、修学旅行で奈良と京都に行く。
見学コースはそれぞれの班で、自分たちで決めるそうなので、奈良ではぜひ興福寺に行くように勧めたが・・。
文殊菩薩様でも拝んで、賢くなってくれればねぇ。
[PR]
Commented by おやスケ at 2008-05-30 21:47 x
おお~!両方読みたいですねぇ!地方過ぎる地方の図書館に
あるかどうか・・・。しくしく。
阿修羅像の顔・・・キンニクマンに阿修羅が出てきます。一つの顔が
善に目覚めて、抵抗する所があるんですよ。ほとんど関係ないでしたね、ごめんなさい・・・。
興福寺!ぜひ又T-シャツでもゲッツしてくだされ 笑。
Commented by chirumegu at 2008-05-30 22:03
阿修羅像のお顔・・・どちらも、す・て・き♥です。
私好みです。

でも、修学旅行も変わりましたよね。
見学コースを自分達で決めるって・・。うちの子たちもそうでした。
修学旅行って、団体で動くからいいところもあるのに。
ますます、バスガイドさんが暇になるような気が・・・。

河合隼雄さんとの対談の方も、気になるなぁ・・。

で、↑ ↑ の画像・・じろちゃん・・^m^
かわぃぃ♥

いらんこと言ったから・・・わし。
苦労かけてばっかで・・(-公-、)
なんちゃって(● ´艸`)
Commented by bunkasaba at 2008-05-30 22:49
山形の、たしか寒河江周辺の何とか寺?にも、結構な数の国宝級の仏像があるんですよね。「トランヴェール」という新幹線に乗ると置いてある冊子で特集していたことがありました。仏像の顔には味がありますね~。
Commented by umih1 at 2008-05-30 23:03
おやスケさん
河合センセのこの本は、お読みになってないのですか。
たくさん著書がありますからね、全て読んだぞという人っているんでしょうかね?
図書館にリクエストしてみたらどうでしょう。税金を払ってるんだし、正々堂々とリクエストできる本だから、大丈夫ですよ。
白州さんの本もシリーズで揃っているのですが、ボロボロなんです。写真もきれいで、観ているだけでも楽しいですよ。
筋肉マン・・・あぁ、あの漫画に出てましたか。キンニクマンて、薄ピンク色の肌が生々しくて可笑しいですよね。
阿修羅Tシャツがあったら、ええ、即買いですよ!!
お揃いでいかがでしょう(笑)?
Commented by umih1 at 2008-05-30 23:12
chirumeguさん
で・す・よ・ね~~。阿修羅さまったら悩ましげなお顔で。少年のようなお顔で、そして凛としていて・・。いいですね。
わたし、バスガイドさんに憧れます。だって、やっぱりバス旅行や修学旅行といえばバスガイドさんでしょう。
唄も上手で話も上手、きれいで楽しくて、写真なんか一緒に撮ったりしてね。
京都でも班行動なんですが、シルバーボランティアさんに案内をしてもらうそうですよ。それもなかなかいいですよね。

ジロウの写真・・・はい!chirumeguさんのリクエストにお答えしました^^。
でもこれは暗い所で携帯で撮ったから、きれいじゃないんですよ。ブログ始めた頃に、載せてた写真です。。。
  いらんこと言ったから・・・わし。苦労かけてばっかで・・(-公-、)
あぁ、chirumeguさんのこういうとこ、すてき。かわい~♡
奥にいるポメラニアンのラニぞうもヨロシクです!
Commented by umih1 at 2008-05-30 23:19
bunkasabaさん
山形も、古いお寺が多いですよね。寒河江市は結構山形市に近いので、そのお寺に行ってみたいです。国宝級の仏像ですか。調べてみますね。
あ~そうそう。「トランヴェール」って冊子は新幹線で必ず読みます。私が読んだ記事は、山梨県のワイン特集でした、確か。国産ワインは輸出されるようになったし日本食ブームなので、海外でも話題になってるようですね。
仏像は、年代によって作成方法や流行りの体型などがあるらしく、奥が深いですね。この阿修羅像は、身長が153~4cmらしいです。奈良県では、興福寺と薬師寺に行きたいです。
Commented by syenronbenkei at 2008-05-31 00:04 x
仏像ってまったく知らないんですが、たしかに見ていると癒されるものがありますね。
うみさんは詳しそうだし興味もすごく持ってそうだし、そういう目で見るとまた違ったものを感じることができるのでしょうか。

僕の中学の修学旅行は京都奈良でした。
なにも修学しませんでした(笑)
Commented by mitatejapon at 2008-05-31 11:36
うみさん,こんにちは.
↑の,寒河江市のお寺,慈恩寺ではないでしょうか.
国宝はなかったような記憶がありますが,重要文化財の宝庫なんですよ.奈良時代に建てられた古刹で,こちらの十二神将像は海外での評価も高く,ボストン美術館に渡ったときはすばらしい評判だったそうです.こちらの三重塔も一見の価値有りですよ.サクランボ畑の真ん中にある素敵な場所で,近隣の方々にとっても愛されているお寺なんだろうなあという印象を受けました.    以上,現場レポートのmitateでした.  ciao!!


Commented by umih1 at 2008-05-31 17:13
セイロンさん
興味はあるんですが、ぜんぜん詳しくないんです。
でも確かに、観ていると心が落ち着きますね。穏やかになります。
作った人の想いもあるだろうし、人々が仏様にすがる想いも蓄積されているような気がします。
毎年、仏像写真のカレンダーを買ってます。家族には笑われますが~。
修学旅行、わたしも奈良京都に行きましたが、清水寺と友達と騒いだことしか覚えてません。
今考えるともったいないな~と思います。
Commented by umih1 at 2008-05-31 17:17
mitateさん
レポートありがとうございます。
わたし、慈恩寺って聞いた事があるんですけど・・・有名なんでしょうね。ボストン美術館ですか、凄いですね。
十二神将像は、見ごたえがありますね!是非行きたいです。
いや、きっと行くでしょう!
そういえば山形といえば、さくらんぼですね。さくらんぼ・・・お好きですか?おいしいですよね♪
Commented by eaglei at 2008-06-15 13:05
こんにちは~ うみさん♪
ご無沙汰しております、お元気ですか~。

少し前に読んだYomiuri Weekly に茂木さんが、
青山二郎さんと白州正子さんに関して書いていました。
二人のことを感性鋭い人だと、評価していました。

僕は二人のことを全然知らないんです。
再びここで、白州正子さんの名前を見つけて興味を持ちました。
僕も図書館へ行って、著書を見つけてきますね~^^

Commented by umih1 at 2008-06-15 18:25
eagleiさん
こんにちは。お久しぶりです。

白洲正子さんには、今ハマってます。とにかく深い、潔い、切れ味抜群の日本刀のような女性です。あの白洲次朗さんの奥さまです。
青山二郎さんと小林秀雄さんに鍛えられた審美眼は、陶器や仏像などの日本的な美に対する心を取り戻させてくれますし、わたしなぞ知らない事ばかりで、ほうほうと感心するばかりです。
イーグルさんも是非! おもしろいと思いますよ♪
by umih1 | 2008-05-30 21:34 | | Comments(12)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31