ブログトップ

わたしのソファー

海外長編小説


考える人 2008年 05月号 [雑誌]
/ 新潮社





「考える人」 春号を買った。

特集は、海外の長編小説ベスト100。

「わたしの海外長編小説ベスト10」 では、
翻訳家や文学者129人に大アンケートを行っている。

池澤夏樹さんのインタビュー記事も良かった。
俳優の児玉清さんのベスト10は、ほとんどが私の知らない作家ばかり。
トーマス・マンやヘッセならわかるけど、レオン・ユリスって?ネルソン・デミス?
あとは、河合隼雄さんのベスト10も載っていれば楽しかったのにな・・・・・と思う。

その129人のアンケートの集計ベスト10は以下の通り。

1位 「百年の孤独」 ガルシア=マルケス
2位 「失われた時を求めて」 プルースト
3位 「カラマーゾフの兄弟」 ドフトエフスキー
4位 「ドン・キホーテ」 セルバンテス
5位 「城」 カフカ
6位 「罪と罰」 ドフトエフスキー
7位 「白鯨」 メルヴィル
8位 「アンナ・カレーニナ」
9位 「審判」 カフカ
10位 「悪霊」 ドフトエフスキー

1位のガルシア=マルケスはコロンビア人作家で、ノーベル賞を受賞している。
読みたいと思っているけれど、文庫がでてからかな。
「カラマーゾフの兄弟」は、亀山郁夫さんの新訳で昨年出版された文庫を購入した。
来週からの連休に読む予定。わくわくする~。


恥ずかしながら私のベスト10は、順位なしで以下の通り。(思いつくまま)

「レ・ミゼラブル」 ビクトル・ユゴー  (泣いた泣いた)
「嵐が丘」 エミリ・ブロンテ   (3回は読んだ。泣いた)
「冷血」トルーマン・カポーティ   (怖い。事件より作者の緻密さが怖い。)
「ゲド戦記」 グウィン   (特に4巻と5巻が好き。)
「本当の戦争の話をしよう」 ティムオブライアン   (村上春樹訳。戦争はヤダ)
「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー   (春樹訳も読みたい)
「パルムの僧院」「赤と黒」 スタンダール   (高校生の時に嵌った。酸っぱい)
「愛人 ラマン」 デュラス   (これも高校生の時。甘い異国の禁断の実)
「指輪物語」 トールキン   (映画も観たが、原作通りで映画も素晴らしい!)
「秘密の花園」 バーネット  (これは娘たちも愛読。好きってしか言いようがない)
「ひとりごとのように」 タマーロ    (似ている感覚に惹かれる)
「白夜」 ドフトエフスキー   (朧月夜・・・儚く)
「蜘蛛女のキス」 ?   (これは映画から観た。切ない)
「白い犬とワルツを」 テリー・ケイ    (素敵・・・。こんなふうになれたら)
「朗読者」 シュリンク?  (ドイツ人作家。これは辛かった。辛い本第一位。)

10冊以上になってしまったが、
カポーティは好きで、「遠い声 遠い部屋」「草の竪琴」もいい。
ブラジル人のパウロ・コエーリョも大好きな作家だ。

私は短編も好きで、
日本で映画にもなった「停電の夜に」のラヒリ(超美人のインド人)、
村上春樹訳のレイモンド・カーヴァー、
アン・ビーティー(女性向きかも)、
ラッセル・バンクス(この人の短編はたったひとつしか読んでいないが、すっかりファンになってしまった!)
が今気に入っている作家だ。



こうしてずらずら書いていると、自分は本ばかり読んで、
自分の足で人生を歩んでいないような気がしてくる。大袈裟だけど。
本は好きだが、書を捨てよ街に出よう の方がいいと本当は思っている。
家と職場の往復、日々繰り返しのなかの当たり前の日常が幸せなのであり、
その日常を彩るのは、映画であったり音楽や本、花、犬・・・・・。
なんて恵まれてるんだろう。
でも、もっと街に出て、いろんな事を自分の目で見て触れて、いろんな人と関わりを持ったほうがいいんだろうな。
職種を変えればまた違ってくるんだろうか。
[PR]
Commented by bunkasaba at 2008-04-20 21:48
カラマーゾフの兄弟を購入して何ヶ月も経ちましたが、まだ1冊も読めていません。前も同じトコで止まっているんですよね。話が長くてなかなか核心に入りません。。。
本って、読まないときは全く読みません。疲れてくると、固めて読むのですが、老眼が入ってきたせいか文庫の字がつらいです(汗)。
Commented by at 2008-04-20 23:11 x
海外小説は、うみちゃん英語の勉強をしてるから、感覚がはまるんでしょうね~。私は高校生から大学生の頃、一番読んだかな・・。児玉清さんのお薦めの、ダニエル・スティールは面白かった。うみちゃんお薦めの「朗読者」も良かった。ゆっくーり、頭空っぽにして読みたいな・・小説。
Commented at 2008-04-20 23:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by syenronbenkei at 2008-04-20 23:22
他人様のブログでさらに他人様の名前を出すのはあんまりしたくないんだけど(なんか失礼に思えて)、うみさんの傾向を見てるとホントcazorlaさんがダブって・・・。
ガルシア=マルケスもcazorlaさんがイイ!って紹介してたもんだから。
で、「蜘蛛女のキス」も勧められたのよ。
気を悪くしたらごめんなさいね。

本を読むことは悪いことじゃないと僕は思います。
子ども達にも読書はするように言ってます。
ただ、ハウツー本の類はあんまり意味ないんじゃないかなとは思いますが。

そうそう、「停電の夜に」は見ますた。
おもしろかったよね。
Commented by umih1 at 2008-04-20 23:41
bunkasabaさん、長編小説は続けて読まないと、特に海外の古典なんかは登場人物の名前が混乱したりして、わけが分からなくなりますよね。
登場人物紹介のページに付箋を貼ったりして・・・笑。
特にロシア人の名前にはまいってしまいます。人数多すぎるし!!
bunkasabaさんは連休とれそうですか?わたしは11連休なので、の~んびり読めそうです。
Commented by umih1 at 2008-04-20 23:49
菫さん、くっすん。先日のTOEICの結果は、期待していたよりも点数が低くてショック!だった~~。くっすん。
ダニエル・スティールさんか~。どんな本かチェックしてみます♪ 児玉清さんは、フランス語もできるんでしたよね。凄いですね。。。
朗読者、読んだんですね!せつないですよ。やるせなくなりました。その女の気持ちがわかります。アンネの日記も辛いけれど、こんな人生もあるのかもと思うと、やりきれないなと思いました。
Commented by umih1 at 2008-04-20 23:54
セイロンさん、ありがとうございます。
うん・・・謝れなかったんです。もういないから。
でももう仕方ないんだって事はわかってるけど・・・心にはぐずぐずしてる部分があって、そこに、嵌ったままになってるんだよね。
もう考えても仕方ないくらいに考えたから、もう、いいのかな・・。うん。
Commented by umih1 at 2008-04-21 00:03
またまたセイロンさん、
cazorlaさんはお休みされているんですね。異国での暮らしってどんな感じなんだろう。もうそれだけで尊敬してしまいます。。。
セイロンさんの好きな作家って誰でしょう。お母さん?

停電の夜に の映画、良かったんですか~。原作を読むと、この感覚を映像にするのはどうだろう、難しいんでは?と思うのですが、良かったんですね。
Commented by syenronbenkei at 2008-04-21 00:18 x
再々、すみませんです。
なんかおかしいなと思ったから調べてみたんだけど、「大停電の夜に」ですた(笑)

僕の好きな作家、、、安部公房、吉行淳之介、村上春樹、村上龍、芥川龍之介、井伏鱒二、開高健、遠藤周作、江國香織、椎名誠あたりが、とりあえず本棚の背表紙が見えてる分です。江國香織をのぞいて、全部昔に買った本ばかりだけど。
Commented by umih1 at 2008-04-21 21:54
セイロンさん、ありがとうございます。 好きな作家、へぇ!そうなんだ~と思ったのは、椎名誠さんです。わたしも好きで、一時期は椎名さんが発行していた「本の雑誌」も毎月読んでいました。岳物語や、写真集が気に入ってます。
井伏鱒二さん以外は私も持っています。安部公房は「砂の女」「壁」です。おもしろいですよね。開高健は「裸の王様」だけです。どんなだったか忘れました。安部公房さんは、もう一度読みたいです。
大停電の夜に・・・も、観てみようかな?
Commented by 6v6 at 2008-04-22 19:00 x
こんにちは~^^
海外の長編小説、面白そうですね!!わくわくしちゃいました。
うみさんはたくさん、海外の長編小説を読まれていますね!
『百年の孤独』。。!ぜひ読んでみたいです。文庫本、まだなんですね。あ、宮崎の焼酎でも同じ名前のものがあるらしいですね!^^大麦焼酎らしいです。こちらにも惹かれます(笑
Commented by umih1 at 2008-04-22 23:22
6v6さん、こんにちは♪
焼酎の名前、百年の孤独 って凄いね!カッコよすぎるな~飲んでみたいね。
ガルシア=マルケスの本は9冊出ているんだけど、み~んな2,000円から3,000円くらいするんだよ~。
高いなと思うけど、一冊くらい買ってみようかどうしようか、実は悩んでます。う~ん。
by umih1 | 2008-04-20 21:34 | | Comments(12)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31