ブログトップ

わたしのソファー

「杉浦日向子の食・道・楽」



杉浦日向子の食・道・楽

杉浦 日向子 / 新潮社




「おひとりさま」というTVドラマが会社で話題になり、主人公の独身女性が一人でお寿司屋さんで食べるというシーンについて・・・
「私は無理~。そもそも一人でお店に入って食べるっていうのが無理。」(60代女性)
「必要とあれば一人で普通に入るけど、ゆっくりお店でっていうと、
やはり友達と入るかな~」(50代女性)
「お金持ちだったらカウンターで時価でお寿司を頼んでみたい。
おいしいお酒飲みながら。」(40代 わたし)
「え~一人でも平気だけど・・やっぱり旦那さんと・・かなー」(30代女性)

一人、ということが焦点になっているのに、寿司屋ということしか考えていない私の回答は的外れ。笑。
少なくとも私は一人でどうのこうの、そんなことはちっとも気にならないし、
誰かと食べても一人で食べても楽しい。


杉浦さんの生前最後のエッセイは、
江戸に精通した粋な姉さんの、艶々した食とお酒のお話だ。

―酔って心身に隙間ができて、そこに心地よい風が通る・・・
・・・かっこい~

相当の酒飲みだったらしく、昼下がりの蕎麦屋で・・・
「板わさと燗酒でもいい。熱々の鴨南の後に冷酒で、もり一枚をたぐるのもいい。
焼海苔をツマミに一合酒を30分かけて、のうのうと過ごせるのは蕎麦屋さんだけだ・・」
そんな時間を、杉浦さんは「憩い」という。

「”憩”という字は、心の上に自らの舌が乗っている。
心と自らと舌。これは、味わうことにより、心身がいやされるということだろう。
飲食のみならず、景色、出会いも味わいだ。
それを、ひとりで、する。一人で選んでひとりで行って、ひとり、味わう。」


気のおけない友人や家族と過ごすのとは違い、やはり一人の時間も大切なもの。
わたしもそういう時間がないと、こころがショボーンとしぼんでしまう。
[PR]
Commented by mitatejapon at 2009-10-31 18:55
こんばんは、うみさん。

ときどき思うのですが、一人で過ごす時間だとか、シチュエーションのようなものを楽しく快適に過ごせない方々って、他の人々の輪の中に入ったとしましても、やっぱり楽しい時間を過ごしてはいないのではないのでしょうかねえ。『おひとりさま』、そんな言葉を耳にしますといつもそんなことを考えてしまいます。
旅先でぶらりと入るお寿司屋さんだとか、ビストロ、わたしも大好きです。もしかしたら、どちらかでうみさんとばったり遭遇していたりして?ははは
Commented by umih1 at 2009-10-31 21:47
mitateさん

こんばんは mitateさん。
おっしゃる通り、ひとりは無理という方は、一人は淋しいと思ってしまうのでしょうね。。なんだかそのほうが淋しいなと思ってしまいます。とくに美味しいものは、料理人が工夫して盛り付けも素人とは違うし、とても参考になって楽しい。
わたし、子供にお金がかからなくなったら、ぜーんぶの日本中の県を旅したいなーなんて思ってるんです。そしたら、偶然ばったりmitateさんに会ったりして^^
Commented by _kyo_kyo at 2009-10-31 23:24
一人で喫茶店で読書が好きな私は、
やっぱり一人でもランチとか、お金がったら行きたいなあ。

どっちかというと、誰かと何かをするのが苦手な方だから、
そう感じるのかもしれませんね^^;

うみさんの言葉を読んで、ぶらりと一人旅も良いなあなんて思いました♪
Commented by bunkasaba at 2009-11-01 07:56
一人で外でご飯を食べると、「詰め込むだけ」といった感じですぐ出てきてしまいます。
喫茶店も同様で、ゆっくりできたらなぁとは思いますが、実際はなかなかそうできないです。
Commented by kisaragi87 at 2009-11-01 08:17
ひとりでぶらりだったら、地方の小さなお店がいいな、
昔の一人旅のときのふらっと入ったお店では
そこに居合わせた人と、ちょっぴりおしゃべりするのが楽しかったものです。
函館のおすし屋さんに一人で入ったときはちょっと勇気が要ったけど
小さなカウンターで食べたイカ素麺の美味しかったこと!
翌朝は朝市の食堂でウニ丼をひとりで堪能しました。
誰かと一緒にわかちあう楽しみも大切だけど
家にいてもね、ひとりの時間って大切だなって思います、
昔からぼーっとする時間が好きだった妄想族だったっていうのもあるかもだけど^^;
Commented by chirumegu at 2009-11-01 17:20
私も、一人で過ごす時間は、たとえ10分でいいから、つとめて作りたいです。
一人でよそへ出かけることが困難な我が家では、台所が唯一の場所かも。
じゃけん、寝る前の1杯がたとえ一人になっても旨いんです^^v
この粋な姉さんのお話、分かる気がするな。

もっとも、台所で一人で呑んでいても、後からどたどたと来て、ぶち壊すもんがおりますが… (ノ`A´)ノ ⌒┫
・・・でぶにぃです( ̄-  ̄ )
Commented by umih1 at 2009-11-01 17:44
kyo kyoさん

静かで落ち着いたところって、探せば意外とあるんですよね。
kyo kyo さんの、喫茶店でくつろいでいる姿が想像できます^^
私もひとりで喫茶店に入るのが好きです。
でも、例えば、個人でやっている居酒屋なんかのカウンターでひとり、一杯やってしまったら・・・
必ず誰かと談笑しているでしょう。
ひとりもよし、ふたりもよし、楽しい時間を過ごせたらそれが一番ですよね^^
ぶらり一人旅・・・まず、北陸地方を堪能したいなぁ~・・・
Commented by umih1 at 2009-11-01 17:44
bunkasabaさん

お昼のランチで、ひとりでよく行くお蕎麦屋さんは顔なじみなのですごく落ち着きます。
でもそれ以外は、お店の作りが落ち着かなかったり、やけに狭かったりして「詰め込むだけ」な感じになります。
喫茶店も、席選びは重要ですね~。でも先客がいたりして・・
近所には、大人のための、大人の喫茶店やカフェって、数が少ないです。
ゆったり広くて、でも広すぎない、静かで放っておいてくれる・・・そんなところないかな~。
Commented by umih1 at 2009-11-01 17:45
kisaragiさん

函館のお寿司屋さん・・・イカ素麺・・・ウニ丼・・・
あぁ・・おいしかったでしょうね!
見知らぬ人との会話もあって、わくわくしたでしょうね。
どこから来たの?とか、このイカは透き通ってるだろうとかね、その地域の話しなんかも面白いでしょうね~
あぁ・いいな~いいな~

お休みの日に出かけた先から帰宅したとき、みんな出かけているとなんだか嬉しいんです。
のーんびりした気分になります。なぜでしょうね~。
でも寝てしまうので、時間がもったいないな~とさんざん昼寝してから後悔します(笑)。
Commented by umih1 at 2009-11-01 17:53
chirumeguさん

たった10分でもひとりの時間て貴重ですよね。
子供部屋のように、自分の部屋でもあればいいけれど・・
ときどき行方不明になってしまいたくなります。
家事や細かい仕事の後、ほっとして飲む一杯のお茶やお酒は、ゆったり飲みたいですよね。
でぶにぃさん・・・Σ( ̄(エ) ̄lll)  
静かで無口な優しい男・・・と思うには、もう遅いでしょうか?(笑)
by umih1 | 2009-10-31 17:30 | | Comments(10)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30