ブログトップ

わたしのソファー

Four Weddings and a Funeral



ひっさびさにゆっくりしてます。

今日は町内の運動会だったので、班長として参加してきました。
雨降りのため学校の体育館で行い、しかも午前中で終了。
くじでビール1ケース獲得!発泡酒ではなく、ビアです(キャー)。
パン屋さんはお休みしたので午後はゆっくりDVD鑑賞。
ツタヤオンライン予約で送られてくるので楽ちんです。



「Four Weddings and a Funeral」


moccoさんの記事にあった映画のワンシーンに感動したので観てみました。


題名通り、4つの結婚式と1つのお葬式のお話です。
ヒューグラントはハンサムだけじゃなく、なんともいえない妙味のある俳優だと思います。
葬儀でオーデンの詩を詠んだジョン・ハナーも良かったです。


イギリスの詩人オーデンが綴る言葉。特に最後の行の余韻がしばらく消えません。

Funeral Blues  ~ Wystan Hugh Auden

Stop all the clocks, cut off the telephone,
Prevent the dog from barking with a juicy bone.
Silence the pianos and with muffled drum
Bring out the coffin, let the mourners come.

Let aeroplanes circle moaning overhead
Scribbling on the sky the message He is Dead,
Put crépe bows round the white necks of the public doves,
Let the traffic policemen wear black cotton gloves.

He was my North, my South, my East and West,
My working week and my Sunday rest,
My noon, my midnight, my talk, my song,
I thought that love would last forever: 'I was wrong'

The stars are not wanted now, put out every one;
Pack up the moon and dismantle the sun;
Pour away the ocean and sweep up the wood.
For nothing now can ever come to any good.


「今は、慰めてくれるものなんて何もない・・・」
愛する人を亡くすことは全てから光を奪ってしまうものなのだと思います。
その瞬間を詠ったこの詩は、深く心に刻まれました。


でもこの映画で泣けた部分は、この葬儀の場面だけではありませんでした。
新米牧師が初めての結婚式で、ことごとく読み上げる言葉を間違えてしまい大ひんしゅくでしたが、
「ブラボー!」という言葉と拍手でみんなワイワイする箇所に、なぜかジーンとしてしまいました。
この新米牧師役は、むかし流行った、「Mr.ビーン」でおなじみのコメディアン兼俳優さん。
ローワン・アトキンソンさん。
大大大好きな映画「Love actually」(DVD持ってる)にも出ていて何度も観ているので他人とは思えない。
で、ついついyoutubeを探してしまった。
自分用にUP(笑)
いや、笑えるし30秒なので、どうぞ。


Rowan Atkinson in "Not The Nine'O Clock News" - best scene ever



[PR]
Commented by bunkasaba at 2009-06-21 22:23
雨がちだったので、映画を見るには最適な日でしたね~。
映画も、もうずいぶん見ていない気がします・・・。
Commented by mocco at 2009-06-22 08:43 x
うみさん
昨日、コメントしたつもりだったのに入ってませんでした~
ヒューグラント大好きです~~彼の映画 ほとんど見ています!!彼のコメディーいろんな所に つぼがあって見るたびに自分の心にひっかかってくることちがいますよね。
  ミスタービーンの人 おかしいね~(笑)

 
Commented by umih1 at 2009-06-22 21:22
bunkasabaさん
予定のない雨の日の午後。気ままな時間・・・なんて、唄のようなシチュエーションでした。が、結局夜になって、お風呂掃除を忘れていたことに気がついて、ガシガシと掃除をしていました。
やっぱり映画は、ちょっと笑えるくらいの方がいいですね。気持が明るくなります。
Commented by umih1 at 2009-06-22 21:31
moccoさん
わたしも、ヒューグラントの映画はほとんどみている・・・かな~。いや、見逃しているものもあるかも。あ、About a boy はまだ観ていません。今度借りようっと^^
笑えて泣けて、という映画がいいですよね。ウッディアレンも好きで、ミュージカル仕立ての映画も好きです。
ミスタービーン、こういう人ってすごいなと思う。顔としぐさだけで笑わせるって・・・ね。
by umih1 | 2009-06-21 17:00 | 映画 | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30