ブログトップ

わたしのソファー

恐れ

昨日夕方、大きな余震があり、その後も小さな揺れが続き、夜も揺れて、
テレビの緊急地震速報の音を聞くとドキドキしてしまって、
布団に入っても揺れてる気がして、体は疲れてるのになかなか寝付けない。
今日仕事中の揺れは震度3で大したことはなかったが、3階なのでぐらぐら揺れる。
新聞で、津波にのまれ助かった人たちの記事を読み、胸が苦しくなってしまった。
自分は本当に弱虫だ。
普通の生活ができるのに、被災したわけではないのに。
でも揺れすぎだよー。

大人になってから、地震の直前に地震だ!と感じることが多くなった。
それほど地震には、常々恐怖を感じている。大嫌いだ。
だから、地震の恐怖に対して何か良い対処法を考えてみる。

・起きていないことをあれこれ想像するのはやめる。
・体調が良ければお酒を飲む。
・何かに夢中になる。


被災地の人でなくても、敏感な人は過呼吸とかなってる人もいるんじゃないかな・・



・・・という文を昨日書いた。
被災地の被害の様子の想像以上の苦しみに改めて悲しくなり同調してしまって、
おまけに地震酔いが酷く、びくびくする時間の長さに疲れてしまったから、
必要以上に暗い気持ちになってしまっていた。

寝る前に見たニュース・・・
8人家族のうち17歳の女の子がたった一人生き延びた。
『私はもう泣かない。』
そういって、インタビューアーの目をみて、にっこりしていた。
この1ヶ月間の、その女の子のことを想像してみた。。。

そうして目覚めて、びくびくしている自分が恥ずかしくて、
元気になった。
今日、ボランティアの現状をテレビで見て、体力のある若い人や医療の技術のある人、
そのほか何か技術を役立てることができる人が、羨ましくなってしまった。
体力のない自分なんか何の役にも立たないから、無駄遣いしないで毎月募金を頑張ろうと思った。

地震酔いする人って、三半規管が弱い場合が多いから、血流の悪い肩こりの人がなり易いらしい。
本当かな~?
[PR]
by umih1 | 2011-04-12 21:45 | 思う事 | Comments(0)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30