ブログトップ

わたしのソファー

曼荼羅展(((o(*゚▽゚*)o)))

8月31日土曜日、根津美術館に行き曼荼羅展を観に行った。

密教絵画や曼荼羅など、迫力に圧倒され続けー(☉。☉)
その展示室の隣の展示室には仏像が3体あり、そのうちの地蔵菩薩様には心を慰められ、
しばらく一緒に佇ませていただいた(笑)。
ロビーには古い仏像や彫刻が展示してあり、1体だけ西洋のお顔だった。
ギリシャ人のような彫りの深いお顔で、弥勒菩薩様・クシャーン時代・3世紀と明記してあった。
どのような経緯で、いまここにあるのだろう・・・クラクラしちゃったー

密教曼荼羅は、宇宙そのものである大日如来を中心とした仏の世界。
視覚化された教義の中心には絶対的な宇宙があるという。
じゃあ心理学者のユングの曼荼羅とは一体なんだろうと思って調べたら、
曼荼羅の中心は自我であるというから、密教曼荼羅とはまったく別物なのだ。
でも、同じ曼荼羅なのになあ。
一体どういうことなのだろう。何か分かり易い本はないものか。
と思っていたら、河合先生の本に書いてあった。
「宗派によって曼荼羅は本尊という形である。唯一で絶対であればそれは偶像崇拝。
私という個人が意識化して表現したものが(ユングの云う)マンダラ。
自分の、人間としての全体的な統合性の表現。自分が存在する。」


根津美術館学芸部発行の本を買った。

c0141335_12485033.jpg



暑くて庭園は散策できなかった。
秋が深まった頃に行ってみようかな。

c0141335_1248497.jpg

[PR]
Commented by おやスケ at 2013-09-17 11:19 x
間近で曼陀羅みたんですねー。庭園もいい感じで。私は不謹慎にも初盆の法要にて真言宗密教の曼陀羅が気になって仕方ありませんでした。後餓鬼の説得供養成仏の役割の観音様達の印をお坊さんがやるときも、あれは何菩薩だとか、どうも静かにしてる事とは縁がないようです…。
Commented by sarakosara at 2013-09-18 00:04
わっ!うみちゃん行ってきたのね^^
さすが、曼荼羅を堪能できたようで。そして間に合ってよかった。
私はうみちゃんみたに基礎知識がなかったから、今回初めて曼荼羅にじかにふれて、ほほぅ、曼荼羅とはこういうものだったのかと、はじめの一歩でした。
そうか、自分の中に広がる世界でもあるんだ。
>1体だけ西洋のお顔だった
たしかにそうでした。
やはりシルクロードなど経て文化は伝わっているのだと、日本へもヨーロッパ、アジアを経て朝鮮半島などから伝わった道筋が感じられて興味深かったです。
青空がきれいは日だったのね^^
Commented by umi at 2013-09-19 23:11 x
おやすけさん
曼荼羅先輩、コメントありがとうございまーす( ´∀` )
お寺様に行かれたら、その曼荼羅を近くで見せてもらってください。
細かくて、おもしろいですよう。
密教って、偉い人の御祓いを始めた仏教だから、いろんな動きとか音とか、他の宗派とは違いがはっきりしていますよね。

Commented by umi at 2013-09-19 23:14 x
さらこさん
はい!行ってきました!さらこさんブログのお陰で、ぎりぎり間に合いました。前日まで集中豪雨だったからどうしようと思ったけれど、どうしても行きたくって・・行って大正解です。
ありがとうございました( ´∀` )
歴史って面白いですよね。曼荼羅も仏像もみな人が作ったものなんですものね。
ああ、もっと仏像や仏画拝観めぐりをしたいなあ~♪

by umih1 | 2013-09-16 10:31 | ヨロコビ | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30