ブログトップ

わたしのソファー

雨月物語・春雨物語



古本屋で買った雨月物語
好きな作家、大庭みな子さんが現代語化したものだからもったいなくて、数年本棚に置いていた。
本棚に置いておいて、それこそもったいないことをした

まるで紙芝居の絵のように、ひとつひとつのお話が脳裏に焼きつく。
特に「青頭巾」は、極まる執着に憐れを感じた。執着は苦しいものだ。

「貧福論」の左内を見習い、お金に対する気持ちを改めようなどと思う自分に笑ってしまった。
ああお金持ちになりたい!”富貴への道は技術であり巧みなものはよく集めるが、下手なものは瓦を壊すよりかんたんに失ってしまうものだ”(145頁より)
そりゃそうだなあ。

[PR]
Commented by Gabrielle at 2014-07-28 00:33 x
へー、面白そうな。古典は深いよね。
Commented by umih1 at 2014-07-28 21:53
うん、なんかさー昔の人と感覚の共通点を見つけたりすると、すっごく楽しくなるよ。
by umih1 | 2014-07-27 18:36 | | Comments(2)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31