ブログトップ

わたしのソファー

砂丘の上



 砂丘の上    室生犀星


 渚には蒼き波のむれ
 かもめのごとくひるがへる
 過ぎし日はうすあをく
 海のかなたに死にうかぶ

 おともなく砂丘の上にうづくまり
 海のかなたを恋ひぬれて
 ひとりただひとり
 はるかにおもひつかれたり



 室生犀星は、海の彼方に何を見ていたのだろう。

 例えばひとりで海を目の前にする時、
 凡庸な私はきっと、遠く離れた愛しい人の名を呟くだろう。
[PR]
by umih1 | 2008-05-25 17:19 |
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30