ブログトップ

わたしのソファー

ダイ・ハードと親不知


昨日の消化器に続き、今年の大変だった出来事を記そうと思います。

ひとつは、今年の10月初旬の出来事です。

塾へ送ろうと、娘と二人、車に乗っていました。
街灯の少ない、暗い道路を走っていたら、突然目の前に大きなトラクターがありました。
左のタイヤがトラクターに乗り上げ、右にハンドルを切ろうとしたら対向車が。。。
対向車にぶつからないように、そしてトラクターにこれ以上乗りあげないようにハンドルを切り、
なんとか大きな事故にならずに車を路肩に止めました。
車の左側はぐちゃぐちゃ。トラクターは無傷。修理代30万円。
助手席に乗っていた娘は、活き活きとした顔で、
「すっごい!おもしろいっ!!ダイ・ハードみたいで母さん、かっこ良かった!」
怪我がなくて良かったです。
帰宅してすぐ、神棚と仏壇に手を合わせました。

もうひとつは、わたしの親不知の抜歯の話です。

20代、若さにまかせて立て続けに親不知を3本抜きました。
しかし無理がたたってか頭痛が続いてしまい、残りの1本は抜くのをあきらめました。
それから10年以上たった今年の5月、その1本の親不知が私の骨格をアンバランスにし、我慢できない肩こりや違和感を誘発したので、かかりつけの歯科医に行き抜歯をお願いしました。
初日、「まっすぐ生えているのですぐ抜けるでしょう」とおっしゃる先生は、渾身の力を込め、休憩を挟み20分間努力されました。
そのうち私は気分が悪くなり、「先生この作業はいつまで続くのでしょうか。なんだかもう耐えられません。」と言ってるうちに気が遠くなりました。
先生は焦ってわたしに酸素マスクを充ててくれました。
その間約1時間ほど横たわり、酸素が行き渡りすっきりしたのでそのまま帰りました。

1週間後、もう一度レントゲンを撮り見ていただいたところ、親不知はお隣の歯と癒着しているそうで、それを聞いてまた気分が悪くなりかけました。
でも先生は、抜歯に関しては自信があるようで、「大丈夫ですよ。笑気マスクがありますからね。」そう言って、笑気マスクを充てられ、涙ぐみながらされるがままに口を開け続け我慢しました。でも、笑気マスクって凄いですよ。気分がふわふわして、もちろん麻酔もしているので無感覚だし、「抜けました!」という先生の声に、まるで出産の時を思い出してしましました。
でも喜びも束の間。抜歯後の歯茎の痛みが3週間も続きました。
けっこう痩せました。


でも、命にかかわるような事はなく、入院するような事もなかったので良かった。
今年も何回か失神しかけたけれど、倒れる前に気がついたので良かった。
来年の健康診断こそは、血液検査で倒れないように頑張りたいです!
[PR]
Commented by bunkasaba at 2007-12-21 00:06
時間がかかるといやですね。歯も諸説紛々、何が正しいのかさっぱり分かりませんね。
去年抜いた親不知は、奥歯に横にぶつかる形で生えていて虫歯の原因でした。外科?の先生が来て削って抜きました。ダメになった奥歯を抜くときは、たった10分。何はともあれ、無事に1年が過ぎてよかったですね。
Commented by mitatejapon at 2007-12-21 18:04
ちょ、ちょっと、脅かさないで下さいよ~。
ドクタ-から 「年明けには親不知を取ってしまいましょう」って、言われたばっかりなんだから~.....。

しかし、うみさんの娘さん達は逞しくって、豪快だなあ~。そのまま
真っ直ぐに成長していってね。。。。。
Commented by umih1 at 2007-12-21 21:01
bunkasadaさん、ええ、なんとか無事に一年が過ぎようとしておりますが、最後まで気が抜けませんよ。
でも親不知がすべてなくなり、ホントに気が楽になりました。
しかし!肩こりはまったくよくなりませんね。酔っ払っても、ぼきぼきと音がします。
Commented by umih1 at 2007-12-21 21:06
mitateさん、ふふふ。
親不知は、大変ですよ~・・・。
だって、体の一部を無理やり抜くんですからねぇ。
抜いた暁には、後日譚を楽しみにしておりますからね・・。
by umih1 | 2007-12-20 22:54 | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30