ブログトップ

わたしのソファー

マンパワー ~ 人的資源



プロフェッショナルで観た坂東玉三郎さん、素敵だったっ!

今58歳くらいとは思えない、やはり肉体を使っている人は違うなと。
事細かな、例えば文法のように、型は決まっているという。
そこから感情を色付けしてゆく。それは、化粧をする事からすでに始まっている。
舞台映像を観て、男が女を演じるというというよりも、両性具有的な、神の領域にいる人のようだなと思った。一流の役者を観ると感動するが、それとは違う感覚になった。
これは是非、一度で良いから観に行かねばならないとまで感じた。

58歳と言えば団塊の世代だ。
市のボランティアの活動を長女から聞くのだが(彼女も登録しているので)、そのあたりの年代の女性が活動の中心になって頑張っていらっしゃるそうだ。
もし健康で親の介護等がなければ、退職後、ご自分の為にお金を使うのは結構な事だが、彼女たちのように一部の時間を、他人や若い人たちのために使っていただけたらな~などと思う。

ストイックな玉三郎さんを見て、そんな事を感じた。
[PR]
Commented by syenronbenkei at 2008-01-16 09:49
僕がボランティアの世界に入ったのは二十年ほど前、カミさんとつきあい始めてから。
当時はけっこう若い子もたくさんいましたが、今はどこも高齢化して、どのサークルも半分老人クラブ化しつつあります。
比較的若い子が集うのは手話サークルくらいの気が。
肢体障碍関係のサークルはそれでも細々とやっていますが、精神障碍関係、作業所とかですね、、、は、たくさん崩壊しました。

うみさんが言われるように、牽引してるのはだいたいどこのサークルも、たしかに団塊世代ですね。
かつて日本を支え続けた世代が、今度は福祉を支えてくれるわけで。
団塊世代にはただただ頭が下がるばかりです。
Commented by before_rain at 2008-01-16 20:09
うみちゃん。
玉三郎さんって いいよねぇ。
(うみちゃんも 書いてらっしゃるように )
男 だ 女 だ と
ジタバタしてるのが 恥ずかしくなるような。

人間としての 領域を すでに 制覇 してるのかもね。

この方は (この番組は見てないけどさ)
きっと
自分自身を もっとも 厳しい目で 眺められる
人なのかもね。
うみちゃんが 惹かれるのは
そういう 共通項があるからじゃないかなぁ。。

お帰り うみちゃん ~お疲れさま。
Commented by umih1 at 2008-01-16 20:54
セイロンさん、こんばんは。
もう、ボランティアをされて20年も経つのですか・・・。20年も経てば、いろいろな変化があったでしょうね。
人口の多い団塊の世代の方々に、今後どのような形であれ今までの経験や知恵を発揮して頂きたいですよね。
私も20年後には、人の役に立つような人間になっていたいです。
だから、玉三郎さんがおっしゃっていた、「先の事は考えない。明日の事だけ考える」という言葉に共感しました。
明日をよりよく生きるために、今日という日を欲張ろうと・・・う~ん、理想論かな?
Commented by umih1 at 2008-01-16 21:11
雨ちゃん、ただいま~。金麦冷えてるね。ありがとね~。。。^^
人間の領域を超える瞬間を体験する人は玉三郎さんもそうですが、真剣勝負するための日々の努力、そしてそれは常人のそれを超えるのでしょう。それをずーっと続けていらっしゃる玉三郎さんは、実際に、天からの視線を舞台で感じる時もあるそうです。
極める、自分の好きな事を突き詰める、という事を現在進行でされている方々を見ると、こちらも気が引きしまります。
それにしても、玉三郎さんの着物の似合う事!大好きな吉衛門さんとはまた違うイメージで、とても素敵でしたよ~。
Commented by コロン at 2008-01-17 07:09 x
私も『プロフェッショナル』を見ましたが…玉三郎さん、艶やかでし
たね。

あの洗練された仕草の裏にある努力と美の追求…小野二郎さん
もそうですが、やはり1日1日が真剣勝負ということで共通してい
ますよね。

私も意識改革しないと…。
Commented by umih1 at 2008-01-17 20:20
コロンさんの記事も、玉三郎さんでしたね!
お化粧や鬘をご自分で調整して、いろんな年代の女性を演出する場面には驚きでしたよね~。。。
わたし、コロンさんは十分ストイックな方だと思いますよ。
by umih1 | 2008-01-16 00:42 | | Comments(6)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30