ブログトップ

わたしのソファー

リトル・トリー



「リトル・トリー」 フォレスト・カーター著

普及版 リトル・トリー

フォレスト・カーター / めるくまーる




おやすけさんブログに紹介されていた「リトル・トリー」
やっとやっと読み終わった。
なかなか読み進められず、でもそのおかげで心にずっとあった。

フォレスト・カーターに対する批判はいろいろとあるらしいが、
私は純粋にこの物語に心を動かされた。

人間の静けさと激しさ、自然を謳い、祖父母や友人を弔う。

本を読んで泣けるなんて、素晴らしいじゃない。
まだまだ私は泣ける。あぁ良かった。
[PR]
Commented by sarakosara at 2010-11-15 23:20
泣ける本に、心ゆさぶられる本に出あえてよかったですね。
機会があったら、手にしてみようかな。
私もつい先日「さくら色 オカンの嫁入り」という本を読みながら
捨て男とお祖父さんの場面を読みながら、電車の中で泣けてしまい困りました。
そんなお話は読むところも選ばなくてはとつくづく^^
Commented by umih1 at 2010-11-17 22:14
sarakosaraさん
電車の中で泣いてしまったら、困ってしまいますよね~。
泣いた後しばらくは、心がすっきりするような気がします。
なんだか、人生がちょっと豊かになるような気がします。
感動した本の後って、何を読んだらいいか、ちょっと間があいてしまいます・・次は何を読もうかな~^^
Commented by chirumegu at 2010-11-22 22:47
わははっ!
さらちゃん、電車の中で泣いたんじゃ、
目に浮かぶけぇ、不思議 ププッ(● ´艸`)
でも、この本、こげに笑うて済ませる問題じゃないね。

わし、
最近、泣けんのよ(-公-、)
さらちゃんが言うように、
泣ける本に出会えてよかったなぁと
心底思います。
わしも、心から泣きたいゎ。。
Commented by umih1 at 2010-11-23 09:35
chirumeguさん
今は、可愛いすぅちゃんが帰ってしまったから、
本当はえんえん泣いてるんじゃないんですか~?笑
ふふふ・・・これから楽しみですね^^
初めてのクリスマス、お正月、1歳のバースデー、七五三・・・
この少子化の時代、孫の顔が見られるなんて、
本当に幸せだと思います^^
おめでとうございま~す♪
by umih1 | 2010-11-14 17:58 | | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30