ブログトップ

わたしのソファー

叡智のしずく


c0141335_2151793.jpg



関東はこの週末に台風が来る予定だったが逸れてくれたようで、3時頃には晴れ間がみえてきた。
今日はスーパーの買い物以外は出かけないと決心した日なので、化粧もせずにのんびりできた。
掃除の合間に鏡を見て、シミが増えたなあ、たるんできたなあ、
顔色が黄色と赤色だなあとか思い、この顔でずっと生きてきたんだなあとしみじみした。


晩御飯の支度が終わったころ、突然、
「自分のことを赦す」
という感情が湧きあがった。

言葉にしてしまうとなーんだと思ってしまうが、やっぱり書き留めておきたい。
だってずっと私は自分のことが嫌いで、心の底から自分のことが認められなかった。
自分のしてきたことは後悔することが多すぎて、自分を許せなかった。
それはとっても苦しい。
人にいくら偉そうなこと言ったり優しくしても、あくまでも表層だけだと自分がよく知っているし、
根っこが腐ったような自分が嫌でたまらなかった。
でもそういうことは仕方ないことだと、年をとるとともにわかってきた。
嫌いということは、好きの裏返しだし・・

今まで辛いことがたくさんあったけれど、ここまで生きてきたんだなあ。
頭悪いけど努力してきたこともたくさんあって、頑張ってきたんだ、偉いなあ。
先月受けたTOEICの試験スコアは最低だったけど(笑)、偉いよ頑張ってるじゃない。
なんだかんだ言って、与えられた環境の中で、適応しようと頑張って生きてきたじゃないか。

・・・と思い、ああ、私、私で良かった。生きてきてくれてありがとね、と心で呟いたとたん、
いろんな人や犬や猫や植物や愛用しているカップや猫村さんの漫画や、
いろんなものに「ありがとう!」といっぱいになった。

第二の思春期か、と笑ってしまう。ほんと、いつまで子供なんだろう。

でも、こんなに気持ちが軽いって、いいことだ。


どうしてこんなふうに、人の考えって変わっていくんだろう。
日常のいろいろな事が影響してくるのだろうが、私の場合は本や仏教の影響が大きいと思う。
それほど心には留めておいていないし強烈な影響はないと思っていたが、
案外ハワイのホオポノポノの影響があるのかなと思う。
最近は寝る前にこの本を適当に開き、目に入ったところを読んで寝ている。
読み流していても、すっと心に沁みているんだろうか。


c0141335_2151850.jpg

[PR]
Commented by _kyo_kyo at 2013-10-27 04:02
癒しの時間って、本当に必要です。
でも芯から癒されるってなかなか無いですね。
心から笑顔でいたいと日々思いつつ、努力の毎日でそれもストレス。
これ以上書くと愚痴のオンパレードになりそう(笑)
私も自分のブログで愚痴るかな~
って、私の書いてることみ~~んな愚痴の域を出てません。
許し許される関係・・・やっぱ猫(みゅう、さくら、くり、今は亡きたんたん)です。
下心の無い(実はもっと旨いもの寄こせとか、私の相手しなさいよ~とか、下心だらけの家のバカニャン達)存在こそが、
癒されてるんだなあ・・・と思うこの頃(毎日)です^^
Commented by Gabrielle at 2013-10-27 07:19 x
そっか、よかったね。
うみさんはホントえらいと思うよ。
まずいとこもあって人間で、それがかわいかったりするから、いいのよ、きっと。
私はどちらかというと自己愛系(爆)なので、直ぐ自分のことは赦しちゃうというか、まずかったことを反省しても直ぐ忘れちゃうのよね....。
Commented by sarakosara at 2013-10-27 15:58
うみちゃんの、そんな言葉をきいて、私まで癒された気がした、ほっとした。
私は若い頃にすごく優等生していた頃があって、なんでだろうって思って、ブログ書き始めて記憶を解きほぐすうちに、少しずつわかってきたことがあるの。
今はすっかり我がままな自己中だけど、年齢を重ねるってことはいいこともあるよ。
うみちゃんはほんとに頑張ってるよ、自分を甘やかして心を解きほぐしてあげてね^^
Commented by umih1 at 2013-10-27 18:18
kyokyoさん
そうね・・芯から癒されるっていうのは難しい。
いろんな事を抱えているってことを、まったく忘れることは難しいからね。
平日は毎晩、その日の疲労や不調を極力取り除くっていう作業で忙しくって、よけい疲れるということもある(笑。
愚痴は吐き出すべきときもあるよ。
顔の見えないこういうブログで愚痴ったって、別にいいじゃない。
人に何か言われるのいやだったらコメ欄閉じておけばいいんだし。なーんも気にするこたあないさ。
やはり、動物って手間かかるけどそれ以上に癒し天使だからね。
わたしもどれだけ、子供時代に猫たちに救われてきたことか。
感謝感謝^^

Commented by umih1 at 2013-10-27 18:23
Gabrielleさん
ホント~?えらい~?もっと言って~
自己愛系が一番いいのよ。
それが一番。だって自分が自分を愛してあげなきゃね~
嫌な事があったって、いい子いい子って自分の頭をなでてあげなきゃ、自分かわいそうじゃん。
わたしも、もう自分を責めないの。
自分の過失はすべて、「仕方ないよね」って。
ああ、今日は別府温泉の入浴剤を買ってきたの。
楽しみだわ~^^
Commented by umih1 at 2013-10-27 18:28
sarakoさん
ああ、よかった~
こんな子供みたいなことばっか書いていて、読む人たちも呆れちゃうよなあ、でも自分の場所だし、いいじゃないって思ってたから。
優等生っていうのは、とっても疲れると思う。
やっぱり書くことによって、自分自身のことがよくわかるってこともあるんでしょうね。
スコップで掘っていく感じで、わかってくるんだろうな。
子どもが大きくなってからは、だいぶ自分を甘やかせるようになりました。何事も自分のペースでやれるってのが理想ですが、プライベートではゆったり好きなことやってくのがいいですね。
ああ、別府温泉の入浴剤・・・今晩が楽しみだなあ、とかね^^
Commented by pikeflower at 2013-10-27 21:32
<「自分のことを赦す」

すてきだね。
umiさん、それは自分の魂の声だと思う

自己否定をやめると、世界が広がるよ。
自分を傷つけるのはもうやめようね。

自己中じゃないよ、それは。
自分を愛せる人は、人を愛をもってうけいれてあげられると思うもの。

これまでがつらければつらいほど、愛の深さや幸せへの感謝も強く感じられるんだろうな。
マイナスからプラスへ、まるでシーソーみたいに。
なんの苦労も悩みもなければ、なにも感じないものね。

読み流している本もちゃんと心に染みていて、
それはタイムリーな心の声だったのだと思うよ。
Commented by umih1 at 2013-10-28 12:59
ピケさん
ありがとー(*^_^*)
気持ちが楽になって、阿頼耶識の方まで届いたような、それほどの衝撃でした。
よかったです(・ω・)
頭の中に、残るもんなんだね、いろんなことって。
Commented by おやスケ at 2013-11-30 22:17 x
たぶん、本とか仏教にまつわる事とか、リラックスしてる最中に自分からやる最も好きな事ですよね。逆に意識に上がってきて言葉にできる事って、思いの外表層的なものだと思うんです。好きな事って、意識しなくても気がつくと勝手に体か動いてますもんね。そういう時間って、大切に守りたいですよね。
Commented by umih1 at 2013-12-01 10:12
おやスケさん
11月はあーという間でした。
心身ボロ雑巾ですが、キラキラしたものは奥にあるのだ、というイメージです。
自分で自分を振り回さないように、12月はしっかりしなきゃなぁと思います。
ゆっくり好きな時間は、区切りをつけて、あえて頑張って笑、作らなければならない感じですわー
おやスケさんも、お忙しいでしょうが、リラックスしないと、ですねー
by umih1 | 2013-10-26 21:50 | | Comments(10)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31