ブログトップ

わたしのソファー

ベルリン 天使の詩



今まで自分は寂しいって思わなかった。
でも、寂しさって嫌いじゃない。寂しいっていうのは自分をまるごと感じる事だから。
あなたの不在が寂しい、それって素敵なことだから。



ベルリン・天使の詩 デジタルニューマスター版 [DVD]

東北新社




人間の歴史をずっとずっと見続けていた天使たち。
ある天使はずっと、その先に死があろうとも世界の内側に行きたい。そういう願いを持っていた。
ある日その天使は、空中ブランコに乗る女に恋をする。
そしてついに、女と愛しあうため天使は人間になる。
モノクロにしか見えない世界。それが人間になったとたん、世界は色で溢れて見えた。


10代のころ、ヴィム・ヴェンダースにはまった。
今、もう一度観て、やっぱりいいな~と思う。


全部、「詩」のような映画だった。
ピーター・フォークが素敵だった。
人間になった喜びでいっぱいの笑顔がすてきだった。
空中ブランコに乗った、羽をつけた女がとても綺麗だった。


一番好きなシーン・・・
人間の思っていることが聞こえる天使は、とても落ち込んでいる人に寄り添い、
そっと肩や頭に掌をのせてじっと優しく見つめる。
そうすると人間は、「!」という感じで前向きになる。そんな人間を見て天使は微笑む・・・

私のそばにも、時々天使がきて慰めてくれてるんじゃないかしら。。。
[PR]
Commented by sunnyfields at 2009-07-24 21:37
私のところにも天使が来てくれたのかも!
年末年始の泣いていた日々が懐かしいくらい、前向きなのが不思議なんだもの!
Commented by ynagamori at 2009-07-24 21:41
昔 私もみました。凄く綺麗な映像だった事だけ覚えてます。私ももう一度借りて見てみたいな と思いました。うみさんにはきっと優しい天使が来ていますね~
Commented by umih1 at 2009-07-25 20:23
sunnyfieldsさん
いっくんという名前の天使だったのかな?
好きな人と好きな場所に行ったり好きなものを食べたり・・・
そうしているうちに、どんどんsunnyさんは癒されて元気になってるんだよきっと。 良かった^^
どうも鼻笛に受けてしまって・・・口開けて鼻で吹くから・・・高音が難しいって・・・あぁ、おかしいウケル!
Commented by umih1 at 2009-07-25 20:28
ynagamoriさん
映像がきれいですよね。それと図書館のシーンで、人間の心の中のひとりごとがサワサワ・・・と聞こえてきて、不思議な感じがしました。あんな映画は後にも先にも一つしかないような気がします。キレイでしたよね。
もっこさんの絵の中に天使がいるのかも^^ とっても癒されるから。
Commented by kisaragi87 at 2009-07-26 08:16
昔通っていたカトリックの学校では、人にはひとりひとりに
それぞれの守護の天使がいて、いつも守ってくれているんだよと教えられました。それをきいてなんだかうれしかったものです。
もうすっかり忘れていたけど
うみちゃんの記事を読んでそのことを思い出しました^^
そっと頭に掌をおかれたら、ほっと安心しそう、
きっとうみちゃんのそばにもね^^
Commented by umih1 at 2009-07-26 15:02
kisaragiさん
守護天使・・・嬉しいですよね。守ってくれている、ありがたい・・・感謝の気持ちでいっぱいになりますよね。
なぜか天使の置物やイラストが好きで、つい集めてしまいます。
哀しい気持ちになったとき、イメージするかもいいですよね。
天使がきて心配そうに見てくれて、掌を頭においてくれて・・・
想像しただけで、哀しくなくなりそうです^^
Commented by at 2009-07-28 21:44 x
観てない!TSUTAYAで予約♪です。楽しみ・・・・ありがとう、うみちゃん。
Commented by umih1 at 2009-07-29 21:10
菫さん
あ、予約したんですね!観て損はないです。詩的で気に入ると思います。コロンボ刑事が渋いんですよ~!
by umih1 | 2009-07-24 21:00 | 映画 | Comments(8)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30