ブログトップ

わたしのソファー

ノラ・ジョーンズ と マイルス・デイビス

 
今日は今年初めての英会話レッスンだった。

またいつもの人物紹介という事だったが、まったく思いつかず準備もしないで行ったので、好きなアーティストの事でも話そうかと思いついたのが、ノラ・ジョーンズ。
彼女はジャズシンガーとして有名で、5年前のグラミー賞で8部門獲得した逸材である。その時わずか23歳であった。
ラジオで初めて彼女の曲を聴いた瞬間に、彼女の声に恋してしまった。
ジャズボーカリストというと、ずっとヘレン・メリルにぞっこんだったが、彼女はまた違うイメージの女性だ。歌うだけでなく、創造する喜びにも満ち溢れた人である。
ジャズの形態をとりながらもカントリーやソウルもミックスされていて、もちろんアルバム(4枚でている)毎のカラーもあるが、共通しているのは彼女の気取らなさ、のびやかさ、音楽を愛してる気持ち・・・そういうものを自然と感じさせてくれる、今後も大変楽しみなミュージシャンなのだ。

c0141335_20343046.jpg
c0141335_20344719.jpg

Her music is jazz style and yet taking with sound of soul and country.
Her debut album had been the top of the billboard chart for 2 years and 9 months.
・・・デビューアルバムは、大ヒットした"Don't know why"が含まれていて、ジャズ部門のビルボードチャートでは、連続して約2年9か月もの間、一位だった。
Her voice has a healing power なんです。 ほんと、癒されます。



以前は、通勤や移動の車の中で、英語のCDを聴きながらシャドーイング(CDの英語の1秒くらいあとで真似してブツブツすること)をしていたが、最近はブツブツするのが疲れてしまい、もっぱら音楽CDかラジオを聴いている。
最近ず~っと聴いているのは、しぶ~いかな、マイルス・デイビスのベストである。
これは約15年前、マイルス氏が亡くなった時に発売された4枚組ベストアルバムで、8,000円も出して購入したものである。
CDではなくLPで、でっかいオーディオで聴きたいけれど、しかし例えどんな形態で聴こうとも、震えてしまうようなトランペットの高音や流れる時間は、わたしの皮膚や神経を捕えるのだ。
類まれな天分をそなえつつ裕福な家庭で育ちながらも、黒人であるがゆえに白人にさげすまされてきた少年は、その怒りを吐き出すかのように音を紡ぎだし、やがて成功してゆく。
当時の黒人に対する人種差別というものは、大変にひどいものらしく、わたしには想像できない。でも本当の意味での人種を超えた感動というものを、努力と才能によって世界中に与えてくれた彼に、心から敬服する。

c0141335_20584686.jpg




音楽が好きだ。 ありがとう、音楽家の人たち。
[PR]
Commented by at 2008-01-13 00:14 x
マイルス・・渋いですね!トランペットやサックスの音色は、ほんとハートが震えますね。うみちゃんの過去の日記に書いてた、「the fabulous baker boys」のサントラもかっこいいよね。CD持ってるので、MDに入れて送ってあげたいくらいです。
Commented by umih1 at 2008-01-13 00:22
菫さん、ありがとう。忙しいのにダラダラ書いたの読んで頂いて。
ファビュラスベイカー・ボーイズのサントラ、ホントにクールで最高ですよね!そうなんだ~、菫さんも好きなのね。嬉しいな。
映画も良かったですよね!
Commented by bunkasaba at 2008-01-14 00:54
私もシャドーイングをしたことがあります。
疲れて1時間で止めました。
英語の勉強は根性が必要ですね・・・。
Commented by umih1 at 2008-01-14 01:32
bunkasabaさん、一時間のシャドーイングは疲労困憊しますよ~。
私はこまぎれです。15分くらいを2回くらいかな。
でも最近はなまけてます。。。筋トレと同じで、ヒアリングも続けないとすぐ聞こえなくなります。・・・そうですね~根性は必要ですよね。
でもかなりマイペースなんで、のんびりです・・・。
by umih1 | 2008-01-12 20:56 | 音楽 | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30