ブログトップ

わたしのソファー

贅沢なココロ (思う事は自由)



洗濯物を干してる時ふと
父が仕事の愚痴をこぼしていたことを
思い出した。
母の病気と離婚が原因で店をたたんだ父は、他人の店でずーっと寿司を握ってきて
まぁいろんなことがあったんだろう、
給料が安いとか身体がシンドイとか、
店を辞めてパートでまた寿司を握り、、、
大変だったよなとその時はふんふん聞いていた。ずっと前に。

今朝、今頃になって、
愚痴をこぼしていた父に対して、
悩み苦しむ一人の大人として、父の存在を強く実感した。
大人になってから父と会うようになり、
あの頃はまだ私も若く子育てが忙しく、
必死だったので父のことを真剣に思い考えたことはなく、父が死んじゃった時も、自死だったからショックだけがクローズアップされてどうにか自分の心を納得させることに必死だった。

ようやく、ようやく余裕がでてきたのかなと思う。最近よく、親や祖母の、一人の人間としての側面を感じるようになったから。
それはやはり子どもを育てる責任から解放されたからかもしれず、
そして母や祖母の死もあり、それまでの親戚への気遣いとか病院へのモロモロもこの十五、六年の間に、
花びらがヒラリと落ちるように、自分の心から負担感が落ちていったということからかもしれない。

また新しい負担がでてくるかもしれないが、今はちょっと肩の力が抜けた感じ。
やってみたいことが沢山あって困っている贅沢な気分。
森茉莉の贅沢貧乏でも読み直すかな。





[PR]
Commented by sarakosara at 2016-01-24 23:09
時を経て、自分も大人になって、そして色々な肩に背負ったものから少し解放されて、やっとわかるものがあるよね。
今日母と祖母の着物を少し整理しました。なんとなく手を付けられずにいたけれど、もういいや、って思えたので。もちろんとても思い出深いものはとってあるけど^^
うみちゃんも、ご両親、お祖母ちゃん、みんなの想いに寄り添い、そこから羽ばたく時なのかもしれないね。

ラニちゃん、あったかそう。いいなぁ^^
Commented by umih1 at 2016-01-25 21:42
サラコさん
さらこさんも、お父さんを見送られてお子さんたちも自立して、2度目の人生がスタートしてますね。死んだことにより、死んだ人たちは永遠になるって、今日読んだ、姜尚中さんの小説にあり、あぁその通りだなあとしみじみしてささまいました。

今日は満月ですね。

そういえば、韓国への旅の記事、読んでるだけでワクワクします。そうそう、タクシーはほんとに怖くて私は2度と乗りたくありません。
近くても日本とは全然違う韓国。私も日々、韓国人と接していて、ええっ!と驚くことが多いです(*^_^*)
Commented by moccosan at 2016-01-28 00:48
うみさん

いろんな気持ちの上に、きちんと立っておられて、そしてゆっくりでも消化されてるのが、すごいなぁ。境目はこえても永遠に生きていると、最近つくづく思えてなりません。
私は、いろんな気持ちこれからです。未熟です。
Commented by umih1 at 2016-01-28 18:06
moocoさん
褒めてもらうとソワソワします〜〜
すごくなんかないよ〜〜
新しいスタートなんだって思い込んだせいか?かえって肩の力が抜けたのが良かったのかなぁ。
実際に介護とかある人はほんとに大変だと思う。私なんかまともに経験してないから、せめて理解したいので、これからはいろんな人の話を聞きたいです。
by umih1 | 2016-01-24 18:43 | 思う事 | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30