ブログトップ

わたしのソファー

おむすびの祈り


おむすびの祈り「森のイスキア」
佐藤 初女 / / 集英社
ISBN : 4087478440
スコア選択:



先週読んだ本は、「おむすびの祈り」。 
著者は佐藤初女さんという86歳の方です。
場所は青森の岩木山麗に建つ《森のイスキア》という名の安息地。
救いを求めて訪れる人に、心の込められた食事を共にし悩みを聞く・・・。

初女さんのおむすび、手作りの梅干し、お漬物。
私はこれ程、心をこめて料理をした事はありません。
「いただく」という感謝が、自分には足りないのではないかと反省しました。






「特別な能力も経済力も持たない、ほんの小さな存在である私にこれ以上何ができるでしょう。
それは 心 でした。心は水がわき出るように無尽蔵に絶えることがない。心を与えることは私にもできる。」

「何歳になろうとも 展開 していきたい。今日と昨日は違うものであってほしい。
だから精一杯できることをしています。そのように心がけていると、毎日気づきをして、それが些細な気づきであったとしても何十年もの間には大きな積み重ねになる。」

「亡くなっていく人々は、大きなものをおいていってくれるので、残されたものはいたずらに悲しむのではなく、 故人の遺したものを大切にし、その人が生前望んだように生きていくのが、何よりの感謝と慰めになる。」

「心の貧しい人は、幸いである。という聖句がありますが、私は心の貧しい人というのは今を満足する心だと受け止めています。
今を満足し、嘘や偽りなく正直に生きていれば、今日が明日の希望になり、先のことは不安になりません。」


真珠のような初女さんの言葉が随所に溢れていて、
この本は私にとって、どんな宝石よりも価値のあるものになるでしょう。

ありがとうの気持ちでいっぱいです。
[PR]
Commented by コロン at 2007-11-12 07:05 x
珠玉の言葉が詰まった本ですね…。
是非、今度買って読んでみたいと思います。

ところで…うみさん、何か落ち込むようなことが重なっていたとのこと、
今はどうなのでしょう???

私自身お話を聞くことだけでもできれば…と、メールアドレスなどをお知らせしに伺ったのですが、直接お知らせすることができないようですね。

下の『非公開コメント』をクリックすると、うみさんしか見られないようになっているのですかね???

もし、そうでしたら、その形で私のアドレスをお知らせしますので、気軽にお話ください。
Commented by umih1 at 2007-11-12 20:59
コロンさん、お心遣いありがとうございます。
帰国してお疲れのところ、ご心配おかけして申し訳ありませんでした。
非公開コメントにチェックして頂ければ良いのですが、
でも、ほんとに切羽詰まったらメールするかもなので、
ヨロシクお願いします。ありがとうございます。
Commented at 2007-11-13 17:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by umih1 | 2007-11-11 20:21 | | Comments(3)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30