ブログトップ

わたしのソファー

沈黙

出産のお祝いに行った。
赤ちゃんの名前は、「れいあ」。
ハワイ語で「天使」。

かなり感動した。

この世に生れて3日目の命。
周りを明るく照らす天使の笑み。
まだ笑うことはできないけれど、
存在そのものが天使の笑みである。



前にも載せた、タゴールの詩。。。


水に住む魚は黙し、地上の獣はかしましく、空の小鳥は歌う。
しかし、人間は彼の中に海の沈黙と地のざわめきと空の音楽とを持っている

すべての嬰児は神がまだ人間に絶望してはいないというメッセージをたずさえて生まれて来る。

木の葉の誕生と死とは渦のすみやかな回転であり、その一層大きい輪がしずかに星辰の間をめぐっている。

神の大きな力は静かな微風の中にあって嵐の中にはない。

鉢の中の水はきらめいている。海の水は暗い。
小さな真実は明晰な言葉をもつが、大きな真実は大きな沈黙をもっている。

*******************


生まれたての赤ちゃんは
泣くか寝ているか。

でも、その寝顔を見ていると、
ただ寝ているのではなく、
大きな大きな沈黙で、
この世に馴染むために
自らを自らの力で育んでいるかのようだ。



話は飛躍してしまうが・・・
吉本隆明さんがおっしゃっていた。
「芸術の根と幹は沈黙である」と。

こういう意味の「沈黙」を思うと、
ロベルトベニーニの映画「LIFE IS BEAUTIFUL」を思い出す。

ホロコーストの話からすれば、あまりにも簡単な背景描写である。
しかし、花や枝を飾り立てる必要などないのだ。
フィクションの中の“真実”という部分にフォーカスする・・・
つまり、真実は根や幹のことであり、それは飾り立ての必要ない静かなものである。
ロベルトベニーニのユーモアも、沈黙の一種であると感じる。


・・・わたしはベニーニの広いおでこが好きである。

c0141335_22254297.jpg

[PR]
Commented by Gabrielle at 2011-09-08 23:38 x
赤ちゃんカワイイよねぇ。
今はスモウトリの道、ひた走りのウチもRも、3歳くらいまでは、自分の子と思えないくらいかわいかったの、見た目が。
離乳食食べながら腕の中で寝ちゃった時はホント、天使だと思った。
子供は。お母さんを自分で選んで生まれてくるってホントかな?お父さんはテキトーらしいよ(爆)
Commented by russka at 2011-09-09 21:59
「れいあ」ちゃん、なんて可愛いお名前でしょう!ほんと、赤ちゃんは天使。
天使って、本当に居たらいいなぁなんて、時々思ったりしてます。

私、天使って好きなの。
ヘンな話し、「森永製菓」のロゴマーク見ただけで、ホッとするというか、小さな幸せを感じます。
赤ちゃん目にしたら、大きな幸せを感じます。
Commented by umih1 at 2011-09-09 23:47
Gabrielleさん
赤ちゃんを見ていると、とろけて溶けてしまいそうです。
かわいくてもう夢中・・・
かわいいお尻、かわいい泣き顔、ああ、ああ、幸せだったな~・・
>お母さんを自分で選んで生まれてくるってホントかな?
ええ、きっと本当よ。
>お父さんはテキトーらしいよ(爆)
あー、だろうねー(笑)
Commented by umih1 at 2011-09-09 23:52
russkaさん
ちなみに、うちのポメラニアンのラニは、ハワイ語で「しあわせ」っていう意味なんだって!
ふふ~^^
わたしも天使は大好きで、毎日語りかけてますよ(笑。
だって、ほんとにいるんだもーん♪
このあいだは、大天使ミカエルのヒーリングミストを買いました。ちいさな幸せっ❤

Commented by sarakosara at 2011-09-12 07:49
最近とみに涙もろいって歳のせいもあるのだろうけれど
赤ちゃんがにこって笑うのをみただけで
胸がいっぱいになってしまうことがあります。
これは理屈じゃない赤ちゃんの力なんだろうなと思う。
無垢な命そのものを感じるからかもしれません。
れいあちゃん、どうぞ健やかに^^
Commented by おやスケ at 2011-09-12 21:32 x
>ロベルトベニーニのユーモアも、沈黙の一種・・・・彼はベラベラセリフを吐きまくるけど、彼はそこにいなくて、奥で沈黙していますよね。よくわかるような気がします。
Commented by umih1 at 2011-09-13 21:26
sarakosaraさん
北海道から戻られましたね、お帰りなさい。

そうですね、赤ちゃんを見ると胸がいっぱいになりますよね^^
私は小学2年生のころから、例えば新聞やテレビで赤ちゃんを見るだけで胸がスウスウしてきて、なぜか目に水がたまりました。
人間だけでなく、犬や猫の赤ちゃんの写真や実物を見ても、どこかスイッチが入ると胸がスウスウしてきて涙がたまります。
かなり変人です。母性が強いというのでしょうか?
でも、さらこさんがおっしゃるように、きっと無垢な命を感じて感動してウルウルしてたんでしょうね。。。
Commented by umih1 at 2011-09-13 21:33
おやスケさん
ベニーニさんのベラベラが好きです^^
彼は、希望ということを大切にしています。
この映画の中では、とにかく子供に希望を失わせないことが一番で、からだいっぱい愛情で輝いてましたよね・・
「人生は奇跡の詩」(原題は”トラと雪”です)も面白かったですよ。
「ピノキオ」はピノキオの服を着ただけで、ピノキオを演じられた、50歳のベニーニさんでした。
ちょっと髭の跡が青いですが(笑。
by umih1 | 2011-09-08 22:05 | 思う事 | Comments(8)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31