ブログトップ

わたしのソファー

My Grandmother


3日におばあちゃんに会いに山形に行ってきた。
前回行った時よりもすこしふっくらしていたので良かった。
「ばあちゃんと一緒にいたって、つまらないべ?」と言われたが全くそんな事はない。

年賀状の返事を書いてくれと言われたので、早速コンビニで年賀葉書と筆ペンを購入して書いた。
見せろと言うので見せたら、「あ!なんでばあちゃん宛てに書いたの、こんなにぃ。」と言う。
「え、こっちはばあちゃん宛てに届いた葉書だよ。」と言ったら、一瞬ポカンとしてアハハァと大笑いしていた。
笑う門には福来たるである。

しばらく禁酒しようと思っていたのに、これ飲めと言って持ってきたキリンビール。
つまみのスルメをどこに置いたか忘れたらしく 「うみ、スルメはどこにある?」って、あの~私に聞かれても。

酒が入ると昔話になる。

「昔、酒買ってこいって父ちゃんに言われると、徳利持って酒屋に行ったもんだ。今みたいに缶だの瓶だのなかったもの。」

「髪を桃割れに結って、行きはよいよい帰りは怖い~帰りのお土産な~あに、お寿司と団子!って、一日中飽きずに遊んだもんだよ。」

「日暮里に住んでた頃はよぉ、父ちゃんと母ちゃんは女郎さんから相談されて、逃げる手伝いしたもんだ。あたしが18くらいの時かな~。見つからないようにって大変だったんだから。」

「結婚して子供産んで、二人目を妊娠してるときに戦争で山形に疎開してきたんだ。夫の生家が山形だったから、こっちに来てからはあまり不自由はしなかった。」

「でもよ、夫が胸の病気で死んでしまってからは大変だった・・・。私が31歳の時で、厳しい姑もいたから、東京の母ちゃんが、こっちに帰ってこい、いい相手もいるからって言うのよ・・・。でも子供もまだ小さいし、姑も駄目だって言うし、頑張ったの。大変だった・・・。」

思い出すと涙が溢れて 「夫が死ななければなぁって、自分が可哀そうになっちゃって。」
「でも今は、あったかい所でのんびりできるし、炊事も楽だから、幸せだよなぁ。誰にも文句言われないし。」

もし現在だったら、夫に死なれて31歳という若さで、子持ちとはいえ姑と暮らす方を選ぶ人はいないだろう。祖母の生涯を考えると、辛いことの方が多かったかなと思うが、自分で選んだ人生という点で責任を全うしている彼女には、ただただ敬服するばかりである。


ヘルパーさんが正月なのに来てくれて、料理や掃除をしてくれた。
「あら、ハルパーさん(ヘルパーさんの事)、今日はお化粧してないね?忙しかったの?」
「やだ~おばあちゃん、よく見てること~。」
人の容姿チェックは欠かさない。
私の夫を初めて紹介したときに言ったことは 「あれぇ。今までのと比べると、なんだかパッとしないねぇ。まぁ、結婚相手はあんまりいい男じゃないほうがいいから、良かったんじゃないか?」
と変になぐさめられた。

ヘルパーさんが 「あらまぁ、お孫さんきれいだこと~。」とお世辞を言うと、
「そうでしょう?美人だもの。孫を褒められるのが一番嬉しいよ~。」
ヘルパーさんが帰った後、悪くなった眼でしみじみと私の顔を見て、
「褒められるのは嬉しいな~。うみ、これ以上、年とるなよ。きれいにしていなさいよ。」
私はぎょっとして 「わかった。ばあちゃんが死ぬまで年はとらないよ。」
と無理な回答をした。


「スルメ、こんなところにあったぞ~。」というのでどこにあったのと聞くと、「あれ、どこだっけ。」
昔の事はよく覚えてるのに、なんで今の事はすぐ忘れちゃうんだろなあと首をかしげている。

また来るね、元気でね、手を大きく振るばあちゃんの姿が滲まないうちに目をそらし、山形駅に向かった。たったの一泊だったけど楽しかったな。
[PR]
Commented by bunkasaba at 2008-01-05 16:59
つばさ、混んでいませんでしたか?
帰省している間、具合が悪くて、とっとと帰ってきてしまいました。急に雪も降ってきて、ひどく寒かったです・・・。
親戚も両親も自分も等しくトシをとって、帰省すると悲しくなります。若いときは何とも思わなかったんですけどねえ。
Commented by umih1 at 2008-01-05 17:14
それほど混んでませんでしたよ。でもずっと具合が悪くて、帰りの新幹線の中では吐きそうになりました。突っ伏しているとだいぶ楽なので、ハンカチを口にあててひたすら突っ伏してました。
酔い止めや胃の薬を飲んだんですが、ちっとも効きませんでしたね。でもなんとか無事に帰宅。ほ~~っとしました。今日はぐだぐだ炬燵に入り、寝たり本読んだりPCいじったりな一日です。やっとうどんを食べました。
bunkasadaさん血圧安定してるみたいですね、良かった。健康第一ですから、もう酒はしばらくお休みにしようと思ってます。
Commented by bunkasaba at 2008-01-05 17:23
それは大変でしたね。
飲みすぎなんでしょうか?七草粥がよさそうですね。
混んでいなくて何よりでしたね~。
私は正月なのにいつもの日より飲みませんでした。
今年のテーマは「少食」です。
知る人からは笑われそうなんですが。
Commented by umih1 at 2008-01-05 17:36
あ、じゃあわたしも 「少食」をテーマにしようかな。「少酒」もかな。
でもbunkasadaさんは営業職だから、お酒は減らせないでしょうね。
胃も弱くなって、肩もバリバリ眼精疲労で、ず~っとこんな調子かな~と気も弱くなっております(笑)。
Commented by bunkasaba at 2008-01-05 17:55
営業でもあまり接待は無いし、
外で飲んでも最近は週に2回以下でしょうか。
飲むとバカ飲み、なかなか酔わないタイプなので肝臓直撃でよくないです(汗)。適度な運動をすれば体調も戻るんだと思いますが、なかなか出来ないですねえ。
Commented by umih1 at 2008-01-05 19:52
そうですね、適度な運動って簡単そうで難しい。
私は車通勤だし、運動は全くしてませんね。
家事や犬の散歩で十分かと思うのですが、何か運動しなくてはという強迫観念にかられ、数年前までダンベル体操をしておりました。
しかし、ダンベルを振り回していたら、リビングのドアにダンベルが直撃し、きれいに穴が開いてしましまして、それ以降体操は中止です。まぁ、安普請の家ですからね・・・。仕方ないですねえ、あはは。
Commented by おやスケ at 2008-01-05 22:21 x
山形のばあちゃんの語り口が、親戚の山形のばあちゃんたち
の口調を思い出させて、又会いに行きたくなりました。
リビングのドアに穴・・・・大汗。
Commented by umih1 at 2008-01-05 23:18
おやスケさん、リビングのドアに穴をあけた時は自分でもビックリしました。ホントにボケな私。
私は非暴力主義者なのでもちろん蹴ったり殴ったりしたわけではないのですが、扇風機は真っ二つになり(ぶつかっただけです)娘のドアにもでかい穴を開け(ぶつかっただけ)でも最近は何も問題は起こしていませんよ。大汗なんてかく必要はまったくありませんよ(ニッコリ)。
Commented by おやスケ at 2008-01-05 23:25 x
うみさんの近くにいるときはぶつからないように
気をつけたいと思います(ガクガクブルブル)。
Commented by umih1 at 2008-01-06 00:41
まぁ、そんなに震えないでくださいな。
怯えている人(男)を見ると、よけいにいじめたくなるので怯えないでくださいねっ(爽)。
Commented by おやスケ at 2008-01-06 01:16 x
おびえるのはやめにして、ドーンと来いにします。(ニカッ)
Commented by syenronbenkei at 2008-01-06 01:18
はじめまして。eagleiさんのところから来ました。
でもきっと、umih1さんにとっては招かざる客かも。
というのも、eagleiさんのとこのコメ「萌えてる間にぶすっとねっ。」に身体の一部が反応しちゃったもんで。
すみません。それだけなんです。
僕の存在は忘れてください。
でも勝手にリンクしちゃいました。許されて!

おばぁちゃんとumih1さんの会話、じんとくるというか、生温かいものが(^o^)
スルメかぁ。味のある話だなぁ・・・。

ところで、このブログ「わたしのソファー」の副題は「あなたのミレー」ですか?
Commented by umih1 at 2008-01-06 09:36
おやスケさん、じゃあ体当たりするから、踏ん張っててくださいね!(お髭4~5本ぶちっと抜けても良いのなら。)
Commented by umih1 at 2008-01-06 09:47
セイロンベンケイさんですね?
私の事はうみとお呼びください。ええ、呼び捨てでもかまいません。
eagleiさんのところでは私ひとり浮いている感じもしますが、根が正直なものでアホなコメントばかり、eagleiさんも対応にお困りかと思っております。セイベンさん(略しすぎ)のところにも後ほどお伺いさせていただきます。ありがとうございました。
あ、副題の件ですが、なぜミレー?種まく人のあのミレーですか?
副題は、そうですね、「ゆっくりしてって」とか「一週間に10日こい」って古いですね、飲み屋みたいな感じでしょう。
Commented by maron415 at 2008-01-06 15:35
お初です。
いや、eagleiさんの対応もなかなかのもんだと
と、
セイベンさんに笑ってしまいました。これからそう呼ぼうか(笑)
↓の方の記事で読売の人生相談のこと書いてましたね。実家の新聞が読売なのでときたま読んでおります。その特集みたいな記事も目にして、回答者がそうそうたる顔ぶれだなあと思っておりました。
もう一度新聞見てからとか思ってたら見ずに正月が終わってしまいました…
関係のないコメで、すみません。
Commented by umih1 at 2008-01-06 21:03
マロンママさん、さんきゅーデス。
マロンちゃんに癒されます。ほんっとにきゃわいくって、身悶えしてしまうほどなの~。
ワンコのお口はびよ~んと伸びが良くって、羨ましいですね。見てると自分もワンコになりたくなってきます。
人間の人生相談もいいけど、ワンコの犬生相談もあれば楽しいのにと思いません?回答者は・・・誰だろうな、やっぱりムツゴロウ爺?
Commented by eaglei at 2008-01-07 05:50
一泊で山形では、忙しくて大変でしたね。

ところで今やっていることを忘れるっていうことは、心配です。
痴呆の始まりと思いますので、早くアリセプトという薬を飲ませたほうが良いと思います。
余計なお世話かもしれませんが、痴呆の進行を抑えられますから。
僕の母で経験しているので、気になりました。
Commented by umih1 at 2008-01-07 23:36
eagleiさん、心配して頂いてありがとうございます。
祖母は、そのお薬飲んでますよ。でももう高齢なので、仕方ないかな~・・・。今年93歳になるんです。でも去年は自分で95歳だって言ってたんですけど、「やっぱり92歳だったよ。」って笑ってました。でも、自分の老化に対しては日々やるせないらしく、聞いてる私も切ないんですが、会える時はたくさん褒め合い笑って過ごすようにしてます。。。
Commented by mitatejapon at 2008-01-10 09:56
おばあさん、ほんとうに可愛いですねえ(もし不適切な表現でしたら
お許しくださいませ)。
うみさんの、おばあさんとの交流シリ-ズ、いつもとっても楽しみに読ませて頂いております。

山形のおばあさん、美しいお孫さんのことがとっても自慢なのでしょうねえ。。。。。
Commented by umih1 at 2008-01-10 22:19
mitateさん、わたしのおばあちゃんは歳をとると共に、自分の気持ちに正直になってきています。そこが私も、ああ可愛いな~と思うところなのです。mitateさんのおばあちゃんも、お元気ですか?

美しいお孫は確実に年をとっているのに、祖母の目が年々悪くなっているおかげで、10年くらい時間が止まっているようです(笑)
by umih1 | 2008-01-05 16:28 | 家族 | Comments(20)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31