ブログトップ

わたしのソファー

BIUTIFUL



村上春樹さんが、スペインで賞を受け、バルセロナで受賞スピーチをした。
「原子力は拒否すべきだった」と。
明日で3.11から3か月たつ。

福島の小学校の先生が、匿名で投稿してあるものを読んだ。
「もう、子供達には学校に来てほしくないのです。集団疎開してほしいくらいです。大学教授や偉い人たちが、放射線量は大丈夫、年間でこれくらいなら影響ない・・・などと言ったものだから、今は外で体育授業をしているし・・・水たまりとか・・・土とか・・・高濃度のポイントはあるはずですし・・・大人になってからあの時の放射線が原因で病気になってしまったなんて、そうなってほしくないのです。」

日々、福島に住んでいる人のブログや、過去の隠蔽の記事や、現在の状況のことを知るにつけ、いったいどうしたらよいのだろうこの先、と思う。

明日でもう、3か月。まだ、3か月。


村上春樹さんの「海辺のカフカ」の一編が、ある映画の予告編で使われている。
それは、今年、アカデミー外国語映画賞を受けた 『BIUTIFUL ビューティフル』

監督は、あの「バベル」や「21グラム」の監督さん。
村上作品の大ファンらしい。
「バベル」は面白かった。いま、「21グラム」をレンタルしているが、見る暇がなく、もう1か月以上放置している。
ビューティフルの主演、ハビエル・バルデム氏は、「ノー・カントリー」で初めて観たとき、非常に衝撃を受けた俳優である。ずっと観たかった「夜になる前に」は、レンタルリストに追加してあるけれど、いつ見られるのか。

村上さんの本は、ずっと、「神の子どもたちはみな踊る」が机の上に置いてある。
いつ読もうか。


映画『BIUTIFUL ビューティフル』予告編~「海辺のカフカ」バージョン


[PR]
Commented by sarakosara at 2011-06-12 14:37
村上春樹さんの作品を読み始めたのは
ここ二年くらいのことなんですよ。
友達やちょっと年上の人たちはちょうど村上春樹作品世代、
みんなノルウェーの森を読んで、はまったという人と
拒否反応のひと。
私はハードボイルドワンダーランドではまって、それから読んでいます。
ちょうど海辺のカフカは、今ゆっくり読んでいるところ。
田口ランディさんの寄る辺なき時代の希望という作品も、何年か前に書かれたものだけど、原発のこと、チェルノブイリのこと、色々興味深く、平行して読んでいます。
この三ヶ月、とても長かったような気がします。
Commented by russka at 2011-06-12 22:23
<ノルウェーの森>を、近いうちに読んでみたいと思っています。更に欲をいえば、この物語の舞台になったホテルで...夢のまた夢ですが。
Commented by umih1 at 2011-06-13 20:35
sarakosaraさん
田口ランディさんは、エキサイトでブログやってますよね。原爆を題材にした本も出ていますが、読んでません。寄る辺なき時代の希望・・・探してみますね。
村上さんは、たまに面白くない短編もありますが、オウムの件を扱った本はいろいろ考えてしまいました。
今回の震災や原発の件も、いずれ作品になるかもしれませんよね。
わたしはノルウェーの森は、若さの中の異常性を感じました。自分も20代だったので、理解を超えて拒否感が強かった。
でも、最近できた映画を観る前に、少しは大人になった自分がどういうことを感じるか、もう一回読んでみたいです。
ハードボイルドワンダーランドってどういうのだったかな・・・家にあるのでめくって記憶をたどってみます^^

エレカシの今宵の月のように~
いいですよね^^
♪ 新しい季節の始まりは
夏の風 街にふくのさ~

sarakoさんもそんなときがあるんだな~と。
私なんぞ、ねんぢゅうですっ^^
Commented by umih1 at 2011-06-13 20:41
russkaさん
映画化の影響か、ちょっと前まで、ノルウェーの森の文庫本をよく見かけましたね。
私はハードカバーを古本屋に売ってしまったので、いまさらすごーく後悔しています。
どうしても自分は、好きになるとその作家ばかり集中して読む癖があったので、最近は知らない作家の本を図書館で借りて読むことにヨロコビを感じています。
だから最近は春樹さんの長編をまったく読んでいません。1Q84も、アマゾンですっごく安くなってから読もうと思ってます^^

Commented by Gabrielle at 2011-06-14 16:05 x
私もノルウェーの森、チンプンカンプンで肌触りの悪い小説でした。
読み終わったか、どうかすら覚えてません。
今も実家の本棚にひっそり隠れているかしら?
Commented by おやスケ at 2011-06-14 21:45 x
海辺のカフカ、買ってしまいました。個人差はあると思いますが、20代のときに入ってくるノルウェーの森と、40代の時に入ってくるノルウェーの森、違うと思います。
この三ヶ月は、長かったですね。10年ぐらい経過したような気がします。最近このことも含めて、色々と考えてしまいます。
一も二もなく、まず行動なんでしょうが、身体的な行動だけが全てではないような気がするんです。特に今回のことに関しては。ああ、又何言ってるかわかんなくなってきました。失礼します。
Commented by umih1 at 2011-06-17 23:55
Gabrielleさん
村上さんの文章は好きなんですが、初めて読んだノルウェーに対して、免疫がなかったから拒否してしまったのかも。。
また読みたいけれど、他に読みたいのがたくさんあるからな~
Commented by umih1 at 2011-06-17 23:58
おやスケさん
カフカはおやスケさんだったら、そうとう面白いと思います。年とって仕事しなくなったらまた読もうっと。でも眼は大丈夫かな~。丈夫な眼が欲しいですね。。
三か月たってもまだ不自由な暮らしをしている人がたくさんいるこの状況・・・とくに原発は収拾がつかない感じでとても不安ですね。
by umih1 | 2011-06-10 21:33 | 映画 | Comments(8)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31