ブログトップ

わたしのソファー

It was my pleasure.



来日してきた外国の人たちとの2日間が終わり、
燃え尽きた・・・・・
英語堪能な人がいるので安心していたものの、そういうわけにはいかず・・
8割くらいしか言っていることが理解できなくて、
言いたいことは7割くらい、手振りを加えて一生懸命・・・
同い年の工場長は、日本の自動車メーカーの海外工場に数年いたらしく、
「改善・現場・現物」と日本語で言っていた。うけた。
もちろん、ワールドカップの話題はなしであった。(フランス人なので・・)
しかし、「みなさんの鼻は高いな~」としみじみ社長と頷いた。
「アジア人は仕方ないわよね、そうよ仕方ないわ」とお互いの純和風の顔を見て頷いた。


帰り道、昔住んでいた場所の近くを通ったので、
今はどうなっているか見てみたら、もう取り壊されていた。
新築住宅が建つという看板があり、あ~もうないんだな~と寂しくなってしまった。
ついでに何年も通った保育所の前を通ってみたら、まったく変わっていなかった。なんだか胸がいっぱいになってしまった。毎朝二人を自転車に乗せて、帰りは一緒に歩いて帰ったな。週末はお昼寝用の布団を持って帰るのが大変だったな。
お店も変わっていたりして・・・
でも懐かしい場所は、いつまでもあの頃のまま。
小さかった子どもたちと歩いていた、あの場所や公園もあの頃のままで心にある。

思い出って、ほんとうに大切なもの。
誰にも奪えない、その人だけのもの。

寄り道してみて良かったな。
[PR]
Commented by おやスケ at 2010-06-24 10:07 x
ぶらり、何気なく立ち寄る、記憶の場所は、無残にも変わっていたりしますね。でも、心の中で、再生したりして。土地だけは逃げていきませんね。私の故郷(九州)なんか、車でブラリなんて事も出来ないので、写真で胸キュンとしています。昔いた場所ぶらりって、たまにはいいですよね。
Commented by umih1 at 2010-06-24 22:06
おやスケさん
おやスケさんのふるさとは九州だから遠いですね。
でも心にはいつもあるのですね。
小さい頃に住んでいた場所に行くと、変わり果てた街でも愛しくなります^^
昔いた場所にぶらり・・・いいですよね~^^
Commented by sarakosara at 2010-06-26 13:59
私は生まれ育った場所に今住んでいるのですが、
その変貌ぶりには目をみはります。
うみちゃんみたいな思い出を訪ねてきた人がみたら、びっくりするだろうな。
大きなお化け柳みたいな、小鳥の憩いの場だった柳のある広い工場は今はマンションになりました。

保育園、残っていてよかったね、
大切で愛おしい思い出は消えずにむしろ色濃くなっていくような気がします^^
Commented by umih1 at 2010-06-27 15:40
sarakosaraさん
小鳥の憩いの場所だったところが、今はマンション・・・
びっくりしている人がいるでしょうね。
どんどんお店や建物が変わって・・でもそんな中でも変わらずそこにあるお店なんかをみると、あ~毎日がんばってるんだな~としみじみ思ってしまいますよね^^
保育園が残っていて、うぅ・・と喜びに浸ってましたが、もうひとつ驚いたことがあったんです。当時すごく繁盛していた大きなおもちゃやさんで、地元では有名なところだったんですが、取り壊されていました。
借金とか・・・あるんでしょうかね~近所にその社長さんが住んでいたので、ちょっと心配になってしまいました。
Commented by sarakosara at 2010-06-28 06:07
なくなってしまったおもちゃ屋さん、知ってますよ。
子供達のおもちゃも小さな頃はよく買いに行きました。
どれだけたくさんの子が楽しみに出かけたことか、さびしいよね。
駅の反対側も私の子供の頃とすっかり変わりました、
昔、美味しいほかほかのクリームパンのお店があったのよ^^
Commented by umih1 at 2010-06-28 20:45
sarakosaraさん
ええ!そうなんですね~ 大きなおもちゃ屋さんがなくなってしまって、子供たちの楽しい場所がなくなってしまい残念だな~と思います。
何も買わなくても、お店の前でたむろしてしゃべったりしていた子供たち・・
あぁ・・ほかほかのクリームパン・・ほかほかというところが素晴らしいですね!!
by umih1 | 2010-06-23 21:16 | 思う事 | Comments(6)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30