ブログトップ

わたしのソファー



今日は投票に行ってから図書館へ行った。

図書館で借りて読んだ本を返却。


「和のアルファベットスタイル」 堀井和子

料理スタイリストの堀井さんが紹介する、普段家で使っている食器や小物の写真やエッセイが素敵な本。
日本の器と北欧で求めたテーブルクロス。きれいなグラスやパンかご。
普段のお料理を、気に入っている器に盛りいただく。そういう毎日って豊かだな。


「もしもあなたが猫だったら」 竹内薫

副題「思考実験」が判断力をみがく、という猫好きの科学作家の新書。
他人の立場になってみる=視野が広がり物事を大局的に眺める癖が付き、社会生活や人間関係が楽になる。
つまり、脳内でシュミレーションをする=思考実験というわけで、柔軟な頭と心が必要だ。
だんだん難しくなって、最終章のアインシュタインの話ではチンプンカンプンだった。
でも、宇宙の話はとっても面白かった。星って寿命があるんだなと改めて驚いてしまった。
普段、私にとって星とは単に鑑賞して美しいと思うものだが、生まれてやがて老いていき、今見ている星は、実はもうすでになくなっているのかもしれない。
擬人化するようでおかしなものだが、星は一人なんだな、人も星も一人で死んで行くんだななどと思った。


「小川洋子対話集」

田辺聖子、岸本佐和子(翻訳者)、リー・アン(中国人作家)、ジャクリーヌ・ファン・マールセン(アンネフランクの友達)、
レベッカブラウン+柴田元幸、佐野元春、江夏豊、清水哲男(詩人)、五木寛之・・・
田辺聖子さん、岸本佐和子さん、五木寛之さんと対談が良かった。


「体は全部知っている」 吉本ばなな

短編集。
ある、印象深いシーンを切り取ったような短い話がたくさんあって、
そういうのって、前後を想像したりして、けっこう自分の脳に焼きつく。
あぁ、これ、もう一つの私の人生だったかも・・・というお話が最後にあって、
それは「いいかげん」というお話で、カウンターに立つ父と母の、美しい調和が流れる、二人のお店の雰囲気が、もしかしてこうだったかもと思うと切なくなってしまった。


「いまどき 和の器」 知っておきたい器使い

染付、白磁、粉引・・・器の形もいろいろで、実際にお料理が盛りつけされた写真や、
花器に使っている写真も豊富で、まったく見飽きない。
美しいものって目や心を喜ばせるのだなと思う。
器のお店めぐりも楽しいかも・・・と思った。


岡本かの子と岡本太郎の本2冊は読めなかったので、もう一度借りた。
[PR]
Commented by おやスケ at 2009-08-30 23:28 x
小川さんの本は、凍りついた香りとか読んでみたいなぁと思っとります。
岡本太郎夫妻と、水木しげるは、なんか似たにおいがします。人も星も影響し合いながら、あたかも一人で死んでいくかのように見えるだけなんじゃないでしょうか?
Commented by umih1 at 2009-08-31 18:14
おやスケさん
小川洋子さんの小説は、激しさも生々しさもなくて、ストーリーとしては面白いんですが、、、図書館に必ずあるので、今度手に取ってみてください。
水木しげるさんのことは漫画家ということしか知らないので何とも言えませんが、何かを生み出す行為は、それ自体ちいさくても、大きな影響があるんでしょうね。ひとりで死んでいくことそのものも、大きな影響のひとつ。ということは、大きな大きな「ひとつ」であるのでしょうね、もとは。
Commented by kisaragi87 at 2009-09-01 07:58
うみちゃんは、ほんとうに本をよく読んでるのね^^
「もしもあなたが猫だったら」って、面白そうな題名だと思ったけど、けっこう難しいんだ・・
図書館で借りると、ちょっと気になる本とかも
手軽に手にすることができるから、
そこから知らなかった世界が広がっていきますね^^

岡本かの子と、岡本太郎はほんとうに不思議な親子だなあと思います。
太郎さんは奇抜な人というイメージだったけど、記念館に行って色々な資料を見てから少しイメージが変わりました。
岡本太郎さんの著書も読んでみたくなりました。
Commented by umih1 at 2009-09-03 08:06
kisaragiさん
図書館で、新刊の予約をしてもなかなか順番がまわってきません。人気になると、100人待ちはあたりまえなので、予約はしないことにしました。もう、待つことに疲れました(笑)。
でもその代り、本屋には置いてない本がたくさんあるし、なんと言ってもただなので嬉しいですよね。

岡本かの子さんご自身が、常人の感覚ではないですね。ちょっとしたエッセイに、ハッとさせられるし、今の時代にも十分通用するセンスがあるな~と思いました。
岡本太郎さんは、今途中なんですけど、深い人です。如月さんも、ぜひ、手に取ってみてください^^
Commented by chirumegu at 2009-09-03 11:33
「もしもあなたが猫だったら」
猫の話から、星の話になるん?
星に寿命があるのは、なんとなく分かるね。
この地球もそうなんじゃろうのぅ。
限りある地球のいのち、大切に使わんといけんね^^

で、ジローくん・・・↓ ↓ かわぃぃ❤
几帳面なんじゃね。
災難じゃったけど、でも、怒らずジローくんを見てあげるうみちゃんって、優しいね。
Commented by bongu04200420 at 2009-09-04 09:50
図書館いっとき行ってないっす。僕も期日前に投票いきましたよ(^◇^)
Commented by umih1 at 2009-09-04 20:10
chirumeguさん
もしもあなたが猫だったら→この、猫の部分をいろいろ変えて、想像してみよう、そうすれば世界観が広くなるぞーという趣旨でしたが・・・宇宙の出来事や物理の話はちんぷんかんぷんでした。
でも偏った好みをしているので、たまにはこういう本もいいかな~と^^ はい、地球の命をいただいていると思って、大切に思う気持ちはずっと持っていようと思います。
ジローは上目遣いでみて、私がどうでるかビクビクしてました。なんだか不憫で・・・(笑)。人間だってお腹が調子悪いのは我慢できませんもんね、靴は悲しかったけど、しかたありません^^
Commented by umih1 at 2009-09-04 20:15
凡愚さん
図書館て、隠している本がたくさんあるんですよ・・・別に隠しているわけではないんでしょうが、図書館員に「この本の下巻は貸し出し中ですよね・・・」と寂しく聞いたら、奥の廊下へ消えて、そして出てきたときには、欲しかった本を持ってきたのです。違う出版社のものでしたが、「ええ!あるんなら出しとけぃ」と思いました。
でも、本棚はぎゅうぎゅうで、本棚の上に本を並べて、作家の名前のラベルを手前につけてました。スペースがないのですね~
by umih1 | 2009-08-30 20:33 | | Comments(8)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30