ブログトップ

わたしのソファー

1984年  by George Orwel



恐ろしい。
ここまで完璧ではないものの、似たような国がある。
自分の子供が親を告発する。
現実にも、そういうことをする人たちのいる国がある。
洗脳の場面から最後のページまでの
ウィンストンの葛藤には吐き気がする。

ウィンストンが思い出す母親の姿。
思い出した時の感情の揺らぎ・・・その当時わからなかったことが、
よくわかってしまうっていう。
最後にはどうにかなるんじゃないかと思っていたが、読み進めるうちにこれは無理だとわかってきて・・・辛い話だった。

[PR]
by umih1 | 2013-04-29 21:20 | | Comments(0)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30