ブログトップ

わたしのソファー

ベンジャミン・バトン



「ベンジャミン・バトン」


ベンジャミン・バトン 数奇な人生 特別版(2枚組) [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ




華麗なるギャッツビーの作者、スコットフィールドの短編から広げて作った映画。

ブラッド・ピットと、私の好きな女優であるケイト・ブランシェットの、若返っていく人間の姿と年老いていく人間の姿がクロスする様に、とても驚いた。特撮もさることながら、メイクの技術には驚くばかりだった。

2時間以上ある長い映画だが、主人公であるベンジャミン・バトンの数奇な一生を観終えたとき、短いような長いような、奇妙な感覚になっていた。

映像の美しさ、主役二人の、老いの姿も含む美しさ。
たいして期待していなかったが、面白かった。

ケイト・ブランシェットの、あの魅力は、いったいどこから発せられるのだろう。
彼女を見るたび、ほうほうため息をつくばかりである。

これは今年のアカデミー候補作だったが、今年アカデミー賞をとったインドの子供がでてくる、「スラムドック$ミリオネア」はまだDVDがでていない。早く観たいものだ。
[PR]
Commented by _kyo_kyo at 2009-09-04 22:31
この映画は私も見たいと思っていた映画です。読んでいるうちに、また借りたくなってしまいました^^
Commented by bunkasaba at 2009-09-04 22:49
若くなっちゃう話しでしたっけ?面白そうですね。
Commented by kisaragi87 at 2009-09-06 18:09
これは映画館で観てきました。
長い映画だけど、いっきに見てしまった感じ、
実際にはありえない物語とはいえ
色々なことを感じました。
ふつうは若返るってうれしいことなはず
けれど、すれ違い交差していく二人にとっては
切なくて、くるおしいような時の流れなのだと思いました。
ピアノを弾く少年の姿の老人にいたましいような気持ちがしたけど
最後にケイトの腕の中で息をひきとった場面も印象的だったなあ。
特殊メイク、ほんとうに驚くばかりです。
Commented by umih1 at 2009-09-07 21:08
kyo kyoさん
お返事遅くなってしまいました、ごめんなさい。
やっぱりこの映画は気になる人が結構いるみたいで、なにしろ話の内容に惹かれますよね。あり得ないことをどうやって表現するのかな~と。
kyo kyoさんも、ぜひ観てくださいね。気にいると思います^^
Commented by umih1 at 2009-09-07 21:14
bunkasabaさん
面白かったですよ、映像は合成部分がありますが、まったく自然でどこが合成かわからない・・。メイクの力はすごい・・。ほんとうに、20歳くらいの若さになってるんですよ。私もやってもらいたい(笑)。
皺やシミ以外では、眉毛がポイントだなと思いました。え?頭髪?あぁ、そうですね、やはりそれも影響がありますね~(笑。
Commented by umih1 at 2009-09-07 21:23
kisaragiさん
主人公の一生の話だから、とてもめまぐるしく感じるかと思ったら、そんなことはありませんでしたね。
子供ができて、ベンジャミンは出て行く決意をするところ、ケイトが若くなったベンジャミンと再び出会い、抱き合うところ・・・最後のほうで、ベンジャミンが子供の姿でケイトと散歩に行く場面も印象的でした。
あり得ない設定でも、愛情というのは育まれていくものなのだな、続いて行くものなのだなと思いました。
面白い映画で、見ごたえがありましたよね^^

by umih1 | 2009-09-04 20:36 | 映画 | Comments(6)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30