ブログトップ

わたしのソファー

懐かしい街



自宅から車で約1時間のK市は、私の父が住んでいた。
今日は父の遺した駐車場の草むしりのために、K市へ行った。
私自身、小さな頃と18歳くらいの頃に住んでいた街だ。今も親戚がたくさんいる。
草むしりは適当にして除草剤を撒き帰ろうと思ったが、
ふと気まぐれをおこしブラブラと駅の方まで散歩を始めた。

最初は、自分が住んでいたアパートから銭湯があった場所、よく行ったスーパーをブラブラ。
今はもう銭湯はないが、見た瞬間、うっと涙ぐんでしまった。
20年ぶりに通ったので、住んでいた当時の気持ちやら想いやらが押し寄せてきた。

駅への道も懐かしく、まだ同じ店があったりして嬉しくなった。
駅からの道は、裏通りの商店街を通って、ひとりキョロキョロにこにこして歩いていた。
随分と駅はきれいになって、あぁ良かったな~と思った。


駅の通りは、こうして小学生の「花を大切にしようね」という看板が木にさげてある。カワイイ。
c0141335_18315282.jpg



駅裏通りの商店街にある和菓子屋さん。実は短期間バイトをしていた。
c0141335_1832596.jpg



父の知人のお店があった場所。商売が傾き、土地を売ったようだ。
大きなビルになっていて、とても驚いた。
一階は店舗向けになっているが、借りてはいないようだ。
c0141335_18313547.jpg



住んでいたアパートからすぐ近くに大きな公園がある。
よく、ハトに餌をあげたり散歩したりしていた。
古ーい電車?や機関車が展示してあるが、古すぎてちょっとホラーじゃないですか??
c0141335_18323780.jpg



もう一度住みたい。
自然に囲まれた家に住むことも長年経験したけれど、6歳まで商店街育ちだったので、
ごちゃごちゃしたところも好きなんだな~と感じた。
三つ子の魂百までっていうことかな。。

K市のはずれには、植木などが盛んな緑豊かな地区もある。
そんな緑に囲まれたところも近いし、いいな~また住みたいな・・・と思った。
[PR]
Commented by bunkasaba at 2009-04-28 23:32
K市。まるで松本清張の小説のようですね。
川口も川越も越谷も春日部もK市ですね。
埼玉県って、K市が多いな~。
すいません。ひとりごとみたいで。
Commented by chirumegu at 2009-04-29 11:41
ほんと、うみちゃんの懐かしい、「うっ」の気持ちが、いっぱい伝わってきたよ^^
どの写真も、うみちゃんの「うっ」が、こめられてる。。
わしまで、「うっ」(-公-、)
ふるさと・・・帰りたくなるよね。。
ひとつひとつ、糸をたぐりよせるように、、思い出がよみがえってくるね。。
ありがとう。。
わしも、近いうちに、帰ろぅっかのぅ~・・・
おとうちゃぁん(-公-、)
Commented by kisaragi87 at 2009-04-29 14:57
うみちゃん、びっくり・・
私もここに20年前に住んでいました。
ホラーの電車やきかんしゃの近くで赤ちゃんだった娘をよく遊ばせたり
公園を散歩したり。
小さなアパートで、追い炊きのできないお風呂や、朝は水が出なくなってしまう蛇口、赤ちゃんは元気?と声をかけてくれるお隣さん。
それでも子育てが心細くてしかたない日もあったし、少しずつ友達ができた嬉しい日もあった、とても懐かしい場所。4年間を過しました。
私も、涙ぐんでしまいそう。
もしかしたら、18歳の頃のうみちゃんとすれ違っていたかもしれないね。
自分のことばかり書いてしまってごめんなさい、
でもうみちゃんの気持ち、すごく伝わってきました。
Commented by オヤスケ at 2009-04-30 20:33 x
・・時も場所も違えど、こういう感覚、感情って、自分の中にいつまでも
あるものなんでしょうね。突然涙ぐんでしまうのって、わかりますよ。
昔の私が表に出てきて泣くのだと思います。
伊勢屋って色んな所にありますが、元は一緒なんですかね?おはぎとか、いなりずしが美味しくて、よく食べてましたよ。
Commented by umih1 at 2009-05-01 13:46
bunkasabaさん
埼玉県て、市の数が多いらしいですよ。
初めて聞いた市の名前があって、ほ~同じ埼玉なんだ~と思うこともあります。埼玉で住んでみたいところは、K市の他でいうと、秩父あたりかな~。自然がたくさんあるし・・・でも浦和あたりも好きです。坂が多くて自転車乗るのは大変そうですが。。
Commented by umih1 at 2009-05-01 13:53
chirumeguさん
「うっ」ときたときは、自分でもびっくりしてしまいました。
K市には何度も来ているのに、自分の思い出の場所を訪れるのは20年ぶりでしたから。。。
変わってしまう場所もたくさんあったけれど、古くからやっているらしい家具屋さんもあって、「あ~・・・おじさんは、毎日家具の埃を払って、それを何十年も繰り返して・・・でもいろんな事もあったんだろうな~」
なんて、ひとりでジーンとして歩いてました。
いい時間を過ごしました^^
Commented by umih1 at 2009-05-01 14:03
kisaragiさん
4年間、K市に住んでいたんですか!しかもかなり近いですよね。。
私が住んでいたのは、あの公園の近くですが、駅前通りからまっすぐの通りに面している方でした。その通りは、マンションが建ち並んでいます。
人口が増えたのかな~・・・昔は普通のアパートが多かったんですけどね。
私が18歳のころというと正確には22年前なので、如月さんとすれ違ってたかどうかはわかりませんが、あの公園で娘さんを連れて遊ばせていたんですね・・私はよく、ハトに餌をあげてました。ぼーっとハトを見つめていた、不思議系(というよりも危ない?)の女の子でした。
始めての子育ての時期にいた場所って、思い出すと特別の感情がわきますよね。如月さんの思い出の場所・・・少しでもその場所への想いがクロスする人って、なんだか他人とは思えません(笑)。
Commented by umih1 at 2009-05-01 14:09
おやスケさん
そうそう、昔の自分が一瞬でてきたというか・・・その場所に自分を見たというか。人間の感情って、脳内でパチパチしたものが胸のあたりと鼻と目のあたりに行って、「うっ」となるんでしょうか。後になって、おもしろいなと思い、なぜかクスクス笑ってしまいました。相変わらず変人ですね。
伊勢屋は、あらゆる街にあるようですね(笑)。わたしは販売担当でした。
桃の節句には桜餅が、端午の節句には柏餅が、文字通り「飛ぶように」売れました。出来上がった量を見て、こんなに食べる人がいるんだろうかと首をひねりましたが、あっというまに売れるものですね。
この世には人間がたくさんいるんだなーと感心した18歳でした(笑)。
by umih1 | 2009-04-28 18:43 | 思う事 | Comments(8)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31