ブログトップ

わたしのソファー

考える人



どうしてもじっくり読みたくて買ってきた「考える人」
河合隼雄さんの追悼特集。



考える人 2008年 02月号 [雑誌]
/ 新潮社







私の本棚に、河合先生の本は何があったかな・・・・・。





探して並べてみた。



c0141335_10545337.jpg





河合先生の著書は200冊を超えるという。
図書館に行って探してこよう。
[PR]
Commented by bunkasaba at 2008-01-06 13:43
ホントに本好きですね~。
学生の頃、必要にせまられてユングの解説書を読んだ覚えがありますが、何が書いてあったか忘れちゃいました。
Commented by umih1 at 2008-01-06 20:33
bunkasadaさん、必要にせまられてって、一体どんな状況だったのですか!? ~~知りたいですねっ。
私も若い頃に読んだきりなので、あまり覚えてはいません。でも、私みたいな素人でもわかり易く書かれているので、夢中になりました。特に、物語の解釈が面白かったです。
Commented by bunkasaba at 2008-01-06 21:26
それ系が専攻だったんですね。
西の河合、東の小此木とか言って当時本をかなり出していた気がしますね。
何も役には立っていませんが・・・。
Commented by umih1 at 2008-01-06 21:37
ええ~、そうだったんですか!
何も役には立ってないなんて、そんな事はないと思いますよ。
カウンセラーって、その人の人生かかってそうで、大変な職業だなと思います。私にはムリです、全く素質無しだな。
Commented by syenronbenkei at 2008-01-07 00:20
わたしのソファ~ あなたのミレ~
わたしの~ あなたの~ ソファミレ ラララ~♪

すみません、こんな人間なもんで。
あんまりまともに相手すると疲れたり腹立ったりすると思いますんで、適当につるし上げてください(笑)

河合隼雄がお好きなんですね。
なるほど、eagleiさんと気が合うわけだ。
僕は本といえばマンガしか読まないんですが、村上春樹のファンなので「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」は読みました。
井戸を掘るという下り、表現も内容もおもしろいですね。
Commented by eaglei at 2008-01-07 05:54
僕としては、河合隼雄さんよりは養老孟司さんの本をお薦めします。
河合隼雄さんの父親論は、どうも違うんじゃないの~って思います。
養老さんの話しって、すごく自然で説得力がありますよ。
Commented by umih1 at 2008-01-07 23:29
セイロンさん、わたしのソファァ~ あなたのミレェ~ だったの!
やっと意味がわかった。すっきりしました。ありがとうございます。
楽しいな~ わたしのソファァ~ あなたのミレェ~ ソファミレラララァ~~。
私もマンガ好きですよ。最近ではアニメにもなってる 「銀魂(ぎんたま)」がおもしろくて、娘から単行本を奪い読んでます。ご存じですか?銀さん主人公のやつ。金さんが主人公じゃなくって良かったです(ほっ)。
Commented by umih1 at 2008-01-07 23:51
eagleiさん、この雑誌には養老さんの連載もあるし、河合さんの追悼座談会でも養老さんはお話しされています。(まだそこは読んでませんが。)季刊誌です。たぶん連載は書籍化されると思います。
わたしの中では父親像と言うものが半端なままなので、河合さんの父親論に関してはなんとも言えません、というか、漠然としか覚えていません(汗)。優しくっておっきくって力持ちで厳しくて、そんなお父さんて素敵ですよね。まるで娘さんに接するeagleiさんのようです。
Commented by mitatejapon at 2008-01-10 09:51
むむっ、本棚の奥に 「すてきな あなたに」 発見 。。。。。。

わたし 大好きなのです。こちらのシリ-ズ.....。



Commented by umih1 at 2008-01-10 22:14
mitateさん、「すてきな あなたに」は、もちろん内容も素敵ですがイラストも文字も魅力的ですよね。
ホッとするようで・・。もう随分昔に買ったんです。
mitateさんがお好きなのも、うなずけます。
by umih1 | 2008-01-06 10:59 | | Comments(10)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30