ブログトップ

わたしのソファー

死ぬ時心はどうなるのか!

アロハ♪

NHK1chの番組、立花隆の臨死体験の謎に迫る!死ぬ時心はどうなるのか!徹底取材体外離脱を自ら検証!!神秘体験を生む脳の働き!!! を観た。おもしろかった。

医療の進歩により体外離脱や神秘体験の経験者が増加した。諸国の脳科学者たちの研究取材や対談の中で印象的だったのが二つある。それはまず、意識(心)は脳の中の限定されている場所にはなく、脳全体に絡まった蜘蛛の糸のようになっているということだった。そういうことであれば、死ねば意識はなくなる。ではなぜ体外離脱の感覚を訴えるのか。
もうひとつ印象に残ったのは、人間に進化する以前からあった古い脳の部分は、睡眠に入るスイッチと同時に覚醒させるスイッチも入れるということ。そして幸福感が高まるスイッチもその場所にある。ということは、そこで体外離脱の感覚や神秘体験、とくに幸福感(自分の非も受け入れることができ大いなる存在を感じる・見る)をその脳の部分が感じるということであった。
そのことを説明してくれた医師は、脳腫瘍のある奥さんとホスピスで暮らす。その人が言っていたことは、
「科学は何故それが起きるかを突き止めるだけで、どうしてそう感じるか、ということは突き止める必要はありません。それは個々の問題であるからです。」
立花さん自身も、意識は死ねばなくなる。しかし、1歳にも満たない子供が体外離脱して自分の手術の様子をその2年後に話し始めたりすることなど、説明のつかないことはたくさんあるが、知らないことがあるのはそれでいいし、楽しいと云っていた。

その後わたしは風呂に入り、ずっとそのことを考えていた。
神秘体験は、死ぬ瞬間の恐怖を和らげ、幸せに終えることのできる、古くからある脳機能としての意識なのだとしたら、じゃあ前世占いとか前世の記憶があるとかってのは何なのだろう。
番組では、意識=心や魂としていたが、魂と意識って同じなのだろうか。
魂は無意識の領域にあるものではないだろうか。
前世や輪廻とかシンクロニシティとかって、人間の進化途中からある古い脳の部分に、ずっと昔からの全人的な記憶がため込まれているからなんだなって思った。
自分の意識に昇っていない記憶は何億もあって・・・そうか、ホオポノポノはそれを言っていたのかと合点する。
悟ったお坊様は、その膨大な記憶を無にしたのだと思うと、すっごいなあーというか、想像を絶する。




[PR]
Commented by sarakosara at 2014-09-15 13:55
アロハ〜♫
私もきのうみました。
とても興味深かった。
色々へ〜そうなんだ!ってことがあったけれど
でも結局肝心なところはわからないような印象ももちました。
人は真実を知りたいし、それを追い求めるものだけど
すべてが解明されるからいいのじゃなく人知で知り得ないこともあっていいのだと思います。
多くの人類の記憶が脳に刻まれていると思うと壮大なロマンを感じる。
いずれにしても、死ぬことは怖いことじゃないと思って生きられることは大きいことだなって思います。
Commented by umih1 at 2014-09-15 15:56
さらこさん
アロハオエ〜
死んだときの恐怖を和らげる為に脳が作り出したものなのかーと納得しました。面白かったですよねー
蜘蛛の巣のような脳内の意識細胞、その考えから、複雑なコンピュータにも意識が出てくるのではないかという推理にはぶっ飛んでしまいました。
古い脳の部分が作用する神秘体験の中に、大いなる存在に会う・感じるという部分に興味を感じます。国籍関係なく人の阿頼耶識にそういうものが存在するんだろうと思いました。こういう番組はいいですね。立花さん年取ったなぁと思いました。
Commented by bunkasaba at 2014-09-16 19:25
私も見ました。
立花さんもトシとったなぁと思いましたが、相変わらずあのビルでお仕事されているご様子でしたね。
「意識は、どこにあるのだろう」という疑問は昔からありましたが、NHKらしく無い構成も興味深かったです。こういうテーマは、単発では無くシリーズで放送して欲しいですね。
Commented by umih1 at 2014-09-17 19:54
bunkaさん
あの本の量は凄いですね。地震の時はどうなるんだろうと思いました。
進んで観るテレビ番組はあまりないので、こういう番組なら喜んで観ます。シリーズになれば楽しいですよね。脳って未知だから面白いだろうと思いました。
あ、進んでみてる番組は、WOWOWで毎週やってる海外ドラマです。最近はケビンベーコンに夢中です。最近のアメリカは映画俳優がテレビドラマにでるんですってね。クオリティ高いからだと思いました。
Commented by Gabrielle at 2014-09-18 02:28 x
わからないことがたくさんあるのは、なんかいいですね。
うちのスイス在の義兄は臨死体験ありで、自分の手術を手術室の天井に張り付いて見たらしい。
Commented by Gabrielle at 2014-09-18 02:33 x
まちがえました。体外離脱でした。ϵ( 'Θ' )϶
Commented by pikeflower at 2014-09-18 16:37
ぁ~わたしも見ました。
わたしは、
人間には、親からもらったbodyと共にハイヤーセルフ(高次の自己)がいて、
この世で自分がするべきミッションへと導いてくれていると思ってるの。

そして、魂は生き続けてると思う。
ただそれは信じるだけと思うんだけど、科学的に論理的に証明しなければ信じない、っていうのが、そもそも三次元なんだと思うなぁ。

東大医学部の確か、救命救急ERの先生で矢作直樹さんという方知ってる?
おもしろい本を、体外離脱だとか現場でみてきたいろいろなことね、書いているんだけど、彼もそう言ってる。
はっきり言って立花隆よりおもしろいよ。
Commented by umih1 at 2014-09-19 19:54
ガブリエルさん
これだけ情報があると、洗脳みたいになって、実際自分が瀕死になったら臨死体験するはずと思ってしまいそう。番組にもあったけど、記憶って信用できないし、思い込みは多いから。
でも神秘体験していい方に生き方変わったら幸せねー
わからないことにワクワクするのが人間だし、それに対してあーだこーだいってるのが楽しいよね∧( 'Θ' )∧
Commented by umih1 at 2014-09-19 20:01
ピケさん
脳の研究とかそういう話楽しいね。
勘違い思い込み、それで迷惑かけないで幸せになれるならいいね。
たましいは生き続けるって考えもいいね。
死んだらなんにもなくなるってのは、残された側は辛過ぎる。でも死んでいく側は、意外とそうでもないかもなと思っています。
なんだかんだワイワイ言っても、生きてるものには何もわからないのだと思います。
ワイワイ言って、幸せならそれでいいじゃんて思う。
by umih1 | 2014-09-14 23:59 | 思う事 | Comments(9)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31