ブログトップ

わたしのソファー

癒されて生きる ~柳澤桂子



―自我の超越― より、抜粋させていただきます。


ものに執着することが、苦しみを生みだすことに気づいた人々は、
自我を捨てるように呼びかける。

自我を棄てるというよりは、自我を超越するという言葉の方が適切ではなかろうか。
自己中心性を脱却して、自我に対する執着を棄てることである。
こうして自分の苦悩から自由になると同時に、他人を思いやる心が生まれる。
完全に自我を超越したものが、神であろう。



―タゴールの言葉 より

わが神よ、ただ一心にあなたに帰命して、私の間隔をすべて差し伸べ、
あなたの足許に跪いてこの世界に触れたい。
七月の雨雲が、まだ降りやらぬ夕立ちをはらんで低く垂れさがっているように
ただあなたに帰命して、あなたの門口に私の心のすべてを捧げたい。
私の歌のすべて、そのさまざまな旋律もろともに、ただひとつの流れに集めて、
ただ一心にあなたに帰命して、沈黙の海に流したい。






自由で・・・自分に縛られない心を持ちたい。
つまり、自分の範囲・・・思考の範囲以外のものも受け入れられるような・・
理解できるような自由なこころを持ちたい。

自分の発する悪いものが自分に返ってくるような
罪を認め、素直に謝れるこころ。

明るさを求める人の、側に寄り添えるような人でありたい。
[PR]
Commented by at 2008-03-02 04:52 x
柳澤さんの本、着々と進んでますね~。自我を捨てるというより、超越する・・なるほどです。私も早く読みたい!

自分の発する悪いものが自分に返ってくるような罪を認め、素直に謝れるこころ。・・・・これってホントに、はっとさせられる言葉。なかなか、こうは思えないものだけれど、こう思うと心が解放されますね。
Commented by sunnyfields at 2008-03-02 10:31
いや~ん。日曜の朝に楽しい3話、一気に読ませていただきました。
まずは、映画。録ったので近いうちに見ます。
私は割に痴漢には縁がなかったのだけど(通勤は足の置き場に困るほどの満員電車でしたが)下りる時に、乗ってきた人に股間をペロンと触られたこと、新宿駅の雑踏でやはりすれ違いざまの親父さん(ちょっとホームレスっぽい)に股間をぺろんとされたことがありますね~服の上からぺろんは楽しいんだろうか。。
そして、居酒屋『酔恋』(笑)行きた~~~い。
『愛しているよと 嘘つき抱かれても
そんなあんたが
愛しくて喜ぶ 可愛いおんななの』っていう歌詞が切ないですね。よっumiさん、って感じです。
最後に、本。
最近物欲があまりなくなり(お金がないせいもあるけど)『自由で・・・自分に縛られない心を持ちたい。』と同時に、人にも縛られず、でもいつでも側にいるよ。。って気持ちの私なのです。
思いやりって大切ですよね~
長いですね。すみません。
Commented by umih1 at 2008-03-02 20:33
菫さん、この本には、「孤独」や「人間が生きるということ」を深く考えさせられました。
わたしの感想は、言葉と真理のギャップがとても嫌なので、数行しか書けませんでした。
時間をおいて、また読みたい本です。
Commented by umih1 at 2008-03-02 20:42
sunnyfieldsさん、朝から痴漢話ですか(笑。
すれ違いざまの・・って、どうしようもないですよね~。やられるだけでなく、こっちもすれ違いざまに、ねぇ~できたら良かったのにね・・・。

「酔恋」には、いつでもどうぞ♪ 焼酎、ワイン、ビール、もちろん日本酒もありますよ。今晩は、ビールを頂きました。発泡酒と違って、くぅ~、うまいわ。あ、もっと欲しい、ってくらいで止めとけば、酒も男もほろ酔いで、いい夢が見られますぅ。

で、この本は、お勧めです。悲しく辛い状況にありながら、科学者らしく「こころ」を分析しています。もう一度、よく読もうと思ってます。
長いコメント大歓迎ですよ。ありがとございます。
Commented by 6v6 at 2008-03-03 00:12 x
うみさん、こんばんは☆ミ
タゴールさんって初めて知りましたが、インド国歌、バングラディシュ国歌の作詞・作曲者だそうですね(@_@;)うみさんblogのおかげで、なんだか心の持ち方をすっと上げて下さるような人や、言葉に出会うことが出来て本当に嬉しいです。^^*
Commented by umih1 at 2008-03-03 00:26
6v6さん、こんばんは。ありがとうございます。私も6v6さんのお勧めする本や音楽に、影響されていますよ~。

柳澤桂子さんという方の本の中に、さまざまな方の引用があって、タゴールさんの詩もこの本の中にありました。
考え続けた人の言葉は、それがどんな形であろうとも「ほんとう」であるならば、人の心を響かせたりするのでしょうね・・。
by umih1 | 2008-03-02 02:30 | | Comments(6)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30