ブログトップ

わたしのソファー

ルーミー 愛の うた



YO-YO MA さんのCDに入っているブックレットに、ある一編の詩が載っていた。
とても心を打たれたので、一部抜粋します。



詩:ジャラルッディーン・ルーミー


初恋の物語を聞いたそのときから   私はあなたの姿を探し始めていた
いかに盲目であったかも知らずに

恋人たちはようやくどこかで出逢うのではなく
はじめからお互いの中に宿っているのだ

私たちは鏡に送る顔だけでなく   鏡そのものでもあり
私たちは永遠の瞬間を味わっている
私たちは痛みであり   それを癒すものでもあり
私たちは甘く冷たい水であり   それを注ぐ瓶でもある

あなたをリュートのように抱き寄せたい
そうすれば二人で愛の歌を奏でられるから

あなたはむしろ鏡に石を投げるだろうか?
私はあなたの鏡、そしてここに石がある




ルーミーとはトルコ語文学史上最大の神秘主義詩人である。イスラムの神学者。
(Wikipediaより)

13世紀の詩人、しかもイスラム教の神学者が書いた詩に心を揺さぶられるとは。
想う事や感動する部分は、時が経っても同じ・・・

もうひとつ、深い部分を触れられてしまった、ルーミーの詩がある。



善行悪行という観念の彼方に、
広い野がある。
そこであなたに会おう。





c0141335_23351825.jpg


  ふたり寄り添う 紫色のチューリップ
  今日は あなたのために。
[PR]
Commented by おやスケ at 2008-03-30 00:20 x
人間の感性はちっともかわってないですね。
片方が投げた石は片方のガラスを割ると同時に
もう片方も割れるのでしょうね。深い詩、好きです
紫のチューリップ、花言葉は 『“永遠の愛情”』 ですね。
なんて素敵!









Commented by at 2008-03-30 00:22 x
あ!おやスケさん、今うみちゃんの部屋の(長屋)前で鉢合わせ、ごっちんこ。私ちょっと酔っ払ってますのでお許しを・・。素敵なチューリップ!八重咲きなんですね。うみちゃん、私にも頂戴。
Commented by umih1 at 2008-03-30 00:28
おやスケさん。そうでしょ?素敵な詩ですよね。昨日初めて知った詩人なんです。
紫色のチューリップの花言葉って、永遠の愛情、なんですか!
そうとは知りませんでした。お花屋さんで、心を惹かれて選んだんです。
すごいな~♪ 詩の内容とピッタリかも。
Commented by おやスケ at 2008-03-30 00:32 x
いてて・・菫さんの頭の硬いこと硬いこと・・・・。こんなたんこぶが・・。
Commented by umih1 at 2008-03-30 00:33
菫親分、酔っ払ってるの~?? あんまり酔うと、ほしのあきがでてくるよ!(???) 
チューリップっていろんな種類があって、いつも見た事のないようなのがあってビックリです。紫色ってめずらしくて、これってチューリップじゃないみたいでしょ?
菫さんの初出勤に向けてイメージする花が売ってなくて、またもう少ししたら花屋さんを覗こうかな~なんて思ってました。菫さんはやはり、スパニッシュでガンガン行って欲しい・・・プラス冷静さ、優しさ、もプラスして~なんて、そんな花束がつくれたらな~~。
Commented by umih1 at 2008-03-30 00:36
おやスケ親分、たんこぶできたの?
菫さん激しいからねぇ~。踊りとかヨガとかいっつも動いてるから、ね~。
Commented by at 2008-03-30 00:40 x
わりーねぇ。身体つまってっからねー。チューリップとバラとアネモネとパンジーが好きです。うみちゃんの胸柔らかそう・・・・。
Commented by at 2008-03-30 00:41 x
おやスケさんの最初のコメントと私の間の溝は何?いくら酔ってるからって、避けてない・・?
Commented by umih1 at 2008-03-30 00:44
菫親分、飲みすぎだすね。 はいはい、チューリップとバラとアネモネとパンジーね。メモメモ。 あ、でも、うみの胸は、人工的に寄せて上げて~だから、揉み甲斐はないと思うよ。残念~
Commented by umih1 at 2008-03-30 00:46
菫親分、この溝は、たぶんおやスケさんも酔っていて、自分のコメントのあとに、たくさんスペースを打ってしまったのではと思う。
ロマンチックおやスケさんだから、余韻に浸ってるのかもね~^^。
Commented by おやスケ at 2008-03-30 00:48 x
菫さん、避けてたら頭ぶつけませんとですばい。からみぐせ?笑
こちらもワインで酔ってるからenterを一杯押してしまったようでございます・・・。うっぷ♪ ビールもっといただきましょう~。
Commented by at 2008-03-30 00:52 x
えんたーをいっぱいおして!?笑・笑・・・私はさっきから、わたしのソファーとおやじスケロプターを行ったり来たりしてるんですよ。人工的に寄せてあげて、うっふんですな。
Commented by umih1 at 2008-03-30 00:59
おやスケさん&菫さん
え、あたしだけシラフ?さっきのんだ焼酎はもうすっかり冷めてしまったよ~ん。ワイン開けようか。あ、でも明日は予定があるからもう寝るよ!
やっぱり、男を落とすまでは、いろんな方法で寄せてあげるんですよ、女って。胸ばかりではなく~~。可愛いじゃないの、ねぇ~?
Commented by コロン at 2008-03-30 02:11 x
ドンチャン騒ぎの中…そーっとお邪魔します。

YO-YO MAさん、私も好きですね…。でも、彼のCDのブックレットに
こんな素敵な詩が入っているなんて知りませんでしたよ。

第3パラグラフ…深いですね。人生のエッセンスが凝縮…という感じです。
Commented by at 2008-03-30 08:45 x
可笑しい・・コロンさんが、そーーっとって。あぁ!うみちゃん、昨夜は乱入失礼しました。せっかくのYO-YO MAさんの詞を、酔っ払いが・・。ほら、おやスケさんも一緒に謝って!ごめんなさい。反省。0時20分に鉢合わせしたのが、そもそもいけないんですけどね。
Commented by before_rain at 2008-03-30 15:18
>ルーミーの詩 
深いんでしょうね。

『善悪の彼岸』という本 見たことあります。

>紫色のチューリップ
綺麗ですねぇ。
同じような花で 開花すると牡丹のようになる
「ピンクダイアモンド」というチューリップも好きです。
Commented by umih1 at 2008-03-30 17:54
コロンさん、どうぞドンチャンしてくださいね。
コロンさんもお好きでしたか。YO-YO MAさんは、たくさんCDを出されているので、何を選べばいいか、というところから始まりました。
次、もし買えるのなら、「オブリガード・ブラジル」というアルバムを聴いてみたいな~と思ってます。 ヨーヨー・マさんがブラジルをどう奏でるのか・・・とっても楽しみ。
Commented by umih1 at 2008-03-30 17:59
菫さん、乱入なんて思っていませんよ~♪ 意外な一面を発見して、可笑しくて楽しかった。
やはり、上野でふんどし男を見た事が大きな引き金になったのでしょうね~。あ~~お相撲さん以外で、ふんどし男を生で見てみたいな~。
で、お尻をチェックして、う~ん、食い込み具合、合格!ってハンコを押して・・・。菫さん、来年は、これやろうよ。ぷ。
Commented by umih1 at 2008-03-30 18:02
雨ちゃん、でしょ?いい詩でしょ?
調べると、結構本が出てるんだよね。でも高いんだよーー。
善悪の彼岸って、題名からして深いね。
紫色のチューリップも、きれいでしょ?わたし、牡丹も好きだよ。コサージュみたいだよね。日本女性の美というイメージがあるな~。
by umih1 | 2008-03-29 23:44 | | Comments(19)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31