ブログトップ

わたしのソファー

夏に読んだ本



この夏は、仏教本にハマっているのだ。


「親鸞」上・下   五木寛之
親鸞の生涯の、少年から成熟した大人への成長記。
多少フィクションも盛り込んで、面白く読んだ。

「私訳 歎異抄」  五木寛之
私なぞにも分かり易く書かれている。まさしく易行(いぎょう)。
法然上人から始まる易行念仏。他力に身を任せることは、我の強い私にはまだまだ難しい。
易しいことほど難しく思える。

「いまを生きるための歎異抄入門」 佐々木正
著書である佐々木氏は、大学を卒業後、公務員を経て、長野県のお寺の住職になられた方である。
フランクルの「夜と霧」やフェリーニの映画「道」、そのほかにも多々の引用を用いており、
わかり易く読みやすい。

「仏教のこころ」 五木寛之
確かあったよな・・・と思い、本棚を探した。
河合隼雄さん、玄侑宗久さんとの対談、エッセイなど。

「三位一体モデル」 中沢新一
中沢さんの著書は読んだことがない。この人って宗教学者さん?
あ、これは仏教本ではない。キリスト教に言及している。ほぼ日から出版されている。
・・・読んでるときはよく解るのだ。でも実生活に活かせるのかというと、
それは意識し続けないとダメなのだ。

「十牛図入門」 横山紘一
図書館の本だが、購入してまた読む予定。
「十牛図」とは、禅の入門図として有名な絵である。横山さんは、唯識思想を専門にされている方で、この唯識思想の観点から「十牛図」を読み解き、そうすることによって真の自分により近づくことができるという。
自分を変え、辛いことの多い人生が生きやすくなるという。
いったい何が人を苦しめるのか、それは自分自身(の意識)なのである。
深層の阿頼耶識に繰り返しくりかえし“よきもの”を薫じ続ければ、それが種子となり、自分の中でそれがしっかり根を張れば不惑になるのでなはいか、そういう希望を持つことができた。

「仏教対談集」 立松和平
歌舞伎「道元の月」で道元を演じた坂東三津五郎さんとの対談を読んで、どうしても観たくなったがこれはもう5年も前の演目なので、今はないのだろう。
脚本は立松さんなので、観たかったなあと思う。


****************************************


エッセイも良いね。女優の高峰さんは、名随筆家だ。


「にんげんのおへそ」 高峰秀子

にんげんのおへそ (新潮文庫)

高峰 秀子 / 新潮社



一気読み。
この話題からそこへ移り、どうやってまとめて落ちをつけるのかと思いきや、
なるほどそうですか。うーん。面白い。
素敵とか、綺麗とか、そんな形容詞は失礼な気持ちがするほどの女優さんは、
年齢を重ねるほど輝きを増すいぶし銀だなあ。
ぐらぐらしていなし、姿勢も良いなあ。

作家の幸田文さんとの初対面の章は特に興味深いものだった。
幸田さんの本は殆ど読んでいるが、映画になっているとは知らなかった。
高峰さんが主演のものもあるので、DVDを探してみよう。

幸田文さんの所作は、文章から立ち昇ってくる。
たまにはシャンとしなくてはと思うが、常にじゃなきゃダメなのだ。
私はわたしの虫歯と同じ、グラグラしっぱなしである。
歯医者にも行かなきゃなあ。



****************************************


夏休みは文芸春秋を買って、芥川賞の受賞作品を読んでみた。


「冥土めぐり」 鹿島田真希

冥土めぐり

鹿島田 真希 / 河出書房新社




これ、10回書き直したという。
この作品で受賞したかったという。
苦節10数年らしい。
才能を咲かせるためには、努力が必要不可欠なのだなと、つくづく思う。
真剣さが違う。
受賞した時は、旦那さんが泣いたという。
それだけ、苦しんでいる姿を傍で見てきたということだ。


主人公の、気持の揺らぎから開眼するまでの、心象の移ろい。
解かるという、その時の衝撃。
こういうことって、リアルだなあと思うのだ。

うんざりした一瞥が、旅の途中で、伴侶の持っている大きさに気がつく。
二人の「これから」が、目の前に広がる海と重なる。
いい小説だなあと素直に思った。
[PR]
Commented by bunkasaba at 2012-08-25 21:03
すごいですね。五木寛之は、分かりやすいですね。考え方はひねくれてますが、養生法には納得しました。
文藝春秋、まだ買おうと思って買っていません。
メイド巡りっていう作品があっても良さそうですね。
Commented by Gabrielle at 2012-08-26 06:34 x
仏教本は私はダライ・ラマが好きだなぁ。
*幸田文さんの所作は、文章から立ち昇ってくる。*
なんか素敵な表現だわ~。
Commented by sarakosara at 2012-08-26 07:43
お休みきっといっぱい本を読んでいるのだろうなって思っていました。
今興味をもっていることの傾向もかいま見れるよう。
うみちゃんの感想を読んでいると、ああ、読みたいって気持ちがかき立てられるのよね。

高峰秀子さん、母が大好きな女優さんでした。
素敵な女性の書くエッセイ、いいよね。
向田邦子さんの随筆も好きだったなあ。
Commented by umih1 at 2012-08-26 15:59
bunkasabaさん
五木寛之さんは、頭髪を洗わないんですよね・・・
一体あのヘアスタイルはどうなっているのか。常にキマッてるロマンスグレー。養生法は、やはり普通の人とは違ってるなあと感心しました。
ああ、メイド巡り、いいですねー。
地域ごとにメイドの感じが違っててね、出すものも、地域の特産とかね。

Commented by umih1 at 2012-08-26 16:07
Gabrielleさん
そうなのね~ダライ・ラマさんが好きなのね。私は2冊しか読んだことないけど、もう1冊ダライ・ラマさんの本も待機中だよ。
幸田文さんのを読んでると、こういう人は今、日本にいるかなあと思う。せめて日舞とか習ってみたかったなあ。いやあ、その前に着物着られるかって・・・無理。。生活そのものも、丁寧にしていた人だから、そういう部分こそ見習うべきよねえ・・

Commented by umih1 at 2012-08-26 16:12
sarakosaraさん
娘の看病しながら、家事と読書と昼寝だけしてました(笑)。図書館に行くと静かに興奮してしまいます、危険人物かもしれませんね。
ああ、高嶺秀子さんは、sarakoさんのお母さんが大好きな女優さんだったのですね。私の母は、歌手の小柳ルミ子さんが大好きでしたよ^^
向田邦子さん、亡くなるのが早すぎましたよね。昭和を代表する人ですね・・。
by umih1 | 2012-08-25 17:36 | | Comments(6)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30