ブログトップ

わたしのソファー

今日は最終日



楽しいお正月休みも今日で終わりだ。
今日は娘を駅まで送った後、喫茶店に寄り道。
無性に美味しい珈琲を飲みたくなったのだ。

バッグに入った文庫本を読み終わるまで、結局4時間居座った。

その店は、入口を通り抜けると左側の天井が吹き抜けになっていて明るく、
右半分には円形の暖炉があり、その周りをぐるりとテーブルでかこんである。
左半分は中2階のようになっていて、4人掛けのテーブルが並んでいる。

わたしは暖炉前に席をとり、本の世界にのめりこんだ。
時には炎を見つめ珈琲を飲み、しばし目を休めた。

目の端に暖炉前に座る人々をとらえてみると、
一人でくるのはほとんど中年以降の男性で、
新聞を広げたり、流れてくる音楽に聴き入ったりと、自分の時間を楽しんでいる。
その様子もわたしをリラックスさせてくれた。


読んでいた梨木さんの本は、510ページある。
けっこう分厚い。
昨日から読み始めたが、50ページくらいまで読んで寝てしまった。
喫茶店でこんなに集中して読めるのは、自分が図々しいからか、面白いからか。

この「沼地のある森を抜けて」の話の展開には度肝を抜かれたが、
ありえなくはない、これも一つの真実だ、と納得した。
納得する、という事は、自分にとって「え?」という事が「なるほど」と思うようになることであり、梨木さん独特の、「命」の語り方にはいつもこの、納得した感がするのだ。


印象に残ったところを一部、自分のために書き出しておこう。


「・・・ざっくばらんでわかりやすく、言葉を曖昧なものとしてでなく、
きちんと記号として使いこなす、コミュニケーションのとりやすさがあった。」
(214頁より参照)

ときに曖昧な言葉は曖昧な記号としてコミュニケーションできるとは思うが、
自分の話し方に対しては、これでは小学生と同じだと思う事もあるので、
この部分は強く印象に残った。


「目先の利益のために数千年、いやそれ以上続いた森が伐採され、
沼までが涸れてゆく。
問題は単に森の伐採を止めればいいということではなく、
人の心の変化と、その欲望を可能にしてゆく世の中の変わりようです。
開化と呼ぼうが、進歩と呼ぼうが、この流れは止めようがありますまい。」
(437頁より参照)

止めようのない流れに対して、個人の想いは無なのかしら。
でも連綿と続く命の連鎖、古代から続く営みは、
この流れの中にしっかりと根を張っている。
最後の場面はあまりにも超感覚的で、
一瞬自分がこの人そのものになってしまったようだった。
視覚化したくて、その場面を帰宅してもう一度読んだ。
視覚化したい、という思いで読むと、映像になる。
おもしろい。
[PR]
Commented by おやスケ at 2009-01-04 21:33 x
なかなか素敵な最終日の過ごし方ですね~。暖炉は大好きです。
作家さんて、読み人、一人一人の中の、何らかのプレイヤーみたいなものを活動させる力がありますよね。梨木さんの本、読んでみたくなりました。
「超感覚的」・・・ってなんだろう??気になりますね~。
Commented by kisaragi87 at 2009-01-05 17:00
今日から初出勤だったのですね、
あっという間のお正月休みだったのでしょうが、
うみちゃんらしい過し方ができたみたいでよかったです^^
最近はゆっくりできる感じのいい喫茶店が増えたように思います。
暖炉の前で4時間、いいなあ。
これだけ味わって、反すうして読んでくれれば、著者も嬉しいでしょうね、
ひとつひとつから汲み取って、自分のものにできるって素敵だな。
私は今、阿刀田高の文庫本を読んでいます^^
Commented by umih1 at 2009-01-06 00:01
おやすけさん
暖炉の前でゆっくり、家の中よりくつろげました。
梨木さんは、父性とは違う意味の父権主義の批判をします。
でもフェミニストとは違うんです。極端ではなく、でもそれは人によってはキツイな~と感じる場合もあるかもしれません。
小説もエッセイも好きです。

Commented by umih1 at 2009-01-06 00:10
kisaragiさん
初出勤でしたが、初日から遅くなってしまい、食後は爆睡してしまいました~。
仕事となるとすぐ力んでしまうので、うまく自分をコントロールしなくちゃな・・・と今日はしみじみ思いました。あっという間のお正月休みでした・・・
炎を見るって、心が穏やかになりますね~。
見ている間は、なーんにも考えないんですよ。だからいいんでしょうね。
その喫茶店は天井がとっても高くて、開放感もあります。
また日曜日に行ってしまいそうです^^
阿刀田高さんをお読みなんですね。「高」って「たかし」って読むんですよね。私はこの人の本は読んだことないんですよ~。。
by umih1 | 2009-01-04 16:38 | | Comments(4)
Days of Wine & Dogs
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31