ブログトップ

わたしのソファー

銭湯


今日の夜空は、雲の合間から星がチラチラとこぼれる様に輝いていた。
きれいだった。

犬と一緒に、今日みたいな冬の夜空の下を歩くと、昔銭湯に行っていた事を思い出す。

私が最初に住んでいた古いアパートにはお風呂がなく、歩いて5分くらいのところにある
銭湯に毎晩通っていた。
夏は涼みながらのんびり歩いて帰ってたな。
冬は寒かったけど、星を見つけながら帰ったものだ。

若くて、必死で、淋しさに押し潰れそうなあの頃の自分。。。
なんとなく顔見知りになったあのおばさんは、元気かな。。。

でも今はもう、その銭湯はなくなってしまった。さみしい。

私は西川口駅という駅の近くに住んでいて、アパートは東口にあった。
でも、そのアパートも今はなくなってしまった。

西口はソープランド街で有名で、嫌だな~と思っていたけど、今はそういう店もなくなってきたという噂を耳にした。
う~ん。それもなんとなく、さみしいような気がする。
以前、ソープランドに行った男の人から、どんな事をするのか聞いた事がある。
正直な感想は、凄いな!の一言だった。

その頃に活躍したソープ嬢たちは、今頃いったい何をしているんだろう。
なんか・・・切ないな。
[PR]
Commented by おやスケ at 2008-02-29 01:56 x
おやスケが19歳の頃借りてたアパートも銭湯が近くで、同じアパートの大学生などと一緒にいってましたね~。
練馬区でしたが、毎日のように来る激しい刺青のおじさんが
恐かったなぁ・・・。
やっぱり星を見ながら歩いたりとかしました。濡れた髪で出てくる
(たぶん妄想)OLさんにドキッとしたりとか。若くて必死で淋しくて
シャイで、今とは質の違う夢を抱いていた。
貧乏学生だし、ソープとか知らずじまいです。
Commented by at 2008-02-29 06:14 x
今日の記事は、ノスタルジック。ソバージュで丸顔の可愛いうみちゃんの昭和・・。銭湯で飲むフルーツ牛乳やコーヒー牛乳が、なぜ美味しいのか!不思議ですね。私は中学時代、部活のあと近くの銭湯にひとっぷろ浴びに行きました。そこは今でもありますが、飛行機が墜落して新築されました。

何となく顔見知りのおばさんの存在・・って何となく心強いものですよね。ソープって、昔はトルコ風呂でしたね・・。「おやスケが19歳の時通い詰めたソープ」じゃなくて、ほっ。
Commented by おやスケ at 2008-02-29 11:36 x
菫さん>こら~っ 誰が通うんじゃ!笑その通いつめるはずの代金は全て、画材や本代に消えていきました。通った方が良かったのかな?退場
Commented by bongu04200420 at 2008-02-29 15:47
凡愚です。愛着のある街の風景が変わってせつない時ってありますよね。僕もその気持ちよくわかります。
Commented by bongu04200420 at 2008-02-29 15:47
あ、はじめましてでしたwww
Commented by sunnyfields at 2008-02-29 18:10
こんばんは^^また遊びに来ました。
私は先日、川崎のソープ街の話を書きました。
くく。。とまた笑ってしまいましたよ。
↓バスの運転手、ほんと中指もんですね~
でも、(亡くなった)父がよく言ってましたが(父はバスの整備士だったのだけど)運転手さんは真面目な人もいれば、チン○ラ上がりの人もいるそうで、気遣いも十人十色なのでしょうね~
優しくされると嬉しいのにね。
あとその↓の『母なる大地』っていう本もきっとよい本なのだろうと、図書館の予約をお願いしてみましたよ。
難しすぎて理解できなかったら恥ずかしいな~
リンク、いただきますね。
Commented by umih1 at 2008-02-29 20:48
おやスケさん、昔ながらの銭湯は随分少なくなってしまいました。今はスーパー銭湯?というのかな、小奇麗で近代的な感じのところが増えてきたような。。。やはり今懐かしく思いだすのは、富士山の絵が描いてあるような銭湯ですよね。
若くて必死で淋しくてシャイってぇ~!母性本能がグルグルしますわん。
Commented by umih1 at 2008-02-29 20:51
菫さん、部活のあとひとっぷろ浴びにって(笑)。で、しかも、飛行機が墜落して新築されましたって。すごい名所のような気がする。
あ、そうそう、昔はトルコ風呂って言ってましたよね!なんでトルコなんだろうな~って不思議でしたが、ソープランドっていうネーミングも可笑しいですね。。
ええ、わたしもホッとしました。「おやスケが19歳のとき・・・じゃなくて。」
ほっ。
Commented by umih1 at 2008-02-29 20:54
おやスケさん、やはり殿方は、一度はそういう場所に行きたいのでしょうね。。。ええ、正直が一番ですよ。。。
Commented by umih1 at 2008-02-29 20:59
凡愚さん、はじめまして。。。とても恥ずかしいです。こんな処にお越しいただき、恐縮しておりますです。
凡愚さんは小倉にいらっしゃるのですね。一度だけ、観光で行った事があります。それに、取引先の大きな会社が小倉にあるので、親近感のある街です。
またゆっくりお伺いさせていただきます。ありがとうございました。。。^^
Commented by umih1 at 2008-02-29 21:11
sunnyfieldsさん、え、川崎も多いのですか?知らなかった~。いや、知っててどうするって。
へ~、お父さんはバスの整備士さんだったのですね。実はわたし、バス車両の内装関係の会社に勤めているので。。。。そうですか、やはりどの世界でも、十人十色ですね。でも人って、だれでも必ず優しさってあると思うんですけど、表し方や持っている量が違うんでしょうね。
で、母なる大地、図書館で予約されたんですか。そういうのって嬉しいですね。この本は、素人にも分かり易い本という事で読んでみたんですよ。だから十分理解できると思います。
リンクありがとうございます。わたしもいただきま~ス。
Commented by syenronbenkei at 2008-02-29 23:22
前半と後半で記事が全然違うのに、風呂でつなげて最後に前半のテーマに落とすという(笑)

最近は学生アパートもワンルームが主体で、赤い手ぬぐいマフラーにして、星を見上げながらなんて環境はきわめて少なくなったようですね。
エアコンの効いた部屋の中から夜空眺めてたんじゃ、死にたくなっても無理ない気がします。
やっぱ裸のおつきあいがなきゃね。
と、いうことで、ぜひ裸の(^o^)
Commented by umih1 at 2008-02-29 23:36
セイロンさん、銭湯っていろんな人の裸が見られるから(いや、そんなにじろじろ見ませんが)、いいんですよね~。生まれたまんまの姿って、なんの飾りもなくて、正直で、いろんな人がいていいな~って感じます。

でっかいおっぱい、ちっちゃいおっぱい、いろんなおっぱいがありますね。それぞれのおっぱいに、それぞれの歴史が詰まっております。
殿方は、やっぱりアレですか。アレに歴史があるのでしょうか・・・。
ああ、どうしてこういう事を書いてしまうの。
いいよね♪ だって裸のお付き合いってことだし?
Commented by bunkasaba at 2008-03-01 01:01
乗り過ごしたので、西川口で下車して赤羽に戻ったというだけで、もう5年も酒の肴にされてしまいました。摘発されてもう無くなったらしいですね。
商店会長が嘆いている記事が、新聞に出ていましたね。。。

>アレに歴史
アレの歴史は、トシを経るとともに、
手を広げた親指から小指になるぐらいの歴史しかありませんね。
Commented by umih1 at 2008-03-01 23:54
bunkasabaさん、赤羽で埼京線に乗り換えなければ・・・赤羽か~懐かしいな・・・。京浜東北線か・・・。

アレの歴史のことは、よくわかりませんわ。でも、親指から小指に・・・ってなんとなく分かるような・・・なんとなくですけどねっ。
by umih1 | 2008-02-28 23:28 | 思う事 | Comments(15)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30