ブログトップ

わたしのソファー

梨木香歩 「村田エフェンディ滞土録」


村田エフェンディ滞土録 (角川文庫 な 48-1)
梨木 香歩 / / 角川書店




時代は明治。
考古学研究の為、西と東の接点である土耳古(トルコ)に渡った村田と、
彼と同じ寮に住むギリシア人、ドイツ人、イギリス人、
そしてトルコ人とその鸚鵡の話である。
世界第一次大戦に向かう情勢と、異国の人たちとの友情。


その中で心に残った、ギリシア人が村田に言った言葉・・・
テレンティウスという古代ローマの劇作家の作品に出てくる言葉。
「私は人間である。およそ人間に関わることで私に無縁な事は一つもない。」
また、セネカという人がこの言葉を引用してこう言っている。
「我々は、自然の命ずる声に従って、助けの必要な者に手を差し出そうではないか。
この一句を常に心に刻み、声に出そうではないか。」


・・・彼らは、全ての主義主張を超え、民族をも超え、なお、遙かに、
かけがえのない友垣であった。
想いの集積がものに宿るとすれば、私達の友情もまた何かに籠り、
国境を知らない大地のどこかに、ひそやかに眠っているのだろうか。
そしていつか、目覚めた後の世で、その思い出を語り始めるのであろうか・・・・・



この文庫の解説で、
「物語という鏡に映して、初めて『今、ここ』のことがわかる。
自分自身の隠された本質に出会うためにこそ、
私たちは村田エフェンディの物語を必要とするのである。」
と、茂木健一郎氏が書いている。


だから物語は求められるのだろう。
自分を映す鏡でもあるのだ。

様々な想いの集積がいたるところにある。
私が立っているこの場所にも・・・・・。
[PR]
Commented by おやスケ at 2008-04-27 22:22 x
人の無意識の領域には、共通の「元型」・・・神話的世界があるといいます。ユングを中心とした考えですが、まさに、今、ここ、自分の輪郭が
見えてくる・・・には、物語が必要なんだと思います。
梨木 香歩も茂木さんもユングも何か同じ所を見ているように
感じます。読んでみたいですね~!
Commented by umih1 at 2008-04-27 23:03
おやスケさん、河合さんの昔話の深層という本にもありましたが、童話や物語は人の心の深層を映し出すという意味が、よくわかります。
どう生きてゆくかどう自己実現してゆくのか、考えるきっかけにもなると思います。共通の元型としての神話的世界は、たとえば各国の昔話を読むとよくわかります。むかし夢中で、いろんな国の昔話を読みました。児童書っておもしろいですよ~。
梨木さんの小説は、「家守綺譚」が一番好きです。エッセイも素晴らしいですけどね。

Commented by bongu04200420 at 2008-04-28 12:46
だから物語は求められるのだろう。自分を映す鏡でもあるのだ。
すごいですね。じつはお経も物語みたいになっているんですよ。
こんな言葉もあります。経(きょう)は鏡(きょう)なり。
鏡なんですよ(●^o^●)
Commented by before_rain at 2008-04-28 20:16
うみちゃん
こんばんは♪
人のこころの内面に迫る文章はたくさんあるのだろうけど
共感します。
そして 今夜はちょっと 言いにくいことを
書きに来ました
先日置いて行った友だちのアド
使わないのなら返してください。

いつだったかうみちゃんに
「雨ちゃんの想いは 届いているのかな?」と
尋ねられた時 正直 ぐっと詰まりました。
届くはずもないからです。
現象は常に自分の心に内在します。
自分にとって友だちは あくまで仮想なのです。
自分の想いも架空でしかありません。
斟酌は無用です。
それでも ためらいアドを生かすことが もし
うみちゃんに出来ないのなら 今すぐ
返してください。

ここは 「大好き」も「大嫌いも」変換可能な
ブログの世界です。
「それから」はそれぞれのあり様で変化するのだと。

いつだって自由な発想の海に 漂える
あなたに アドを託したと思ったのは
間違いだったのかと 思えて仕方ないからです。
Commented by umih1 at 2008-04-28 21:21
凡愚さん、お経も物語ですか・・・。成程。
今、会社のお昼に読んでいるのは、お経の解説書なんです。でも、会社に置いてきちゃったんです。長期連休なのでまた最初から読まなくては。
経(きょう)は鏡(きょう)なり。
う~~ん、そうなのですね。おもしろいな。
Commented by umih1 at 2008-04-28 21:25
雨ちゃん、ごめんね。まったく私には分かりませんでした。
託されたとも感じた事はありませんでした。申し訳ないです。
どうやってお返ししたらよいのですか?
すみません、意味がわかりません。
Commented by mimizu_biki at 2008-04-28 22:59
物語っていうのは、現在に思い上がることを戒めるためにあるのかな、とか。
Commented at 2008-04-28 23:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by umih1 at 2008-04-28 23:39
mimizuさん、病み上がりなのでは?無理しないでくださいね。
思い上がることの戒め・・・あぁ、そうですね・・・。
大切なものは目に見えない、そう云う事ってどんな人にでも共通する事ですしね。
Commented by umih1 at 2008-04-28 23:40
雨ちゃん、いつもありがとう。
わからない人でごめんなさい。。。
by umih1 | 2008-04-27 10:04 | | Comments(10)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30